原作がマンガということもり、多きな話題となった陸王。

足袋屋がマラソンシューズを作るという内容ですが、社員一人一人の熱い想いや、社長のひたむきな姿勢がとにかく素晴らしいドラマです!

 

今回は、そんな『陸王』動画1話から最終回(10話)の見逃し配信を今すぐ視聴する方法について紹介したいと思います!

『陸王』動画1話から最終回(10話)の見逃し配信を今すぐ視聴する!

竹内涼真さん(@takeuchi_ryoma)がシェアした投稿

最近無料動画共有サイトではウィルスが原因で、個人情報が流出させられてしまったり、スマホやパソコンなどの端末の故障してしまったりという事象が多発しています。

 

また、そのような「著作権を無視」している動画は見ただけでも違法視聴となり、最悪場合2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科せられてしまいます!

 

そこで安全に動画を見るために私も利用しているサービスが 「U-NEXT」!!

公式な動画配信サービスとなっており、安全に高画質な動画を楽しむことができるサービスとなっています!!

 

「U-NEXT」では、現在31日間の無料トライアルを実施しています!

U-NEXTの登録方法や解約方法、メリットやデメリットについて詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください!

U-NEXTの登録から解除までの方法解説!メリットやデメリットも併せて紹介!

 

U-NEXTで配信されている人気作品としては

『コウノドリ』

『愛したって、秘密はある』

『君の名は。』

『地味にスゴイ!校閲がール』

『シン・ゴジラ』

『過保護のカホコ』

『ウォーキング・デッド』

『あゝ、荒野 完全版』

等々です!

 

まずは無料から試してみてはいかがでしょうか!

登録はこちらからどうぞ♪

U-NEXTの公式ページはこちら!

『陸王』の1話から最終回(10話)のあらすじや感想!

出展:https://www.youtube.com/watch?v=eb22lh0zz-A

陸王のあらすじから感想を1話から順番に最終回まで紹介していきます!

1話のあらすじ&感想!

あらすじ

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。 そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。
突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢だったが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発だった。
早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンだ。宮沢は息子の大地(山﨑賢人)とともに豊橋へ向かった。

感想

現代の会社は人間味も失われつつあり、「効率!」「売上!」などなどを謡いひたすら感情なく働いている会社も多いですよね。

そんな中、陸王の会社はひとりひとりを家族として、大切にしています!

 

その社長の心意気に感動しました!

私もこんな熱い会社なら頑張って毎日残業とかしたくなりますね!

 

社長の為に、みんなのために、理念の為に頑張れるって素晴らしいですよね♪

最強の足袋シューズが作れるのが楽しみです!

陸王1話の見どころを紹介!

 

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王のみどころ言えば「会社愛」と「信念」ですね!

 

家族のように愛する社員はリストラすることができないし、100年続く会社の信念をまげることもできない!

 

そんな究極な状態で社長がどういったはんだんを行っていくのかが楽しみですね。

 

どちらも大切にするのはいばらの道ですが、それを選ぶ社長ととことんついていく社員の愛が素晴らしいです!

もう感動で泣いちゃいました( ;∀;)

 

現代の会社と比べて、ああいったあいのある会社につけたなら幸せなんだろうなぁと思ってしまいますよね~♪

陸王1話のネット上の反応!

2話のあらすじ&感想!

あらすじ

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューズで求められる耐久性は望めなかった。
そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。

感想

シューズの形が完成したからあとは走ってもらうだけ・・・と思いましたが、まだまだここから調整していくのですね~!

ソールの耐久力とか、作っていろんなことが考えられて作られているんですね♪

 

たしかに、長時間はしるランナーにとってすぐに靴の裏がペラペラになっちゃったら走れませんよね!

ソールひとつにしてもいろんな素材があることが分かりました♪

 

特殊素材「シルクレイ」の特許を持っている飯山がめっちゃ怪しいけど、大丈夫なのでしょうか(笑)

社長がいい人過ぎるだけに今後いろんな人にだまされないか、本当に心配です!

 

見ていて本当に応援したくあんる社長さんですよね~!

素敵です!

 

陸王2話の見どころを紹介!

 

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王2話のみどころ言えば「シューズをどう改良していくか」ですよね!

 

「陸王」という名前のシューズは完成しましたが、まだまだ改良点はいくつかあるようですね!

まずは「ソール」ということで、今回はソールにおいて重要な鍵をにぎる男に突撃していきます!

 

はじめは乗り気じゃなかったけど、社長が熱つぎてだんだん心が傾いてきます♪

あそこまで熱い社長だからこそ助けたいと思うし、社員もついていきたいと思うんだと思います!

