大人気グループの「嵐」の櫻井翔さんが主演を務める新ドラマ『先に生まれただけの僕』。

櫻井翔さんの久しぶりの主演ドラマということで大きな注目が集まっています!

 

他にも豪華キャストが出演しており、見どころ満載のドラマとなっています!

今回はもし話を見逃してしまった方に『先に生まれただけの僕』動画1話から最終回(10話)の無料視聴方法を見て行きたいと思います!

『先に生まれただけの僕』動画1話から最終回(10話)を高画質で見放題!

わかさん(@wakamimi_s)がシェアした投稿

無料動画共有サイトにアップロードされている動画は、著作権を無視した”違法動画”となっており、ウィルスが含まれている危険性が高くなってきています!

 

もし、使用している機器がウィルスに感染してしまうと、いつの間にか個人情報が流出させられてしまっていたり、利用している機器の故障の原因にもなってしまします!

 

また、違法にアップロードされている動画は”違法動画”と言われており、視聴した場合には「違法視聴」となってしまいます。

最悪の場合2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科せられる場合がもあります!

安全のためにも、ドラマなどの動画は公式な動画を視聴しましょう!

 

そこで、私も利用していてオススメのサービスが 『Hulu』 です!

「Hulu」は月額933円の定額制ですが、初めの二週間は無料となるキャンペーンが実施されています!

 

また他の動画サービスでは、登録後に追加料金が結構かかったりしますが、「Hulu」では月額料金さえ払えば追加料金が無く配信されている動画全てを好きなだけ見放題となっています!!

 

海外の作品も多く配信されているのが特徴で、海外の作品好きにはHuluファンも多いです!!

もちろん、日本のドラマ、映画、アニメもたくさん配信していますよ♪

 

ただ、Huluの2週間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうか分かりません・・・。

キャンペーンが終了してしまう前の登録をおすすめします♪

 

まずは無料から動画を見放題して体験しましょう!

Huluへの登録はこちら

Hulu 2週間無料トライアルに登録する!

 

Huluの登録は1分で簡単に誰でも出来ます!

登録順序は

1.下記のリンクから公式ページへ

2.支払い方法を選択して登録を開始する

3.アカウント情報を入力する

4.無料お試しキャンペーン内容を確認

5.登録完了! 

 

Huluでは人気作品も多く配信されています!例えば

『コウノドリ』

ウォーキング・デッド

『地味に凄い!校閲ガール』

我輩は部屋である

『愛したって、秘密はある』

『過保護のカホコ』

『地味に凄い!校閲ガール』

『ヒロイン失格』

等々。

 

 

無料トライアルの期間中に解約した場合、料金は一切かかりません!!

また、継続した場合であっても、月額933円(税抜)は月で割ると1日30円ほどなので、レンタルショップをよく利用している方には、かなりお得なサービスとなっています!

 

「Hulu」は2017年5月にリニューアルされたばかりで、使い勝手がさらに向上しています!

今後も、ユーザーの声をしっかり聞いて改善いく予定なのでどんどん使いやすくなっていきます♪

 

私も毎日利用していますが、レンタルショップに借りに行く必要がないので、平日でも好きな動画が気軽に見れるのは便利です!

 

返しにいくための時間を作る必要もなければ、延長料金の心配もないので本当に快適です♪

もうドラマや映画をみるには動画配信サービスしか考えられませんね!

 

まずは無料から、一度この便利さをあじわってみてくださいね♪♪

Huluの2週間無料トライアルの登録はこちらから!

お申し込みはこちらをクリック!

『先に生まれただけの僕』1話から最終回(10話) あらすじ&感想!

1話あらすじ

総合商社・樫松かしまつ物産に勤める鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直した。ある日、彼は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられる。次の役職はなんと、高校の『校長』。いわば左遷であった。
会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのであった。鳴海は戸惑うものの、サラリーマンとして会社の決定に従うしかなった。

校長に就任した鳴海は副校長の柏木文夫(風間杜夫)とともに、教員たちと面談するが、彼らは誰ひとり危機感を持っていない様子。一方、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない鳴海に不信感を抱く。鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指すものの、さまざまな壁が立ちはだかり…。

 

1話感想

バリバリサラリーマンだった経歴から一転して学校の校長先生となってしまう鳴海涼介(櫻井翔)。

そもそも実際にサラリーマンが校長先生に飛ばされることがあるのかが疑問ですね!

