イバンカ・ドランプ氏に基金すると言われて「血税が~血税が~」といっている方も多くいるようですね!

しかし、実際のところは多くの方が想像している内容とは大きく異なっています!

 

イバンカ基金とは「外貨準備高からの拠出」となっています!

誤解されているイバンカ基金について、真相を解説していきたいと思います!

スポンサードリンク



イバンカ基金は外貨準備高からの拠出!

安倍晋三首相は3日午前、海外の女性指導者らを東京に招いて女性政策を議論する国際シンポジウム(女性版ダボス会議)の関連行事に出席した。あいさつでは、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官が設立に関わった、女性起業家を支援する基金への5千万ドル(約57億円)拠出を表明した。

 来日中のイバンカ氏も関連行事に出席して講演。5日のトランプ氏の来日を控え、友好ムードを演出した形だ。

 首相は「日本は世界で女性活躍の旗を高く掲げ、強い指導力を発揮していく決意だ」と強調。女性起業家への期待を示した上で「イバンカ氏が主導した基金を強く支持する。世界中の女性たちが立ち上がれば、貧困をはじめ、世界のさまざまな課題は解決できる」と述べた。

 

というニュースがでています!

 

これを単純に考えてしまうと

「日本は借金大国で税金もあげようとしてるのに57億円も海外にばら撒くのか!?」

「私達が国のために一生懸命払っている血税が海外に!?意味が分からない!」

 

と考えてしまいますよね!

私も一瞬そう考えてしまいました!

 

しかし、これはニュースの仕方に問題があり、いかにも「安倍総理」が悪いという印象を与えようとしているようにみえますね。

実際のところ、血税は使われておらず、「国内使用できずドルで塩漬けになっている外貨準備高からの拠出」となっています!

 

「血税」は一切投入されていない!

というところをもっと広く伝えるべきだと思います!

 

また世界銀行グループ内設立のファシリティであり、イヴァンカ氏は運営管理や資金調達には関与していないのです。

「イバンカ基金」なんていうネーミングからしてちょっと失敗していることがわかりますね。

イバンカ基金の”外貨準備高”とは?!

そもそも、”外貨準備高”とはなんなのか・・・。

難しい言葉ですし、一発で理解できないところもあると思います。

 

外貨準備高とは

金融当局は、対外債務の返済、輸入代金の決済のほか、自国通貨の為替レートの急変動を防ぎ貿易等の国際取引を円滑にするために、外貨準備を行なう。外貨準備は「国民経済の貯金」などとも呼ばれる。ただし、あくまで主目的は為替変動への準備であり、外貨準備高が対外資産高の大きさを表しているわけではないことには注意を要する。

とのこと。

 

イバンカ氏が基金の発案者であることは間違いありませんが、運営しているのは世界銀行となっています!

女性起業家や女性が運営する中小企業等、女性の社会進出をサポートを目的で作られている基金となりますね。

 

スポンサードリンク



イバンカ基金ネット上の誤解!

 

15秒に1枚売れる最強のダイエット商品エクスレンダーについてはこちら!

エクスレンダーの効果や口コミを紹介!痩せない噂は嘘だった!?

イバンカ基金の目的!

「イバンカ」の名前が入っているため、大きな話題となった「イバンカ基金」。

しかし、実際のところイバンカ氏は関与していません。

 

この「イバンカ基金」なるものは、すでに7月の段階で発表されており、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、中国、日本、韓国、サウジアラビアなど13カ国が参加しています!

 

イバンカ氏の目指すところは

「女性の完全な労働参加は、社会を強くし、繁栄を確実なものにする」

 

となっており、女性の社会進出を活性化するための基金となっています!

女性の社会進出は日本でも活発になってきていますが、世界レベルで見てもまだまだそこまで進んでいないようですね。

 

今後のイバンカ氏の動きと安倍総理の動きにも注目ですね!

 

イバンカ基金のニュースがいかにフェイクニュースだったのか解説しているでのあわせて読んでみてください!

イバンカ基金はフェイクニュース?血税は使われていない?

スポンサードリンク