 

いつの時代でも情熱的な会社を運営する社長さんがいる会社は素晴らしいですよね♪

陸王2話のネット上の反応!

3話のあらすじ&感想!

あらすじ

宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。飯山(寺尾聰)は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていた。しかし富島(志賀廣太郎)は、一度は会社をつぶした飯山という人間が果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていた。
一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れた。その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈して…。

感想

茂木がついに陸王を履いてそのすばらしさを実感して嬉しい限りですね!

しかし、まだ改良の余地があるソールがはやり不安ようそうに・・・。

 

こはぜ屋もシルクレイの特許を手に入れたので早めに開発して茂木を安心させてほしいところ!

しかし、一度会社を潰している人はなかなか信用できないようですよね・・・。

 

なにか原因があったわけですし、今回も同じ失敗をしてしまわないか心配ですよね・・・。

そんなこと言ってられない状況なので前進あるのみですけどね!

 

社長もどんどん進んでいくしかない思考になっているので、どこかで大きな落とし穴にはまってしまわないか心配です!

ソールが完成したら次はどこを改良していくのか、楽しみです!

陸王3話の見どころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王3話のみどころ言えば「壁を一つ越えたところ」ですかね!

 

「陸王」というシューズが完成しても、なかなか茂木に履いてもらえませんでしたが、ついに履いてもらうことに成功します!

しかも、シルクレイの特許もゲットできたということで、大きな進歩できたことになりますね!

 

まだま課題はありますが、ようやくスタートラインに立てたということで今後が非常にたのしみです♪

ソールの耐久性が問題になっていますが、つぎの改良ですぐに解決できそうですし、はやく完成させて走ってみて欲しいですね!

 

心から応援したくなるドラマ素敵ですね♪

陸王3話のネット上の反応!

4話のあらすじ&感想!

あらすじ

紆余曲折がありながらも、ついに、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功した大地(山﨑賢人)と飯山(寺尾聰)。「陸王」完成への道はまだまだだが、大きな一歩を踏み出したことを祝し、宮沢(役所広司)は2人に加え、ほかの社員たちも居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらう。そして後日、次の段階へと移るため、宮沢は茂木(竹内涼真)の足型を取らせてもらうべく、ダイワ食品陸上競技部を訪ねるのだが…。
一方、茂木の怪我は会社にも伝わっていたところ、茂木は労務課から呼び出され担当者との面談に臨むと、陸上を引退して社業に専念してはどうかと提案される。年齢的にも方向転換するには良いタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていけるとアドバイスされる茂木。その言葉に茂木は……。

感想

ついにシルクレイが完成となりましたね~!

そこまでいくのに大地も本気で取り組んでて感動しました!

 

はじめは否定的な大地だったけど、父親の熱に押されてだんだんと本気になってきましたよね♪

 

負け組みだったランナーと企業の反撃、スカっとしますよね!

これからどんどん追い上げ言って陸王の名を広めていって欲しいところですね。

 

爽快な4話となりました!

陸王4話の見どころを紹介!

 

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王4話のみどころ言えば「反撃の快進撃」ですよね!

 

大手メーカーに馬鹿にされてきた「こはぜ屋」と

負けランナーが”陸王”によって反撃を開始します!

 

あの上の人たちを驚かせた瞬間スカっとしましよね~♪

「待ってました~!」って感じでした♪

 

シルクレイが完成したことにより大きく前進した”陸王”ですが、今後もどんな課題がでてくるのか楽しみですね!

長く使い続ける靴なので、やっぱり耐久面は一番気を使いたいところですよね~!

 

次は靴の上側とか横側がはがれてこないか心配なところ!

今後の快進撃にも期待ですね!

陸王4話のネット上の反応!

5話のあらすじ&感想!

あらすじ

「陸王」の開発資金がかさみ、このままだと足袋の利益を侵食してしまう。「あと数か月は様子を見るが、それでも改善が見られない場合は覚悟をしていただく必要がある…」と、銀行から最後通告ともとれるような言われ方をしてしまった宮沢(役所広司)。
当面の資金繰りに頭を悩ましていた宮沢だが、ある日、大地(山﨑賢人)と茜(上白石萌音)の何気ない会話から、新製品の開発を思いつく。それは、陸王のために試行錯誤しているシルクレイのソール技術を応用した、新しい地下足袋の開発だった。
ほどなく、製品化に成功し「足軽大将」と名付けられた地下足袋は、大きな反響を得て瞬く間にヒット商品へと成長。これで資金繰りにも明るい兆しが見えたと、陸王開発を新たに心に決める宮沢だった。しかし、そんなときシルクレイの製造に暗雲が…。
一方、陸王を履き復帰へ向けて練習に励む茂木(竹内涼真)のもとにアトランティス社の佐山(小籔千豊)が訪ねてくると、また新しいRⅡを提供したいと持ちかける。一方的にスポンサードを切られアトランティスに不信感を抱く茂木は、その誘いを拒絶するのだが、佐山にあることを聞かされ……。

感想

今回大地と茜が大活躍!