 

”赤字を黒字に変える”という点では会社も学校も同じかもしれませんが、そういった経営の目線でみると面白いドラマですよね。

私が学生のことは学校が儲かっているか、なんて気にしたことなかったですし、そもそも学費がいくらだったのかもあまり分かっていません(汗)

 

このドラマをみて「学校も意外とお金回ってたんだぁ」と実感できましたね。

いかに生徒を確保して売り上げを伸ばすということは、いかに学校が魅力的であるかを魅せる必要がありますし、会社の経営と似ているところって結構ありますよね~!

 

今後、イケメン校長の櫻井翔さんがどう経営者目線で学校をた手直していくのかが楽しみです!

2話あらすじ

教育の現場を知らない校長として、職員室内で反発を受ける鳴海(櫻井翔)
そんな中、鳴海は奨学金を受給する事の覚悟を説いて聞かせた生徒が学校を休んでいると分かり、不登校になったのではないかと気が気では無くなる。

さらに、沙織(井川遥)からは、腹痛を訴えて保健室に毎日通っている生徒のことを聞かされる。鳴海はその生徒の担任である及川(木下ほうか)にケアをするよう指示するが、彼は取り合おうとしない。そして、この生徒が抱えていた悩みには、学校内の大きな問題が隠されていた。

 

2話感想

不登校にいじめ問題。

リアルでもかなり耳が痛い話となりますね。

 

学校のことを一切考えておらず、売り上げだけをみている校長にはなにかと厳しいところですね!

でも、奨学金の話は本当に大事な話ですし、生徒の担任にケアを任せるのも大して不自然ではありません!

 

自分たちがいかに感情でうごいているかがわかりますよね。

校長のように感情を消して運営できるのが一番の経営の近道なのかもしれませんよね!

 

そう上手くもいかないところが学校の難しさということでしょうね。

3話あらすじ

退職した及川(木下ほうか)の代わりに自分が教壇に立つと宣言した鳴海(櫻井翔)
数学の授業を担当することになるものの、教科書に目を通すと思いのほかレベルの高い内容に、鳴海はすっかり自信を失う。
そんな中、京明館高校の生徒がスマホを使ってマンガの盗み撮りをしているとコンビニからの連絡を受け、鳴海は慌てふためく。

そして、鳴海の授業当日。校長が授業をすると聞かされ、ざわつく生徒たち。教師たちも、鳴海がどんな授業をするのか興味しんしんで見学にやって来る。注目が集まる中で教壇に立った鳴海は、見よう見まねのアクティブラーニング型授業を行う。
授業の最後、鳴海は生徒の一人から「関数や微分積分は社会で役に立ちますか?」と質問されて困惑。さらに、「社会人になっても仕事で使わないものを勉強して何の意味があるのか」と問われ、鳴海は言葉に詰まってしまう。
鳴海の授業が引き金となり、他の授業でも生徒たちが「今の勉強が何の役に立つんですか」と教師を質問攻めにすることに。
教師たちは「すべて校長のせいだ」と、怒りをあらわに校長のもとに詰め寄ってくる…。

 

3話感想

今回は数学教師が辞めてしまい校長自らが数学を教えてる、という話です!

今までやや暗めの展開だっただけに、ちょっと面白い回になっています!

 

意外と難しくて悩む櫻井翔さん面白かったです(笑)

学生時代の時には一生懸命毎日やっていたことでも大人になるとわかってるつもりでも意外と忘れていたりしてますよね~。

 

今文章問題だされたらどこまで解けるか、ちょっと自身ありません・・・(笑)

しかも校長先生という立場なので、かなりプレッシャーあったのではないでしょうか!

