だんだん熱くなり、もうすぐ夏も本番ですね!

川や海、何かとお弁当を持ってお出かけをするのも増える時季ですね。

 

ですが、この夏場の時季のお弁当は、おかずが傷みやすくて食中毒なんかも心配ですよね…。

どんな食材がNGなのか、どの食材はOKなのか、ここにまとめてみたいと思います!

 

この記事で、夏場のお弁当にどんな食材を入れたら良いのか、分かります!

夏のお弁当に入れてはいけない食材とは?

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

梅雨時から夏にかけては食中毒が最も発生する時期で、毎日のお弁当作りも心配ですよね。

調理してからすぐに食べるならいいのですが、お弁当はそうはいかず、どうしても食中毒のリスクが高くなってしまいます。

 

ここからは夏のお弁当に「入れてはいけない食材」を紹介するので、参考にしてください。

夏のお弁当に入れてはいけない食材その1【生野菜】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

お弁当の彩りや隙間を埋めるのにとても便利な生野菜ですが、生野菜に豊富に含まれている水分が時間の経過とともに出てきてしまい、雑菌が繁殖しやすく食材を傷みやすくし食中毒になりやすい食材です。

 

なので、水分を多く含む生野菜)レタス、キャベツ、トマトなど)は夏のお弁当では生野菜は基本的にNGです!

また、生野菜を使った料理として、

【生野菜を使った料理】
  • サンドイッチ
  • ハンバーカー
  • サラダ
  • 漬物
  • 浅漬け
  • たくあん

なども水分が多いので注意してください。

 

 

ただし、ミニトマトはヘタを取ってしっかりと洗ってキッチンペーパーなどで十分に水気を落とせば入れても大丈夫です。

また、その際は水分が出ないように「爪楊枝やピック」等で食材を突き刺さないようにしましょう。

夏のお弁当に入れてはいけない食材その2【卵】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

お弁当の定番の卵料理ですが、夏のお弁当には適していません。

 

卵は栄養価が高く、老若男女が大好きな食材でいれたいのですが、近年、卵が原因のサルモネラ属菌による食中毒が増加傾向にあり、注意は必要となっています。

 

その原因は生卵や卵の加熱不足によって起きます。

なので、お弁当では卵の取り扱いには注意して、火が完全に通ってない状態のものや、半熟の卵を入れるのはNGです!

夏のお弁当に入れてはいけない食材その3【混ぜご飯・チャーハン】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

お弁当に入れがちな、混ぜご飯やチャーハンなども傷みやすいです。

肉や野菜などの具材が入っていて、調味料で味付けをしたご飯は腐りやすくなっています。

 

特にその具材の中に卵を使っていると、食中毒になる可能性がぐんと高くなるので、夏のお弁当に入れるのは避けましょう。

ちなみに、ご飯だけではなくパスタや冷やし中華、うどん、そうめん、焼きそば等の麺類も同じです。

 

何かを具として混ぜ込むのは基本的にはNGです。

麺類をお弁当にする場合は、具と麺とスープを分けて、食べる直前に混ぜて食べるようにしましょう。

 

チャーハン、混ぜご飯以外のNGご飯としては、

【NGご飯メニュー例】
  • 炊き込みご飯
  • あんかけご飯
  • そぼろご飯
  • ひじきご飯
  • いなり寿司
  • ちらし寿司
  • 牛丼
  • カツ丼
  • 親子丼
  • オムライス
  • カレー
  • ドライカレー

これらは避けるべき料理です。

ご飯に混ぜても良い物は?

