太平洋をゆっくりと移動している2017年の台風5号。

日本へは上陸しないとの予想がでていましたが、8月1日の現在、最新進路の予想が大きく変わってきました!

 

新たな情報を元に、台風5号2017最新進路予想していきたいと思います!

気象庁、米軍それぞれにて見て行きましょう!

台風5号2017の日本上陸となる日はいつなるのか、被害予想はどれほどなのかも気になるところですね。

スポンサードリンク



台風5号の特性

・進行速さ:ゆっくり

・中心気圧:930hPa

・中心付近の最大風速:50m/s(55kt)

・最大瞬間風速:70m/s(80kt)

・暴風域全域 :170km(30NM)

 

非常に強い台風に属する台風となっていますね。

速さはゆっくりで範囲も広いので大きな被害がおよぶ可能性が高いですね。

台風の風速の目安

中心付近の最大風速 : 強さの目安

・0~17m/s:最弱の台風。春一番レベルで被害はほぼ無い。

・17~25m/s:ただの台風。油断は禁物で暴風警報も確認が必要。

・25~33m/s:やや強めの台風。暴風雨警報がでる可能性が高い。

・33~44m/s:強めの台風。雨戸を閉めて外出は控える。

・44~54m/s:非常に強い台風。駐車場の車の動くほどの風が吹く。

・54~60m/s:猛烈な台風。風速計が壊れるほどで家も飛ぶ可能性がある。

・60m/s以上:スーパー台風。街の全てが麻痺するレベル。日本は未経験。

台風5号2017最新進路予想8月1日!気象庁は?

巨大台風と言われている台風5号2017。

速度が遅いため勢力が衰えず蓄えているようですね!

 

まずは気象庁による最新進路予想を見て行きましょう!

出展:気象庁 http://www.jma.go.jp/jma/index.html

(※クリックで大きく出来ます)

 

途中台風6号に押されながら南西に移動したり、東へUターンしていましたが、ここへ来て北西に上り始めているようですね。

 

このまま進めば沖縄や九州に上陸となってしまいます!

台風5号は中心付近の最大風速が50m/sということで非常に強い台風に部類されていますので大きな被害が予想されますね。

 

しかし、沖縄付近には強いかぜが吹いており、このまま北西に進むのか、本州がある北東に向かうのか、日本から離れる西へ向かうのか、様々な予想がでています!

 

今後も注意深く進路を確認していきましょう!

スポンサードリンク



台風5号2017最新進路予想8月1日!米軍は?

続いて米軍の最新進路予想8月1日現在を見て行きましょう。

出展:米軍合同台風警報センターJTWC https://metoc.ndbc.noaa.gov/

※JTWCの時間差日本と9時間あるので9時間足して考える必要があります。

(※クリックで大きく出来ます)

 

米軍の最新進路予想では、日本の沖縄や九州へ上陸する予想となっていますね。

傾向としては北西に傾いているので本州へは上陸しない予想となっているようですね。

 

最大風速についても衰えることなく、日本上陸となる予想になっています!

日本と同じく、強い風の影響で今後も進路予想は変わる可能性が高い台風となっているので引き続き観察していきましょう!

台風5号2017の日本上陸日は?

台風5号2017の最新進路から予想される日本への上陸日は何時なのか、気になるところですよね。

台風が日本へ上陸する前までには、買い物へ行きいつもより多く買いだめして台風の日に外出しなくても良いよいにしておきましょう!

 

台風5号2017の日本上陸日

 

「2017年 8月 6日 」!

 

となりますね!

雨戸がしっかり機能できる状態なのか、シャッターはちゃんと締めれるのか、今のうちに確認しておきましょう!

台風5号2017の被害予想!

台風5号2017が日本へ上陸した際にどのような被害が出るのか、予想していきましょう。

 

まず台風5号2017は中心付近の最大風速:50m/sということで、非常に強い台風の部類ですが、猛烈な台風に近い台風となっています!

 

台風5号の特性としては「非常に強い豪雨」となっているようなので

・駐車場の車が動くほどの暴風

・川の冠水や浸水

 

が予想されます。

梅雨時期に九州を襲った豪雨に似た被害が予想されます!

また流木なども漂流物も心配ですね。

 

家の周りに水が押し寄せてくる可能性もあるので、自宅が安全ではないと早めに判断して非難しましょう!

スポンサードリンク