コンビニエンスストアの「セブン-イレブン」で、何やら今話題になっているものがあります。

それは、セブン&アイ・ホールディングスと花王が販売した“男性用スキンケア商品”です。

 

ただの化粧品ではなく、その男性用スキンケア商品に表記されているのが、英語ではなくローマ字

しかも、それを読んでみるとスラスラ読める…ちょっと待って、コレ関西弁!?と話題になっています。

 

そこで今回は、セブンイレブンの化粧品がなぜ関西弁なのか?まとめてみました。

セブンの化粧品が関西弁?

セブン 化粧品 英語 見える 関西弁 なぜ その 真相 迫る

このセブンの化粧品シリーズは、忙しい男性向けに開発したスキンケア商品として、2019年6月19日に発売を開始しています。

パッと見た目がまず目を惹く、清涼感のあるライトグリーンになっています!

 

また、統一されたパッケージに、「SMART」と大きな文字があってとても目立ちます!

そこに書かれているのはオシャレな英語?かと思いきや、なんとローマ字で書かれた関西弁だったのです!

関西弁表記の化粧品一覧

セブン 化粧品 英語 見える 関西弁 なぜ その 真相 迫る

セブンならびに一部のイトーヨーカドーで販売しているのは、

【関西弁表記の化粧品】
ジェル洗顔料「しっとり」(税込486円)

ジェル洗顔料「すっきり」(税込486円)

ミスト化粧水「ソープ」(税込648円)

ミスト化粧水「シトラス」(税込648円)

洗顔シート(税込302円)

の5つの商品です。

「忙しい男の速攻スキンケア」ということで、ライムグリーンのパッケージがとても印象的です。

 

全ての商品の表記が同じかと思ったら、化粧水・洗顔料・洗顔シートで書いてあることが微妙に違うことが判明しました!

化粧水シートの表記

あれ!よう見つけたな。これ、日本語やねん。毎日忙しいMen’s(メンズ)にrelax(リラックス)とrefresh(リフレッシュ)を届けるSmart skin care(スマートスキンケア) やで。

洗顔シートの表記

「Are! Yo mitsuketana.Sura Sura yomeru yaro.Kore nihongoyanen. Mainichi isogashii Men’s ni relax no jikan to refresh no kibun wo todokeru Smart skin care yade.Tamaniha iyana kotomo aruyan.Dekaketaku nai himo aruyan.Sonna tokimo ganbatteru anta ga sukiyade.Seyakedo, muri sen kotomo daijiya.Yasundemo eenen.Nigetemo eenen.Chanto gohan tabete kao aratte soredakede rippana kotoya.Nanka okan mitaini natte moutakedo iitaikoto ha koredake.Ganbarandemo,eenyade.」

 

(あれ! ようみつけたな。すらすらよめるやろ。これにほんごやねん。まいにちいそがしいMen’sにrelaxのじかんとrefreshのきぶんをとどけるSmart skin careやで。たまにはいやなこともあるやん。でかけたくないひもあるやん。そんなときもがんばってるあんたがすきやで。せやけど、むりせんこともだいじや。やるんでもええねん。にげてもええねん。ちゃんとごはんたべてかおあらってそれだけでりっぱなことや。なんかおかんみたいになってもうたけどいいたいことはこれだけ。がんばらんでも、ええんやで。)

洗顔料の表記

 「Are! Yo mitsuketana.Sura Sura yomeru yaro.Kore nihongoyanen. Mainichi isogashii Men’s ni relax no jikan to refresh no kibun wo todokeru Smart skin care yade.Tamaniha iyana kotomo aruyan.Dekaketaku nai himo aruyan.Sonna tokimo ganbatteru anta ga sukiyade.Seyakedo, muri sen kotomo daijiya.Yasundemo eenen.Nigetemo eenen.Chanto gohan tabete kao aratte soredakede rippana kotoya.Nanka okan mitaini natte moutakedo iitaikoto ha koredake.Ganbarandemo,eenyade.Itsudemo anta wo mimamoru sonzai de itainya.Hona yoroshiku tanomuwa.」

(あれ! ようみつけたな。すらすらよめるやろ。これにほんごやねん。まいにちいそがしいMen’sにrelaxのじかんとrefreshのきぶんをとどけるSmart skin careやで。たまにはいやなこともあるやん。でかけたくないひもあるやん。そんなときもがんばってるあんたがすきやで。せやけど、むりせんこともだいじや。やるんでもええねん。にげてもええねん。ちゃんとごはんたべてかおあらってそれだけでりっぱなことや。なんかおかんみたいになってもうたけどいいたいことはこれだけ。がんばらんでも、ええんやで。いつでもあんたをみまもるそんざいでいたいんや。ほなよろしくたのむわ)

 

上記のように、本当によく見ると関西弁…(笑)

洗顔料のパッケージの方には、忙しい人を労わる心温まる文章がぎっしり書いてありました。

 

どうしてこうなったのか…? 開発の花王に話を聞きました。

どうして関西弁になったのか?

セブン 化粧品 英語 見える 関西弁 なぜ その 真相 迫る

このシリーズは、2019年6月19日に発売を開始しています。

同社のニュースリリースによると、セブン & アイ・ホールディングスと花王が、忙しい男性向けに開発したスキンケア商品です。

 

それにしても、どうしてこんな文章を記すことになったのかを、花王の広報担当者に話を聞くと、「効率スキンケア」をコンセプトにした商品ですが、忙しい男性の皆さんに“心のゆとり” を持って頂きたいとコメントしました。

 

また、「開発段階では永遠に気づかれないかもしれない」と思っていたことを明かしましたが、「注目していただいて担当者一同素直に喜んでおります」と嬉しいコメントをしています。

 

さらに、メッセージの内容も、まるで田舎のお母さんから言葉をかけてもらっているようなものを採用していることで、肌のうるおいだけでなく、心のケアも一緒にするのが狙いです!

かなりいいことが書いてある!

よく見てみると、とてもいいことが書いてあるのでご紹介します!

  • ちゃんとご飯食べて 顔洗って それだけで立派なことや。
  • にげてもええねん。
  • がんばってるあんたがすきやで。
  • 頑張らんでも、ええんやで
  • むりせんこともだいじや。
  • いつでもあんたをみまもるそんざいでいたいんや。

まるでおかん…確かにそんな感じがします(笑)

せも、ちょっと心が弱っている時に読んだら、じんわり泣いてしまいそうな…そんなメッセージがあります。

 

また、関西弁ってのが良いですね!

関西弁になっているおかげだからか、標準語よりも親しみやすい感じです(*^-^*)

 

なにより心に響きます。

カバンの中や洗面所から、こんなささやかなエールを送れたら、頑張れますね!

Twitterの反応!

セブン 化粧品 英語 見える 関西弁 なぜ その 真相 迫る

「始めて男性化粧品を買った」、「意外と感動する」など、話題を集めています。

セブンの化粧品が英語に見える関西弁!?なぜ?その真相に迫る!まとめ

セブン 化粧品 英語 見える 関西弁 なぜ その 真相 迫る

細かくアルファベット表記があるとなかなか読まなかったり、読むのが難しいですが、読み解けた時にスッとなるのが奇抜なアイディアではありますが、新しい感覚にしてくれます♪

 

今日、セブンで商品を見つけた時は、ぜひ手にとって、その言葉を読んでみて欲しいです。

心からホッコリして知らずうちに微笑んでいるかもしれませんね(笑)