国民の血税を海外に使う!?

と話題になっている「イバンカ基金」。

 

実際はフェイクニュースと言われており、分かりにくい報道と真実が分かりにくい文章になっています!

「血税は使われていない!」とのことですので、ご安心を。

 

では、イバンカ基金といわれるものがどういったものなのか、見て行きましょう。

スポンサードリンク



イバンカ基金はフェイクニュース?

パッとみて「血税が海外に!?」と思わせる名前である「イバンカ基金」。

実際のところ

・外貨準備高は、塩漬けの外貨の運用益で国民の税金を削って産みだしたものでは無い。

・イバンカ氏は世界銀行内で設置された女性の社会進出・起業を支える基金に賛同・協力しただけ。

・7月のG20で日本国として約束した出資。

 

となっています。

 

イバンカ基金は血税は使われていない?

「イバンカ基金への拠出金は税金ではなくて外貨準備高の剰余金からです」と政府は説明したいところでしょうけど

それだと 「じゃあ、社会保障の財源も、そこから繰り入れしてほしい」 という事になりますよね。

 

政府としても現在厳しい立場だということがわかりますね。

国会で追及してほしい内容ですよね!

スポンサードリンク



イバンカ基金はフェイクニュース?血税は使われていない?まとめ!

 

「女性の社会進出」を目的としてイバンカ氏が設立しただけで、実際「イバンカ基金」といった名前にはならないはずですよね。

すでに多くにも参加している基金なので、正しい基金だといえるでしょう。

 

フェイクニュースのようになってしまいましたが、正しい情報をしっかりと理解していきたいところですよね!

 

さらに「イバンカ基金」について詳しく解説しているのでこちらもあわせて呼んでみてください!

イバンカ基金は外貨準備高からの拠出!誤解されているが真相を解説!

スポンサードリンク