 

もし私なら逃げ出したくなるくらい冷や汗もんですね(゚-゚;)

今回は面白く見れたので楽しかったです♪

4話あらすじ

生徒たちの勉強に対する意欲を向上させるべく、鳴海(櫻井翔)は、授業にアクティブラーニングを導入したいと教師たちに提案する。
アクティブラーニングのノウハウを持っていた英語教師の島津(瀬戸康史)をはじめ、薫(木南晴夏)日菜子(森川葵)は、鳴海の提案に賛成。
一方、文恵(秋山菜津子)郷原(荒川良々)河原崎(池田鉄洋)は、自分なりの授業のやり方があると言って反対。ちひろ(蒼井優)は興味を持ちながらも、手放しで賛成できずにいた。職員室の意見が分かれる中、アクティブラーニングの授業は生徒たちに好評で、鳴海は手応えを感じるも、同時に、鳴海が予想していなかった問題が持ち上がる。

そんな折、鳴海は加賀谷(高嶋政伸)に呼び出され、京明館の経営の立て直しを命じたのであって教育理念を変えろとは言っていない、と強く叱責される。
加賀谷が高圧的な態度で鳴海にあたっていることを知った聡子(多部未華子)は、鳴海を心配するが…。

 

4話感想

先生たち、生徒たち、親たち、会社の人。

それぞれのところでちゃんとストーリーがあるんですが内容が多すぎてなかなか同時進行が難しいですね!

 

やろうとすると結局何がやりたいのかどれも中途半端になってしまうので難しいところ!

しかも多部ちゃんとの恋愛もあるので大忙しなドラマですね笑

 

会社パートや恋愛パートはテンポが悪くなる傾向にあるので、会社部分は1話の出向だけで良かったんじゃないかとおもっちゃいますね。

 

「世の中理不尽なことたくさんある。
思い通りの人生なんかない。
社会に出たら線引きされることなんて山ほどある。 」

 

て感じの校長の演説には心打たれました!

櫻井くんは演技でやっているだけなんですが、アイドルだけど、理不尽なこといっぱいあるよ!って聞こえてきて私も明日からしかkりがんばろうと思いました♪

5話あらすじ

生受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』開催を知った鳴海(櫻井翔)は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案。
ちひろ(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談する。
ちひろが最近知った話術「ペップトーク」が功を奏し、3組の生徒たちはすっかり乗り気に。自分たちの学校の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと知恵を絞る生徒たちの様子に、ちひろは教師としての喜びを感じる。

さらに、鳴海は樫松物産社長・原(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴。そこには鳴海のある狙いが隠されていた。
しかし、そんな鳴海の行動が疎ましい加賀谷(高嶋政伸)沙織(井川遥)に接触。校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとする。

さまざまな思惑と生徒たちの熱意が渦巻く中、オープンキャンパスは当日を迎える…。

 

5話感想

アクティブラーニング型授業と伝統的な一斉授業の二つの勢力争いが面白かったですよね!

保護者に見られているというプレッシャーもありますが、上司の見られているというプレッシャーも相まって見ている側は面白かったです笑

 

ひとつ疑問に残ったところといえば「生徒のやる気」ですかね。

オープンキャンパスの日に「学校を変えてやるぜ!」「いい学校にして行こうよ!」ってなりませんよね~!

 

そもそもお金を払って入学をしているわけで、そういった意識は私に生まれたことありません笑

結構リアリティが高い表現が多いドラマなだけに、そこだけはちょっと違和感感じちゃいました!

 

とくに偏差値40付近の学校なので、「楽しく!」はあるでしょうが、「学校のために!」ってのはあんまりないかな~という思いますね。

 

櫻井校長の張り切りぶりと空回りぶりはかなり面白かったので、良い話だったのではないでしょうか♪

6話あらすじ

オープンキャンパスの成功で京明館の評判が高まり手応えを感じる鳴海(櫻井翔)だったが、次に開催する学校説明会でこの学校をアピールし、より多くの受験生を獲得し、さらに入学してもらわなければ意味はない。

しかし、受験生にとって現在の京明館の位置づけは公立校の滑り止め、気が焦るばかりの鳴海だった。

一方、聡子(多部未華子)は、鳴海とちひろ(蒼井優)の関係が気になっていた。そんな聡子の気持ちを知らない鳴海は学校説明会の準備に忙しく、彼女からのデートの誘いを断り続ける。ちひろには、真剣に学校改革に取り組む鳴海のことを慕う気持ちが生まれ始めていた。
そして、学校説明会当日。鳴海は、得意のプレゼンで京明館の魅力をアピールするが、そこでは大波乱が待ち受けていた…。

 

6話感想

オープンキャンパスは成功におさめましたが、まだまだ課題は残っている感じですね。

学校の評価を上げることができても、滑り止め、というイメージはなかなか消すのが難しそうです!

