すでに日本付近に近づいてきている2017年の台風22号。

台風22号(サオラー)進路予想2017東京上陸日や被害予想をみていきましょう!

 

できれば南へそれていってほしいところですね。

スポンサードリンク



台風22号の特性

<28日06時の実況>
大きさ
強さ
存在地域 那覇市の南南東約150km
中心位置 北緯 25度00分(25.0度)
東経 128度20分(128.3度)
進行方向、速さ 北 20km/h(11kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
25m/s以上の暴風域 全域 70km(40NM)
15m/s以上の強風域 北側 440km(240NM)
南側 390km(210NM)
<28日07時の推定>
大きさ
強さ
存在地域 那覇市の南南東約130km
中心位置 北緯 25度10分(25.2度)
東経 128度20分(128.3度)
進行方向、速さ 北 20km/h(11kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
25m/s以上の暴風域 全域 70km(40NM)
15m/s以上の強風域 北側 440km(240NM)
南側 390km(210NM)
<28日12時の予報>
強さ
予報円の中心 北緯 26度25分(26.4度)
東経 128度05分(128.1度)
進行方向、速さ 北 20km/h(12kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
予報円の半径 50km(25NM)
暴風警戒域 全域 120km(65NM)
<28日18時の予報>
強さ
存在地域 奄美大島の南西約120km
予報円の中心 北緯 27度40分(27.7度)
東経 128度35分(128.6度)
進行方向、速さ 北 25km/h(14kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
予報円の半径 70km(40NM)
暴風警戒域 全域 150km(80NM)
<29日00時の予報>
強さ
予報円の中心 北緯 29度00分(29.0度)
東経 129度35分(129.6度)
進行方向、速さ 北東 30km/h(15kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
予報円の半径 110km(60NM)
暴風警戒域 全域 190km(100NM)
<29日06時の予報>
強さ
存在地域 種子島の南東約30km
予報円の中心 北緯 30度25分(30.4度)
東経 131度10分(131.2度)
進行方向、速さ 北東 35km/h(18kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
予報円の半径 150km(80NM)
暴風警戒域 全域 220km(120NM)

非常に強い台風となっています!

21号に似ている特性を持っているので同じような注意が必要となってきますね!

 

21号の被害が残っているところはさらに危険です!

台風の風速の目安

中心付近の最大風速 : 強さの目安

・0~17m/s:最弱の台風。春一番レベルで被害はほぼ無い。

・17~25m/s:ただの台風。油断は禁物で暴風警報も確認が必要。

・25~33m/s:やや強めの台風。暴風雨警報がでる可能性が高い。

・33~44m/s:強めの台風。雨戸を閉めて外出は控える。

・44~54m/s:非常に強い台風。駐車場の車の動くほどの風が吹く。

・54~60m/s:猛烈な台風。風速計が壊れるほどで家も飛ぶ可能性がある。

・60m/s以上:スーパー台風。街の全てが麻痺するレベル。日本は未経験。

 

【太ももを細くする方法】一週間で最速で痩せるダイエット法とは?

スポンサードリンク



台風22号(サオラー)進路予想2017東京上陸日は?

出展:米軍合同台風警報センターJTWC 

※JTWCの時間差日本と9時間あるので9時間足して考える必要があります。

(※クリックで大きく出来ます)

 

進路的には21号に非常に似ていますね!

強さも同じくらいだと予想されていいます!

 

米軍の最新進路予想からすると、東京への上陸予想日

 

「2017年10月29日のお昼」

 

となっています!

お昼ごろには直撃していますね。

 

夜中ということで、公共の交通機関も麻痺してしまいそうですね。

朝から移動するかたは早めの移動をこころがけてください!

 

また、出かける際には朝の段階で雨戸の戸締りと、庭とベランダのものをしまっておきましょう!

できれば玄関には「懐中電灯」「非常食」「飲み水」を置いておき、夜中何も感がなくてもすぐ避難できるようにしておくとベストですね!

台風22号(サオラー)進路予想2017東京の被害予想!

すでに沖縄周辺まで移動してきている台風22号。

移動がゆっくりなため、日本にも長時間居座る可能性が高いです!

 

しかも、日本に上陸した後も勢力は強くなっていく予想なっており、東京へ向かってくるほど風力が強く豪雨になってまいります!

東京を抜けた後に爆発的な成長をしてしまう予想となっています!

 

東京に来た段階でも非常に強い台風になっていることが予想されています・・・1

そこで心配されているのが

 

・暴風による家屋の屋根の瓦等がはがれる

・カーポートなどが倒れる

・川の増水による冠水・洪水

・家の床下浸水

・車の転倒

・バスや電車の運行停止

等々。

 

特に川の冠水に関しては自分たちでどうにかできる問題ではないので、川が付近の住民はちょっとでも危ないと思ったら大事なものを持って避難所へ避難しましょう!

 

電車も止まってしまう可能性もあるので、早めの帰宅を心がけると良いですね。

 

風力も強いため、木が倒れてきたり車が風で迫ってくる可能性もありますので、避難するのも気をつけてくださいね!

10月終盤の台風はめずらしいですが、これが最後の台風となるいことを祈りましょう。

 

スポンサードリンク