また、みさきがヒロインっぽい感じになってきましたね!

 

今まで女優さんが活躍していないドラマなだけに、女優さんが気になるところ!

今後は大地とみさきの恋愛ストーリーも展開していきそうで楽しみです!

 

最後に茂木が陸王に履き替える瞬間にジュピターくるかな、と思ったらきたので嬉しかったです笑

 

銀行員との関係もやや優勢になりつつあるのもみてて爽快です!

こはぜ屋、いい感じですね!

 

U-NEXTの公式ページはここをクリック!

陸王5話の見どころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王5話のみどころ言えば「ヒロインの登場」ですよね!

 

今までヒロインらしいヒロインいませんでしたが、そこまできにならなかったですよね。

でも、今回ピンチヒッターとして登場したみさきがいい感じにヒロインになりそうです!

 

足軽大将の納期にこはぜ屋の未来が掛かっているのみさきにも頑張って欲しいところですよね!

納期が間に合って余裕が生まれてば大地との恋愛ストーリーがはじまりそうな予感です笑

 

茂木も陸王のことを愛し始めてるので嬉しいところ♪

茂木の彼女は陸王ですね!笑

 

陸王5話のネット上の反応!

6話のあらすじ&感想!

あらすじ

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。
みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?

感想

茂木が陸王を履いてエース・立原を抜くシーン、最高に感動しました!

「まってましたぁ!!」ってかんじですね笑

 

このときのために陸王をつくってきましたもんね♪

社長も大喜びでこっちもうれしくなっちゃいました♪

 

しかし、現実はきびしいもので、店頭に並んでもなかなか売れないという展開に・・・。

やっぱりブランド力って強いなって思っちゃいますよね。

 

実際、私も靴買うときメーカーを一番に気にしますし、無名なところはあんまり自慢できなかったりしますもんね・・・!

もっと茂木がメンバーに広めて、いろんな選手に使って貰うことが次の課題になってきそうですね!

陸王6話の見どころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王6話のみどころ言えば「陸王が売れ行き」です!

 

 

茂木が履いてはしったことにより、ある程度認知されはじめた陸王ですが、店舗にならんでも全く売れません!

ユーザーごとに好きなメーカーがあったり、好きな靴があったりするので、こればかりはすぐには上手くいきませんよね!

 

かなりリアルな内容となっています・・・。

陸王のドラマはノンフィクションのところも多いので、実際にそのモデルとなった企業さんにいろいろ聞いたんでしょうね!

 

次の展開としては、テレビのCMをしたり、店舗ごとにPRしてもったり、イベントを開催する等など、いろいろ考えられますが、コストもその分かかりそうですね・・・!

 

素晴らしい者を作っても、それだけでは商売なかなか難しいことがわかりますね。

今後の展開として、どう陸王を売りに出していくのかが楽しみです!

陸王6話のネット上の反応!

7話のあらすじ&感想!

あらすじ

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。 茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!
もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。宮沢が耳を疑うその提案とは……!?

感想

前回茂木が陸王を履いて見事な走りを見せてくれましたよね!

大きな感動と共に、こはぜ屋の成功は最高でした!

 

しかし、今回は急展開でまたもやどん底へ・・・。

シルクレイ製造機は無理させていただけあって煙をだして爆発!!

 

修理代には1億円かかるとのこと・・・。

しかも、陸王の取引もコストがあわないと断られ続けることに。

 

良い製品ができたとしても、それをしっかり世に広めなければいけないし、その難しさがよくわかりますね~。

また、スーツ姿で一生懸命父親のために頑張る大地が本当にステキです!

 

最後には大成功してほしいですね!

人間的にも素晴らしい社長なので、社員も力をあわせて乗り越えてほしいところ!

陸王7話の見どころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王7話のみどころ言えば「大地の可愛さ」です!

 

大地がスーツ姿で頑張っているシーンがたくさんありますが、父親のために健気に頑張っている姿がとにかくかわいい!

疲れてリビングでてねるところも小さく丸くなっててかわいいです笑

 

また、シルクレイ製造機が壊れてしまい、絶望に打ちひしがれている大地は号泣してしまうのですが、いつもより前髪がカールしていてとにかくかわいい!!