 

学校は学校でいろんな苦労があるんだなぁ、と毎回思いますよね!

子供だったころはそういった目線で学校を見ていなかったので特に考えさせられますよね!

 

教育の場ですが、義務教育ではないのでしっかりお金を回していかないと学校自体の運営ができないということですね!

初めは「バリバリの営業マンが校長なんて無理」と思っていましたが、考え方は近いものがあるんだな、と見ていくたびにそう思えてきましたよね。

 

恋愛の部分でも、三角関係が成立しつつあるので、今後、どう展開していくのかが楽しみです!

7話あらすじ

学校説明会を成功させ、来年度の入学志願者増加に手応えを感じる鳴海(櫻井翔)
しかし学校運営に夢中になるあまり、鳴海は聡子(多部未華子)と会っていても学校の話ばかりするようになっていた。

一方、ちひろ(蒼井優)は2年3組の三田ほのか(山田佳奈実)の母親・真咲美(神野三鈴)から、ほのかから卒業後大学進学をせず結婚したいと告げられ困っていると相談を受ける。しかも、相手はほのかより12歳年上の男性であった。

ちひろは、鳴海と柏木(風間杜夫)に報告。鳴海とちひろはほのかから話を聞くも、ほのかの決意は固く、相手の男性も結婚を真剣に考えているようだったが、鳴海は二人の結婚は間違っていると感じていた。
その頃、加賀谷(高嶋政伸)は、鳴海と聡子の仲を引き裂こうと策略を巡らせていた。
加賀谷の企みを察した聡子は鳴海にそのことを伝えようとするが、そんな折、聡子は街で偶然ちひろを目撃する…。

 

7話感想

今回は29歳なら、上場企業の社員と高校生徒の恋愛私情の話でしたね!

こういった私情の問題も学校側が取り上げていくのが以外でしたね。

 

卒業したら個人の自由では?と思うところもありました!

世間的には卒業後すぐ、というのはあまり良くないと思われているので、学校側も教育として結婚を止めにいく、というところでしょうか!

 

あと、回を重ねるごとに鳴海と聡子の恋愛の雲行きがあやしくなってきましたね~!

しかも、邪魔するひともでてきたという笑

 

個人的には鳴海と聡子が結婚までたどり着けるかがかなり楽しみなところです!

8話あらすじ

少しずつではあるが学校改革に手応えを感じ始め、一層気合いが入る鳴海(櫻井翔)。しかしそんな中、ちひろ(蒼井優)から2年3組の生徒・大和田達也(伊能佑之介)の成績が急降下し、達也の父・和宏(升毅)が激怒している事を知らされる。
達也は当初クラスでも上位の成績だったのだが、今や成績は最下位。3年生進級時には進学クラスから普通クラスに移らなければならない程の事態に陥っていた。学校を訪れた和宏は、息子の成績が落ちたのは学校の責任だと決めつけ、聞く耳を持たない。

しかし日を改め、再び学校を訪れた和宏の態度は、前回から一変、困惑したものに変わっていた。
…なんと達也は、塾に行くと嘘をつき、放課後、『将棋教室』に通っていた事が判明する。家でも部屋にこもり、勉強しているフリをして、パソコンで棋譜の勉強に励んでいた。

達也はすでにアマチュア五段の腕前で、「プロ棋士になる為に全ての時間を将棋に使いたい」「学校を辞めたっていい」と言い始める。
将棋の世界を知らない鳴海やちひろは、後日、改めて話し合いの場を設ける事に…。
一方、ロンドン出張中の聡子(多部未華子)は、後藤田(平山浩行)から衝撃の告白を受けていた…。

 

8話感想

ついにモンスターペアレントが登場!

そのクレームの内容としましては、「子供の成績が下がったこと」!!!

 

子供ごとに受ける授業のカリキュアムは当然同じですし、なかなか苦しいクレームですね。

全ての子供の成績が下がったのなら、学校側にも責任があるとおもいますが、1人だけの成績が下がった場合、個人の責任としてかいいようがありませんね・・・。

 

もちろん、成績が上がった子もいると思いましすし、下がったこともいると思いますが、環境の変化で成績は大きく変わるので一概には学校の責任とはいえませんよね!

