現在増え続けているという「孫ブルー」にかかる方。 そもそも孫ブルーとは何なのか、今までに無かった言葉だけに想像・・・