2018年4月4日に京都府舞鶴市で開催された大相撲の巡業。

土俵上で挨拶中に市長が急に倒れてしまいました。

 

その際に救命しようとした一般の女性方が土俵に上がり看病をしているところ、「女性の方は土俵から降りてください。女性の方は土俵から降りてください。男性が上がってください」とアナウンスがありました。

 

市長は危ない状況だったのと、女性には看護の資格があったということで明らかに不適切なアナウンスだったと話題になっています。

なぜこのようなアナウンスがあったのか、大相撲の挨拶中に倒れた市長を助けた女性に「土俵から降りて」の声の真相を見て行きましょう。



大相撲の挨拶中に倒れた市長を助けた女性に「土俵から降りて」の声!

京都府舞鶴市にて開催された大相撲の巡業。

急に倒れてしまった市長を助けようと土俵に上がった一般女性ですが、普通ならここはその功績を認めて拍手が起こるところですよね。

 

しかし、実際のところ、「女性の方は土俵から降りてください。女性の方は土俵から降りてください。男性が上がってください」とアナウンスされ、差別的な扱いを受けてしまいました。

 

市長はくも膜下出血が原因で倒れたとのこと。

早期の看病がなければ危ない状況でした。

 

その後市長は病院に運ばれ手術を受けて命に別状はないとのことでした。

「土俵から降りて」の声!真相は?

スポンサードリンク




なぜ看病にはいった女性に「土俵を降りろ」とアナウンスされたのでしょうか?

不自然ですよね!

 

しかも、女性が土俵を降りた後はありえないほどの塩がまかれていたのとこのことです。

その理由として言われているのは

 

「土俵は女人禁制の場所だから」

「女性が上がった汚れを消すために塩を大量に放った」

 

と言われています。

 

しかし!

真相として言われているのが

 

「一般女性が土俵に上がるのは危険」

「病気を持ち込まないために塩をまいた」

 

との事です!

こちらなら差別的な意味合いはなくなりますね!

 

しかし、アナウンスとの際に「男性が上がってください」とアナウンスしています・・・。

これは「土俵は女人禁制の場所だから」「女性が上がった汚れを消すために塩を大量に放った」という意味の方が近い気がしますね。

 

いろんな不祥事が起きている相撲界なので、何が正しいのか見極めがむつかしいところです。

みんなの反応一覧!


スポンサードリンク