 

今回の場合、子供嘘をついて将棋にお熱だったというわけですね。

親が子供の状況を理解していないほうが問題あると思いましたね~。

 

子供も親には言いにくい家庭環境だったのかもしれません!

 

櫻井校長は時には説教もしますが、説得のある言葉で説明したり、理解してあげたり最高の校長だと思います!

でも、校長という立場上ちょっと頑張りすぎてるかなってのはありますね・・・。

 

実際学生時代校長となんてほとんど話したことありませんでしたし笑

9話あらすじ

バスケ部に所属する生徒の保護者たちが怒っていると顧問である河原崎(池田鉄洋)から聞かされた鳴海(櫻井翔)
その理由は、部活強化のために雇ったバスケ部コーチ・熱川(松田悟志)が遠征試合を組み、保護者の負担する費用があまりに高額だった為であった。熱川から遠征試合について何も聞かされていなかった河原崎は、彼に怒りをぶつけ、それに対し熱川は、遠征はバスケ部を強くするために必要だと主張。板挟みになった鳴海は困惑する。

職員会議では、来年度の入学試験のことが議題に挙がる。来年度の生徒を目標数獲得するには、1000人程度の受験生に個別相談に来てもらう必要があることを知り、鳴海は驚愕。“すべり止め”校である京明館が、どうすれば受験生を増やし、目標の入学者数を確保できるか、教師たちはアイデアを出し合う。
一方、鳴海と聡子の関係はさらにすれ違いを生み、二人の関係に悩む聡子(多部未華子)は、仕事でミスを犯してしまう。また、聡子の思いに気付かない鳴海は、ちひろ(蒼井優)に対し、聡子に指輪をどのようにして渡せばいいかを相談。相談を受けたちひろは複雑な思いを抱く。

 

9話感想

遠征費が5万ということで保護者からクレームがあり、櫻井校長の元に話がきます!

たしかに、子供のためであっても学校の行事で5万はなかなか高いですよね・・・!

 

しかも急に請求されたらクレームがくるのも無理ないですね。

チームを強くしたいコーチとただの学校の担当者である顧問、なかなか連携がむつかしいようですね。

 

たしかに私の学生時代もコーチと顧問がいていまいち関係性がわからなかったですね!

今回の話ですと、コーチがかってに遠征を組んだようですが、実際にありそうなはなしですね!

 

また、櫻井校長の恋愛もかなり面白い方向になりましたね笑

 

多部未華子さんは櫻井校長が好きだけど、ちょっと気持ちが揺らいでいる状況で、櫻井校長は多部未華子さんが好きだけど、仕事一筋!

蒼井優さんは櫻井校長が好きだけど、瀬戸康史さんに妥協ぎみ、瀬戸康史さんは蒼井優さんが大好き!

そして、最後に高嶋専務は多部未華子さんにちょっかいかけているという笑

 

この決着がどうつくのか非常に楽しみです笑

10話あらすじ

聡子(多部未華子)から別れを告げられた上に、加賀谷(高嶋政伸)からは京明館の校長を続けたいなら会社を辞めて転籍するよう迫られた鳴海(櫻井翔)
一方、ちひろ(蒼井優)ら教師たちは来年度の新入生を増やすための活動を地道に続けるも、その努力もむなしく入学希望者は思うように集まらない。

鳴海は、来年度の新入生が定員割れになったら自分が責任を取ると教師たちに宣言。
ちひろは、鳴海が京明館を辞めてしまうのではないかと動揺する。

しかし、柏木(風間杜夫)は鳴海の事を考え、樫松物産に戻って聡子と結婚した方がいいと勧める。
京明館への愛情を心に残しつつ、鳴海は樫松物産に戻ることを決意するが…。

 

10話感想

ついに最終回となった「『先に生まれただけの僕』」

最終回は個人的にも結構感動しました!

 

まず、今までいじわるをしてきていた加賀谷に櫻井校長が「学校を選ぶ」といって思いもよらず返答でくずれおちるところがスカっとしましたよね!

