さて2018年も残すところあと少しですね!

毎年話題に上がるレコード大賞!

あれだけ話題になったDA PUMPの「U.S.A.」!

絶対、日本レコード大賞とるでしょっ!!!って予想でも言われていました。

しかし、今回の日本レコード大賞は乃木坂46のシンクロニシティでした!

 

なんでだーーー!って声も多かったですが彼らがなぜレコード大賞にノミネートされたなかったのか。

今回はそこに話を絞って書いて行きたいと思います!

スポンサードリンク



DA PUMPの「U.S.A.」とは??


とても楽しそうな写真ですねw
ISSAさんやDA PUMPのみなさんの満面の笑顔が印象的です!

 

U. S. A. 」は、イタリア人歌手ジョー・イエローのシングルでDA PUMPがカバーをしました!

最初に見たときの第一印象は、“ダサかっこいい”「まじかよISSA」!?と誰もが思ったのではないでしょうか(笑)

 

「計算され尽くされたダサさ! それがいい!」と話題に!

 

DA PUMPの3年半ぶりとなるニューシングル!「何事!?」「中毒性が高すぎる!」

MVはYouTubeで公開されてから10日で200万回再生を達成(笑)

“スーパーダサかっこいいMV”として激ハマりするユーザーが続出しているそうです(笑)

AKBのフォーチュンクッキーや星野源の恋のように真似して踊る人が多く話題となりました!

 

多数の芸能人もだだハマりをされていました。

 

これまでDA PUMPはかっこいいイメージが多かったですし、

ライブでもみんなが踊れるような振り付けは今までなかったそう。

 

せっかくだしみんなが踊れる振り付けにしたら?という考えが見事に的中!その動画がこちらです。


スポンサードリンク



レコード大賞 2018! usaがノミネートされなかった理由とは?

今年は話題性からいって、DA PUMPの『U.S.A.』が日本レコード大賞でしょう!

誰もが思っていたし、長年がんばってきた彼らにとって欲しいというファンの思いも相当強いものです。

 

しかし、ノミネートされたのは特別賞と優秀作品賞

日本レコード大賞には選ばれずでした。

 

実は“外国曲のカバーソングはNG”というルールがレコ大にはあるのです!!

かつて同じ理由でノミネートされなかった西城秀樹さんの『YOUNG MAN』。

ですので彼らも音楽関係者もとって欲しいけど取れないのは分かっていました。

 

レコ大ではスペシャルバンドの生演奏にのせて、7人で魂の「U.S.A.」をパフォーマンス!

間奏部分では西城秀樹さんのヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」の振り付けを取り入れるなどして、

7人の想いがのったステージを届け、安住紳一郎アナをはじめ、会場にはもらい泣きする観客が続出!

 

そりゃもう泣きますよね。。。

心からみんなが応援した瞬間。そしてもどかしく思った瞬間だったと思います!

 

そのルールは分からなくもないですが、話題に上がっただけに正当な理由で受賞されないと

視聴者が冷めてしまいますよ。と私は思いますがね;

スポンサードリンク