 

はじめは父親にあまり協力的ではありませんでしたが、ここにきて父親と一緒に夢をかなえようとしている大地ステキですよね♪

しかも、父親の知らないところで、努力しているのも感動しました。

 

大地のためにも陸王を世界一のシューズにしなくてはいけませんね!

陸王7話のネット上の反応!

8話のあらすじ&感想!

あらすじ

ランニングシューズ「陸王」製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは「会社を売らないか」と提案され、宮沢(役所広司)は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にする。
陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠だ。そのためには高額の資金が欠かせないが、現状はどうすることも出来ないでいた。そんなとき、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)が、近々開催される市民駅伝に参加しないかと話を持ちかけた。陸王を履いて参加することで、宣伝にもなるというのだ。その提案を聞き「そんな場合ではない」と言い放った宮沢だが、わずかでも「陸王」が人の目に触れることで、興味を持ってくれる人が居るかもしれないと思い直し、自分と江幡、そして大地(山﨑賢人)、安田(内村遥)、そしてあけみ(阿川佐和子)とチームを組み出場を決意する。果たして、大会の結果は?
一方、こはぜ屋の買収を画策する「フェリックス」の御園社長(松岡修造)はどう動くのか? その真意は!?

感想

シルクレイを手に入れて足袋にも応用した時点では陸王の開発も、資金面でも良い感じだったこはぜ屋もここにきてピンチに!

シルクレイ製造機が壊れて1億円の修理費が必要ですが、銀行の融資を受けることができない状況に・・・。

 

しかも、茂木が頑張って陸王のためにうごいているのに意地悪なアトアンティスが邪魔をして名前がのらないという・・・!

この最悪のタイミングでフェリクスがこはぜ屋を狙ってきます。

 

何もかもが上手くいかないこの状況、完全にピンチですね・・・。

 

フェリクスの話は買収したあとでも、こはぜ屋はこはぜ屋として動いていても大丈夫だし、良い条件に見えましたよね。

しかし、最後にフェリクスの社長の「ニヤリ」という怪しい笑み!!

 

絶対なにかよからぬこと考えていますよね。

このままこはぜ屋が終わってしまうのか、陸王の開発を続けて成功へみちびけるのかが楽しみです!!

U-NEXTの公式ページはここをクリック!

陸王8話の見どころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王8話のみどころ言えば「松岡修造さんの演技」ですね!

 

フェリクスの社長として登場した松岡修造さん!

まさかの登場でびっくりしました笑

 

松岡修造さんって俳優だったんですね!笑

しかも、思ったより演技が上手くて驚きました!

 

最後の不敵な笑みなんて完璧でしたね♪

こうしてみると松岡修造さんイケメンですよね~♪

 

スポーツドラマということでの出演だったと思いますが、

今後もいろんなドラマに出演していってほしいですね!

 

陸王8話のネット上の反応!

9話のあらすじ&感想!

あらすじ

「陸王」に欠かせないソールを製造するシルクレイ製造機が故障し、生産再開に必要な1億円の目途が立たず窮地に追い込まれた宮沢社長(役所広司)と「こはぜ屋」。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長(松岡修造)からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地(山﨑賢人)が心配すると、あけみ(阿川佐和子)は買収には断固反対と泣きながら訴える。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。
陸王の供給がストップしてしまった茂木(竹内涼真)は、「アトランティスのRⅡを履いてくれれば、ダイワ食品陸上部を資金面でも支援する」という小原(ピエール瀧)の言葉に、本意ではないがRⅡを履くことを決意。東日本チャンピオンズカップで好成績を出せたら、豊橋国際マラソンの出場を認めてほしいと、城戸監督(音尾琢真)へ願い出た。
様々な想いが交錯する中、御園は「自社のことを知ってほしい」と、宮沢を釣りへと誘う。焚き木の火を囲み身の上話を語り出す御園…、そんな御園に宮沢は…。
ひととき、仕事を離れて宮沢と心を通わせた御園だったが、ある日、小原から会食へと誘われる。果たして、小原の目的とは……!?

感想

こはぜ屋を買収しようか迷っていた宮沢社長。

たしかにフェリックスからは魅力的な話が来ていますが、怪しいですよね!

 

そんな中、一緒に釣りに行くことになるのですが、妻の死や大きな苦労を話されることに。

同情作戦にでたということですね!

 

条件も良くてフェッリクス社長も信用できそうですが、肝心なこはぜ屋の社員が大反対!

これも全ては宮沢社長と陸王の事を想うからこそですよね♪

 

実際にフェリックス社長はよからぬ事を考えていたわけで、社員の心配は的中でした・・・!