 

櫻井校長は校長になることによって、普段会社の仕事では得ることの出来ない人とのかかわりの大事さや、学生の素直さによって大きく分かりましたよね!

 

初めは「会社に戻る」っていっていたので、本当に戻ってしまうのかな~っと思っていましたが、学校に残るって行ったときは嬉しかったですね!

 

もう一つ、5角関係くらいだった恋愛事情も完璧に解消しましたね!

別れを告げられていた桜井校長でしたが、多部さんにプロポーズすることに!

 

結果プロポーズに成功して幸せに♪

櫻井校長にはいろんな選択が迫られていたけど、結果全て良い方向にむかって良かったですね!

 

スッキリした最終回となって良い作品でした♪

続編かSPドラマが楽しみです!

 

まずは無料からお試しください!

Huluへの登録はこちら

Hulu無料キャンペーンに登録する!

『先に生まれただけの僕』キャスト紹介!

鳴海涼介・・・櫻井 翔

真柴ちひろ・・・蒼井 優

島津智一・・・瀬戸康史

市村 薫・・・木南晴夏

矢部日菜子・・・森川 葵

後藤田 圭・・・平山浩行

河原崎孝太郎・・・池田鉄洋

及川祐二・・・木下ほうか

松原聡子・・・多部未華子

綾野沙織・・・井川 遥

郷原達輝・・・荒川良々

杉山文恵・・・秋山菜津子

加賀谷圭介・・・高嶋政伸

柏木文夫・・・風間杜夫

 

『先に生まれただけの僕』1話から最終回(10話)のネット上の反応と見どころ!

出展:https://www.youtube.com/watch?v=1BKQkeR5GOk

1話ネット上の反応!

2話ネット上の反応!

 3話ネット上の反応!

3話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕3話のみどころとしては「勉強が社会の役に立つのか?」ってところですね!

 

だれもが一回は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?

足し算や引き算、掛け算や割り算などの「算数」なら役に立つことはわかるのですが、関数や微分積分に関してはたしかにどこで使えのはなかなか想像できませんよね~!

 

しかし、勉強をしていけば頭がやわらかくなっていろんなことが考えれえるようになるんじゃないかなって思っています!

意味のないことはわざわざ学校でおしえるわけないですもんね~♪

 

総合的な能力を身に着けることによって自分の長所を発見できるかもしれませんし、結局は自分のための勉強なんですよね♪

4話ネット上の反応!

4話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕4話のみどころとしては「櫻井くんの演説」ですね!

 

校長としての演説でしたが、嵐として活躍している櫻井くん自身の心からの叫びにきこえました!

「何も行動していないやつにチャンスはこない!」

まさにそのとうりですよね。

 

アイドルになるためにジャニーズにはいって、しっかりとバックダンサーで下積みをして努力をしてきた櫻井くんの魂の叫びだとおもいました!

 

みどころちゃんもまだまだがんばらなければいけないことがたくさんあるので、明日からもがんばっていこうと勇気を貰いました!

とにかく、常に行動に移して失敗してもいいから少しでもチャンスをつかんでいかなきゃですね~!

 

5話ネット上の反応!

5話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕5話のみどころとしては「リアリティの誤差」ですかね!

 

学校という場所で社会人としての常識を出しているところが魅力のドラマですよね♪

社会人のくだりに非常にリアリテイィに溢れていて、「学校だとこんな感じになるのか!」って感じでいつも驚きと面白さがあります!

 

しかし5話では、生徒が妙に白々しくまったくリアリティがなかったのです!

これはには何か意味があったのでしょうか・・・笑

 

もしかしたらなにかしらのメッセージが組み込まれていたのかもしれません。

いつもと違ってリアリティの有り無しがはっきりしている回となっていました~!

6話ネット上の反応!

6話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕6話のみどころとしては「三角関係」!

 

初めから櫻井翔さんと部未華子さんは交際していた設定ですが、さらに蒼井優さんが櫻井翔さんのことを好きになっていきます!

まだ櫻井翔さんは気づいていない感じですが、今後どう蒼井優さんがアクションをとっていくかで変わってきそうですね!

 

今までそこまで恋愛の話が無かった分、今後はそういった櫻井翔さんの恋愛の話がでてくるかもしれませんね!