夏のお弁当として、ご飯に混ぜてもOKなのは、常温保存できる乾物系だけです。

【ご飯に混ぜても良い物】
  • 海苔
  • 青のり
  • ゆかり
  • ふりかけ
  • ごま

これらは混ぜても大丈夫です。

さらに、より安全な方法としては、ご飯が冷めてから混ぜたり食べる直前にご飯の上にのせるのがおすすめです。

 

なので、ふりかけや海苔はお弁当に添えておいて、食べる直前にかけるのが理想です。

また、おにぎりの具の定番の鮭や明太子、たらこ、じゃこなどの要冷蔵の物は、炒めるなどして必ず火を通すようにしましょう。

夏のお弁当に入れてはいけない食材その4【煮物】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

日本人といえば、副菜としてお弁当に入れたい肉じゃがやかぼちゃの煮つけなどの煮物ですが、水分が多いので傷みやすく要注意です。

時間が経つにつれて、煮物の水分が雑菌の繁殖を招く可能性があります。

 

前日の残った煮物などは、ついついお弁当に入れたくなりますが、出来ることなら避けるようにしましょう。

 

また、どうしても煮物を入れたい場合は、濃い目の味付けにしたり、しっかり煮込んで水分を飛ばしてから入れるようにしてください。

【煮物メニュー】
  • 肉じゃが
  • 筑前煮
  • かぼちゃの煮つけ
  • ジャガイモの煮っ転がし
  • 里芋の煮っ転がし

夏のお弁当に入れてはいけない食材その5【マヨネーズを使った食材】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

お弁当の定番で子供も大好物な

【マヨネーズを使った料理】
  • ポテトサラダ
  • マカロニサラダ

など、マヨネーズで和えているおかずは、水分が多く腐りやすいメニューです。

なので、夏場にマヨネーズを使ったおかずをお弁当に入れるのはおすすめできません。

 

塩や酢などが含まれているマヨネーズには殺菌作用がありますが、他の食材と混ぜることで、水分が出て菌が繁殖しやすくなります。

また、揚げ物用のタルタルソースもマヨネーズを使用しているので危険です。

 

ドレッシングやケチャップなどは使わないようにするか、別にしておいて食べる直前にかけるようにしましょう。

夏のお弁当に入れてはいけない食材その6【果物・フルーツ】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

食後のデザートとして大人気の果物やフルーツがあると嬉しいですね。

ですが、果物は水分が出やすい食材なので、安全性の面から見ると夏のお弁当には入れないほうがいいです。

 

おかずと一緒に詰めることも多いかと思いますが、果物やフルーツから出た水分によっておかずまで傷んでしまうことがあるので、どうしてもお弁当に入れたい場合は、別の容器に入れたり、保冷剤でしっかり冷やすようにしましょう。

 

夏場は果物やフルーツにこだわらず、ゼリーやドライフルーツなどで代用するのもおすすめです!

【果物例】
  • ぶどう
  • バナナ
  • りんご
  • オレンジ
  • キウイ
  • メロン
  • サクランボ
  • みかん

夏のお弁当に入れてはいけない食材その7【練り物・加工食品・乳製品】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

練り製品や加工製品は、ポンっとお弁当の隙間にそのまま入れがちですが、実は食中毒の原因になる製品なのです。

なので、お弁当に入れる時は必ず加熱処理をしてしっかり中に火を通すようにしましょう。

 

あと、最近ではキャラ弁が増えていて、そこで大活躍しているチーズですが、乳製品なので夏場は傷みやすいです。

【練り物・加工製品・乳製品例】
  • かまぼこ
  • はんぺん
  • こんにゃく
  • ちくわ
  • チーズ
  • ツナ
  • 豆腐
  • おから
  • ハム
  • ウインナー
  • ソーセージ
  • コーン
  • ヨーグルト

ハムを花にしてみたり、たこさんウインナーにしてみたり、可愛いお弁当に映えますが、夏場のお弁当に入れる際は注意をしましょう!

 

また、ちくわにきゅうりを入れるちくきゅうも隙間おかずとして重宝しますが、危険な組み合わせなのでおすすめできません。

夏のお弁当に入れてはいけない食材その8【魚介類】

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

牛肉や豚肉と比べて、水分量が多い魚介類は傷むスピードが早いです。

マグロやサーモンなどのお刺身、生の魚介類は十分すぎるほどに火を通すことが重要です。

 

ハンバーグやサーモンなど、“ついうっかり半生”という状態がないように注意してください!

夏のお弁当のOK食材はコレ!