宮沢社長もそれを見抜き最後は買収を拒否!

 

アトランティスなどの大手からも圧力をかけられていましたが、さらにフェリックスからも敵対しされることに・・・。

信念が強いこはぜ屋には厳しい状況ですが、これでよかったのではないでしょうか♪

 

最後はどのように陸王が完成していくのか楽しみです!

陸王9話の見どころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王9話のみどころ言えば8話とおなじく「松岡修造さんの演技」ですね!

 

宮沢社長と一緒につりに行くシーンがありますが、そのシーンではフェリックスの社長というよりは完全に松岡修造さんでしたね笑

熱く燃える仕草は隠すことのできない松岡修造さんの味がでまくってました!!

 

やっぱり松岡修造さんは熱いキャラが似合いますよね!

今回のフェリックス社長の役はちょっと静かで怖いキャラなので、イメージとは大きく違いますよね!

 

でも、松岡修造さん意外と演技が上手くて役になりきれてるのですごいですね!

努力が凄いひとなので、役をするのもかなり練習したようですね!

 

本当に素晴らしい方です♪

陸王9話のネット上の反応!

10話のあらすじ&感想!

あらすじ

シルクレイを手に入れるために「こはぜ屋」買収をもくろむフェリックスの御園社長(松岡修造)だったが、宮沢(役所広司)から業務提携を提案されたことで両者は袂を分かつ。こはぜ屋の窮地は変わらないまま、大地(山﨑賢人)や飯山(寺尾聰)たちは、また一からシルクレイの売り込み先を探し、興味を持ってくれそうな企業を駆け回っていた。 一方、茂木選手(竹内涼真)は、再びアトランティスのサポート選手となり、RⅡを履くことを決意。念願の豊橋国際マラソンに出場することが決定していた。そんな茂木へ大地と村野(市川右團次)は、「ずっと茂木選手を応援している証に…」と最後の一足となった陸王を渡したいと、ダイワ食品の城戸監督(音尾琢真)に掛け合うが、城戸は茂木を悩ませるだけだと一蹴する。
茂木に自分たちの想いを届けることもできず、陸王開発再開のメドも立たず、八方ふさがりのこはぜ屋だったが、そんなある日、御園から宮沢へある提案が投げかけられる。一体、その提案とは!?

感想

感動の最終回となった陸王!

こはぜ屋は9話の段階でもうギリギリのところにたたされている状態でしたね!

 

フェリックスからも逃れもう倒産してもおかしくない状態でした・・・。

そんな中、またもやフェリックスからの助け舟が!?

 

今回は買収とかではなく、しっかりとしたビジネスとしての提携となりましたね!

御園社長も宮沢社長の熱意に惹かれたのかもしれませんね♪

 

そもそもシルクレイも良い素材ですし、陸王も良い靴なので、正当な評価をしていたのかもしれませんね!

御園社長がアトランティスを蹴ったときは爽快でしたね笑

 

また、茂木に関しても大きな感動を与えてくれました!

RⅡを履くことが決定していたのに、最後の最後で自分の将来が不利になることをしっていながらも陸王を選んだところは感動しました!!

 

しかもその時に陸王はそんなにいいのか?って質問に対して「ああ最高だ!」って迷いなく答えたことにまた感動!

茂木かっこよすぎ!

 

豊橋国際マラソンから始まった全てが豊橋国際マラソンで夢が叶うラストとなりました!

本当に感動できる作品でした♪

陸王の最終回(10話)の見どころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも、みどころちゃんです!

陸王最終話の10話見どころは「豊橋国際マラソン」が物語の全てだというところですね!!

 

初めに宮沢社長が豊橋国際マラソンを見たからこそ、陸王の開発が始まったわけですし、茂木が感想できなかったからこそ、陸王を信じてみようと思ってくれたわけです!

 

宮沢社長と大地もはじめはちょっとギスギスしていましたが、最終回では抱きしめあって感謝を叫んでいました!

この豊橋国際マラソンが全ての始まりであって、全ての夢の終着点ということですね♪

 

最後、宮沢社長が「世界を見て、かえって来い!」のセリフが息子を信じて旅立たせる感じがして最高に感動しました!

大地も社長に感謝でいっぱいで次の一歩を出していくところがまた素晴らしかったですね・・・!!

陸王の最終回(10話)のネット上の反応!

 

まとめ

U-NEXTにて無料体験から1話分が無料で視聴することが可能!

 

ただ、U-NEXTの31日間無料トライアルはいつ終了してしまうのかわからないので、早めの登録をオススメします!

登録は下のボタンをクリックして公式ページにて!

※本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

 

お申し込みはこちらをクリック!