タレントの堀ちえみさん(52歳)が、19日、自身のブログで口腔がんであることを発表し、治療に専念することを明かしました。

ステージ4であるということまで発表し、かなりの激震が走りましたね!

 

ガンは身体の色々な場所にできますが、口腔がんとは一体どんながんなのでしょうか?

今回は、堀ちえみさんが発表した口腔がんとは一体どんながんなのか?ステージ4というのはどの程度なのかについても詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク



堀ちえみプロフィール

堀ちえみ 口腔がん 発表 ステージ4 手遅れ

名前:堀ちえみ

本名;尼子 智栄美(あまこ ちえみ)旧姓、堀。

出身地:大阪府堺市東区

所属:ホリプロ(アイドル時代)を経て、現在は松竹芸能に所属。

血液型:B型

 

2度の離婚を経験しており、現在は一般男性と結婚されています。

実子は5人いて、現在の夫の連れ子2人の計7人の子どもが居るという、大変子だくさんな母親であるということでも有名ですよね!

口腔がんとは?

堀ちえみ 口腔がん 発表 ステージ4 手遅れ

口腔がんとは口の中に出来るがんのことです。

口の中にできることから、自分自身でも目視できるという特徴があります。

 

口腔がんの発生率は、体にできるがんのうち1%~3%と少ないようですが、以前に比べると男女ともに増加しているそうです。

初期のがんでは痛みや出血などはなく、硬いしこりが触れるのみの場合が多いため、自覚症状も少なく、早期発見が遅れてしまうことも多いと言われています。

 

口腔がんは口の中に出来るがんと言うことで、頬の粘膜や歯肉、口底、口蓋などにも発症しますが、約半数は舌にできる「舌がん」です。

堀ちえみさんは診断の結果を舌がんと報告しています。

口腔がんの原因は?

堀ちえみ 口腔がん 発表 ステージ4 手遅れ

口腔がんの中でも、堀ちえみさんが発表した舌がんは、歯に舌が当たることで慢性的な刺激になってガンになると考えられています。

歯が欠けるなどして慢性的に舌にあたっていたり、口腔内が不衛生だったり虫歯を放置したりしているとなる可能性が高くなると考えられています。

 

また、初期の舌がんは口内炎に似ているため、なかなか気づかなかったり見極めが難しいことも多いようです。

なかなか治らない口内炎、一週間たっても治らないような場合には、かかりつけの病院を早めに受診するようにしましょう。

 

舌がんは進行すると表面が潰瘍になり、痛みや出血や口臭と言ったような症状も現れます。

進行すると首のリンパ節に転移することも多く、腫れ上がってくることもあります。

 

堀ちえみさんの場合も最初は舌の裏の小さな口内炎から始まったそうです。

口内炎はひどくなる一方でしこりも増え続け、激痛で食べ物を食べるのも話すのも困難になっていったのだとか。

スポンサードリンク



ステージ4は手遅れ?

堀ちえみ 口腔がん 発表 ステージ4 手遅れ

がんには4段階のステージがあります。

ステージ4というのは一番進んだ段階であり、ステージ4と聞いて驚いた方も多いのではないでしょうか?

 

ステージ4はリンパ節や離れた臓器への転移(遠隔転移)を基準とするものが多く、早期がんを超えて広がったがんのことです。

堀ちえみさんは、すでに左首のリンパにも転移しているとのこと。

 

そんなに進んでいるのであればもう手遅れなのでは?と思うかもしれませんが、現代の医学ではステージ4だからと言って手遅れになるというわけではないようです。

ステージ4の口腔がんの5年生存率は45%で、手術の成功によってはステージが下がって生存率が高まることもあるそうです。

 

ステージ4でも、完治は難しくても、がんを小さくしたり症状を抑えながら生きていくことは可能となっています。

堀ちえみが口腔がんを発表!ステージ4は手遅れ?まとめ

堀ちえみ 口腔がん 発表 ステージ4 手遅れ

堀ちえみさんが口腔がんを発表したことは世間を騒がせていますね。

ステージ4を宣告されたことで、かなり厳しい状況であり、治療しない選択も考えたということでしたが、子供たちのことを考え、闘病を決意し、「生きる」と決断したとのことです。

 

もうかなり大きいと言っても、7人の子供を持つお母さんです。

闘病は大変だと思いますが、子どもたちのことも考えて、病状が少しでも良くなることを祈っています!

スポンサードリンク