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

夏の弁当に入れてはいけない食材を見ていると、アレもコレもダメで「じゃあ、お弁当に何を入れたらいいの?」ってなりますよね。

傷みにくい食材として、「梅干し」、「生姜」、「酢」、「わさび」があります。

 

どの食材も抗菌作用が強いものとして有名なので、夏のお弁当のおかずとして入れるのにはぴったりです!

夏のお弁当に困った時は、これからご紹介するようなおかずを入れてみてください(^^)v

夏のお弁当のOK食材その1 きんぴら

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

きんぴらは汁気も少なく、味付けも濃くてしっかりしているので、夏のお弁当のおかずにぴったりです。

 

きんぴらゴボウやニンジンのきんぴら、ピーマンのきんぴらなど、いろんなアレンジができるので、見た目に飽きることなくきんぴらを食べられます!

夏のお弁当のOK食材その2 唐揚げ

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

唐揚げはお弁当の定番のおかずですが、揚げることで中までしっかりと火が入るので、傷みにくいおかずとしても定番です。

唐揚げのほかにも、エビフライや天ぷら、豚カツなどもしっかり火を通すことでOK食材になります。

 

ただし、揚げ物でも“コロッケ”だけは中身がじゃがいもなのでNG食材なるので、コロッケだけは注意してください。

また、豚カツに付けるソースですが、最初から付けておくのではなく、食べる直前に付けるように個別にしておきましょう。

夏のお弁当のOK食材その3 ピクルス

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

お弁当にはNGとされそうな生野菜でも、お酢につけることでピクルスやマリネにすればOK食材になります。

殺菌効果があるお酢は、万能です!

 

味もさっぱりするので、食欲が落ちがちな夏場にもおすすめです。

ただし、お弁当に入れる際は他のおかずと一緒に入れるのではなく、別で小分けにするようにしましょう。

夏のお弁当のOK食材その4 わさび入り卵焼き

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

卵はお弁当の定番おかずですが、前述でNG食材でご紹介しました。

ですが、しっかりと中まで火を通すことでOK食になります。

 

さらに、味付けとしてわさびをちょっと入れることで、抗菌作用もあるのでおすすめです。

夏のお弁当のOK食材その5 生姜焼き

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

生姜焼きの生姜は、その辛味成分に酸化防止効果があります。

また、油の酸化を防いでくれます!

 

しっかりと味付けをして、冷めても美味しい生姜焼きは夏のお弁当におすすめです。

生姜はポカポカするイメージで冬場に多く出ていますが、夏場でもどんどん使いましょう!

夏のお弁当のOK食材その6 肉のシソ巻き

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

食中毒を予防する効果がシソで、豚肉やササミを巻くだけのおかずです。

 

シソの独特な風味や香り成分には強い抗菌作用や防腐効果が含まれていて、市販のお弁当のおかずにシソの葉が添えられているのは、見た目をキレイにするだけでなく抗菌作用を狙って添えられているのです。

 

味付けは、醤油やみりん、砂糖でしっかり味付けをするのがポイントです。

さらに、梅干しを加えるのもおすすめです!

夏のお弁当のNG食材とは?入れてもいいOK食材とは?のまとめ

夏 お弁当 NG食材 とは 入れても いい OK食材 とは

いかがでしたでしょうか?

【夏のお弁当のNG食材とは?入れてもいいOK食材とは?】ということで、まとめてみました。

 

夏のお弁当は、急に気温があがってどうしても傷みやすくなってしまいます。

少しの工夫で入れれるおかずもたくさんあるので、食中毒防止対策をしっかり行いましょう。

 

知らずに入れてないけないNG食材を入れてしまうと、大変なことになってしまうかもしれないので、しっかり覚えておいて対策をしましょう!

 

また、入れる食材はもちろん、外に持ち歩く時には保冷バッグに入れたり、保冷剤を使ったりして、できるだけ温度の上昇をさせないように気をつけるとなおいいですね!

 

夏場でも、安心して食べられる美味しいお弁当を作りましょう。