個人的にはそっち方面もかなり気になっているので楽しみです♪

 

7話ネット上の反応!

7話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕7話のみどころとしては「説得の演出」です!

 

卒業後にすぐ結婚しようとしている生徒にたいして、説得するシーンがあるのですが、そのときの演出が話題になっています!

 

最初は険悪で画面の色も暗く出演者やスタッフの名前が出てもEDも流れず無音だった状態で始まりだでした。

が、核心をついた台詞から突然画面の色合いが明るくなりそれに合わせて曲が流れだすという演出でした!

 

説得できたかどうか結論を直接的には分からずに終わったのですが、見せず音や色だけで伝えるの面白かったです♪

 

生徒の心が動いた、といのが分かったので嬉しかったです♪

 

8話ネット上の反応!

8話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕8話のみどころとしては「脚本の素晴らしさ」です!

 

毎回いろんな生徒がでてくるわけですが、綺麗事すぎず過酷すぎず、その子の目指している夢と現実の問題の中間点をしっかり認識させてあげれる素晴らしい脚本だと思います!

 

一つ一つのセリフもしっかり腑に落ちる言葉ばっかりですし、こういった教育の現場は子供にとっても将来的に良い影響になりそうですよね~!

 

そんな中でも、クスっと面白いところもたくさんありますし、櫻井校長の恋愛の行方もかなり気になりますよね笑

 

素晴らしいドラマですが、視聴率の伸びがわるいのが不思議なくらいです!

9話ネット上の反応!

 

9話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕9話のみどころとしては「櫻井校長が何を選ぶか」ですね!

 

最終回に近づいてきた先に生まれただけの僕ですが、初めは「ただの会社員が校長になった」というところからはじまりましたよね!

最後には「会社員にもどるのか」「校長としていきるのか」の決断がきそうですね~!

 

会社員にもどれば出世コースに乗れそうですが、校長として学校をよりよくしていく楽しみもわかってしまったのではないでしょうか!

会社では受けることの出来ない、保護者からの感謝や先生からの信頼、櫻井校長にとってはかけがえの無いものになったのではないでしょうか。

 

初めの頃の経営者の考えから教育者の考え方にすこしずつなってきているので、このまま校長として生きていって欲しいところ!笑

あと、多部ちゃんもしっかり見て幸せにしてあげほしい!

 

 

10話ネット上の反応!

 

10話みどころを紹介!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ!

先に生まれただけの僕10話のみどころとしては「櫻井校長の選んだもの」ですね!

 

ドラマが始まった当初は学校の行事や恋愛のこともバタバタしていて、とにかく目の前にあるものを解決するのに必死でしたが、最終回に近づくにつれて、櫻井校長が選ぶべきものが出てきて櫻井校長の選択がどうなるのか、ってなっていきましたよね!

 

校長になって学校に残るのか、会社に戻って出世するのか、どちらでもありえましたよね!

また、多部さんとこのまま別れて蒼井優さんと付き合う道だって十分にあったと思います!

 

そんな中、学校を多部さんを選ぶというハッピーエンド♪

いろんな意味でスッキリした最終回となりました!!

 

学校という会社とは大きく違うところで大きな成長をしていく櫻井校長がとても面白い作品でしたよね!

会社と学校って意外と似てるところあるんだぁ~とも思えて面白かったです!

 

『先に生まれただけの僕』動画1話から最終回(10話)全話高画質で見るならHulu!

わかさん(@wakamimi_s)がシェアした投稿

私も利用していてオススメのサービスが 『Hulu』 です!

「Hulu」は月額933円の定額制ですが、初めの二週間は無料となるキャンペーンが実施されています!

 

また他の動画サービスでは、登録後に追加料金が結構かかったりしますが、「Hulu」では月額料金さえ払えば追加料金が無く配信されている動画全てを好きなだけ見放題となっています!!

 

ただ、Huluの2週間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうか分かりません・・・。

キャンペーンが終了してしまう前の登録をおすすめします♪

 

まずは無料から動画を見放題して体験しましょう!

Huluへの登録はこちら

Hulu 2週間無料トライアルに登録する!

 

まずは無料から、一度この便利さをあじわってみてくださいね♪♪

Huluの2週間無料トライアルの登録はこちらから!

お申し込みはこちらをクリック!