2017年の台風21号(ラン)が日本へ向かってまっすぐ進んでいます!

台風21号(ラン)進路予想2017大阪上陸日や被害予想をみていきましょう!

 

豪雨の可能性が高い非常に厄介な台風となりそうです!

 

スポンサードリンク



台風21号の特性

<19日06時の実況>
大きさ 大型
強さ 強い
存在地域 フィリピンの東
中心位置 北緯 15度10分(15.2度)
東経 130度35分(130.6度)
進行方向、速さ 北北西 15km/h(9kt)
中心気圧 970hPa
中心付近の最大風速 35m/s(65kt)
最大瞬間風速 50m/s(95kt)
25m/s以上の暴風域 全域 90km(50NM)
15m/s以上の強風域 南側 800km(425NM)
北側 560km(300NM)
<19日18時の予報>
強さ 強い
存在地域 フィリピンの東
予報円の中心 北緯 16度30分(16.5度)
東経 129度55分(129.9度)
進行方向、速さ 北北西 15km/h(7kt)
中心気圧 960hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
予報円の半径 60km(30NM)
暴風警戒域 全域 190km(100NM)
<20日06時の予報>
強さ 強い
存在地域 フィリピンの東
予報円の中心 北緯 18度05分(18.1度)
東経 129度35分(129.6度)
進行方向、速さ 北 15km/h(8kt)
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(80kt)
最大瞬間風速 60m/s(115kt)
予報円の半径 90km(50NM)
暴風警戒域 全域 240km(130NM)
<21日03時の予報>
強さ 非常に強い
存在地域 沖縄の南
予報円の中心 北緯 20度40分(20.7度)
東経 129度20分(129.3度)
進行方向、速さ 北 15km/h(8kt)
中心気圧 925hPa
中心付近の最大風速 50m/s(95kt)
最大瞬間風速 70m/s(135kt)
予報円の半径 200km(110NM)
暴風警戒域 全域 410km(220NM)
<22日03時の予報>
強さ 非常に強い
存在地域 日本の南
予報円の中心 北緯 24度30分(24.5度)
東経 130度35分(130.6度)
進行方向、速さ 北北東 20km/h(10kt)
中心気圧 925hPa
中心付近の最大風速 50m/s(95kt)
最大瞬間風速 70m/s(135kt)
予報円の半径 310km(170NM)
暴風警戒域 全域 520km(280NM)

非常に強い台風となっています!

風速も強く、豪雨になる可能性もあるという厄介な台風です。

 

台風の風速の目安

中心付近の最大風速 : 強さの目安

・0~17m/s:最弱の台風。春一番レベルで被害はほぼ無い。

・17~25m/s:ただの台風。油断は禁物で暴風警報も確認が必要。

・25~33m/s:やや強めの台風。暴風雨警報がでる可能性が高い。

・33~44m/s:強めの台風。雨戸を閉めて外出は控える。

・44~54m/s:非常に強い台風。駐車場の車の動くほどの風が吹く。

・54~60m/s:猛烈な台風。風速計が壊れるほどで家も飛ぶ可能性がある。

・60m/s以上:スーパー台風。街の全てが麻痺するレベル。日本は未経験。

 

【太ももを細くする方法】一週間で最速で痩せるダイエット法とは?

スポンサードリンク



台風21号(ラン)進路予想2017大阪上陸日は?

出展:米軍合同台風警報センターJTWC https://metoc.ndbc.noaa.gov/

※JTWCの時間差日本と9時間あるので9時間足して考える必要があります。

(※クリックで大きく出来ます)

 

フィリピン上空からゆっくりと日本へ向かっている2017年の台風21号(ラン)。

大阪への上陸予想日についてみていきましょう!

 

米軍の最新進路予想からすると、大阪への上陸予想日

 

「2017年10月22日の昼」

 

となっています!

夜中までには通り過ぎている可能性がありますね。

 

気象庁・米軍・ヨーロッパの最新予想はこちら!

台風21号(ラン)2017最新進路予想(気象庁・米軍)!日本上陸日や被害も予想!

台風21号(ラン)2017最新進路予想(ヨーロッパECMWF)!日本上陸日や被害も予想!

 

お昼ということで公共の交通機関が麻痺する可能性が高いですね。

電車で移動を予定している方は朝のうちに移動してしまったほうが確実かもしれません!

 

仕事が終わった夜も台風の影響で公共の交通機関が麻痺している可能性があるので、足止めを食らうかもしれませんね。

 

 

台風21号(ラン)進路予想2017大阪の被害予想!

2017年の台風21号ですが、移動がゆっくりなため日本にも長時間居座る可能性が高いといわれています!

 

そこで災害として心配されるのが

・暴風による家屋の屋根の瓦が剥がれ落ちる

・カーポートの転倒

・川の増水による冠水・洪水

・家の床下浸水

等々。

 

川の冠水や洪水が一番危険なので、少しでも危険だと判断したら即座に避難所への避難をおすすめします。

家族を第一に守れるように安全になる行動をこころがけましょう!

 

避難中は風力も強く、木の転倒や車が横転して迫ってくる可能性もありますので、避難するのも気をつけてください!

10月終盤の台風はめずらしいですが、これが最後の台風となるいことを祈りましょう。

台風21号(ラン)進路予想2017沖縄上陸日や被害予想!

台風21号(ラン)進路予想2017東京上陸日や被害予想!

 

『コウノドリ2』動画1話の見逃し配信を無料視聴する方法は?

コードブルー3 最終回 動画の無料見逃し配信情報!

 

スポンサードリンク