スマホの運転が最近多くなりましたね;

最近の死亡事故もスマホ運転が原因で起こったものもとても多いのです。

スマホ運転が原因で亡くなったご家族のことを思うと心が痛いです。

自分には関係ないと思う方もいるかもしれませんが、自分の身に降りかかってから気をつけてよかったと思うのは遅いもの。

12月1日から道交法施行令改正されるということで改めて自分自身が事故を起こさないためにも今後罰則についても学んでおきましょう!

スポンサードリンク



スマホ運転12月1日から一発免停?罰金点数引き上げで罰則強化!

12月1日から法律が改定されます。違反点数や反則金も約3倍となる改正案です!

もちろん罰金や罰則も気になりますが事故をしないために作られたものですからね!

改めて気を引き締めて気をつけていきましょう!

 

スマホ運転で交通事故などの危険に結びついた場合

違反点数6点となるため、即、免許の停止処分を受けることになります。

つまりスマホ運転が原因で事故の場合は即免停になるということです!

 

また、改正前の罰則は「3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金」だったのですが3倍に引き上げ「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」になります。

相手が死亡ではなかった場合でもスマホが原因の事故であれば適用されます!

スマホ運転で、携帯を保持しているのを見つかった時

こちらは違反点数が3点になりますので、1回注意され、2回目も捕まってしまったらこれまた即免停というわけです。

違反点数は3点、反則金も約3倍に引き上げられます!

 

反則金などの支払いを拒む運転者には実刑適用もあるそうで。。。素直に認めましょうね。

反則金に関しては2019年12月1日以降〜

大型 2万5千円

普通 1万8千円

二輪 1万5千円

小特等 1万2千円

と引き上げとなっています。

 

場合によっては罰金が課せられることがあります。

改正前の罰則は「5万円以下の罰金」だったのですが「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と懲役刑を新設しさらに罰金は2倍になっています。

スマホ運転でさらに飲酒運転だった場合

スマホ運転(保持・操作している場合)でも飲酒運転が重なった場合は違反点数は15点にこちらも即免許取り消し。

 

 ※「酒気帯び点数」とは呼気中アルコール濃度0.15mg/リットル以上0.25mg/リットル未満の酒気を帯びていた場合の携帯電話使用等違反の点数です

 

 

 

飲酒運転とスマホ運転両方の場合(交通の危険)が16点、スマホ運転(保持)が15点となりますので、飲酒運転とスマホ運転両方の場合は、即免許取り消しになります!

スマホ運転12月1日から道交法施行令改正発表された時のネットの声

スポンサードリンク



死亡事故率の比較(スマホ操作が原因となしとでは約2.1倍も違う)

警察庁によると、2018年中にスマートフォンや携帯電話の操作などが原因で発生した人身事故は2,790件で、このうち45件は死亡事故でした。

2013年の2,038件と比べて1.4倍の水準となっています。また、死亡事故率を比較すると携帯電話使用等の場合には、使用なしと比較して約2.1倍と高くなっています。

なお、携帯使用等の年間取締り件数は約84万件で道交法違反全体の14%を占めています。

 

停車中のスマートフォンの操作は法律的に大丈夫なの??

道路交通法上は「当該自動車等が停止しているときを除き」と定義されているので車が停まっている時(信号待ちなど)はスマートフォンを利用することは法律上セーフということになります。

停止中は使用してもOK!(セーフ)ということになります。

通話ならハンズフリーでの利用は大丈夫!

通話に関しては「その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る」と記載されています。

これはよく知っている方も多いと思いますが手でスマホを持っていなければ通話は大丈夫です!

ハンズフリーヘッドセットにしてスマートフォンに触らなくても電話に出られるようであれば大丈夫です!

ただパトカーや救急車の音が聞こえるようにはしておいて欲しいので、片耳だけのものにしましょう!

 

今では普及しているのでネットで探せば出てきます!

Bluetooth連携できるハンズフリーヘッドセットというものがおすすめです!

2000円代のお手軽なものあるのでぜひ探してみてください!

スマホ運転12月1日から一発免停?罰金点数引き上げで罰則強化!まとめ

 

12月1日からの改定案まとめ

  • スマホ運転が原因で事故にあった場合即免停。「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」。
  • スマホ運転(ながら運転)の場合は3点。2回注意されたら免停。(反則金に関しては大型2万5千円、普通1万8千円、二輪1万5千円、小特等1万2千円)
  • スマホ運転(保持・操作している場合)でも飲酒運転が重なった場合は違反点数は15点にこちらも即免許取り消し
  • 信号待ちや停止中のスマホの操作は法律的にはセーフ。

 

信号待ちや停止中のスマホの操作は法律的にはセーフとありますが、停止中の使用で捕まった人を知人で知っているので、気をつけた方が良さそうですね!

これからはスマホに対する取り締まりが強くなります!

私たしも今一度内容をチェックしておく必要がありますね!12月1日からと言わず今からも気をつけていきましょう!

参考になれば幸いです!

スポンサードリンク