ピコさん(歌手)が末期腎不全という病気で治療に専念するため、一時休止することを発表されましたね!

ニコニコ動画で歌い手から人気を集め歌手となったピコさん。

お若いのに末期腎不全とはとても可哀想です。

色々治療はされたそうですがどれも効果でずだったみたいですね。

今回はピコさんがかかってしまった末期肝不全という病気について、そしてその治療方法についてまとめていきたいと思います。

早く治って欲しいですね!

スポンサードリンク



ピコ (歌手)の末期腎不全とはどんな病気?

腎臓の障害がゆっくり(一般的には数年単位)と進行します。

ピコさんの場合も10年かけてゆっくり悪くなっていったようです。

腎不全が悪化した事を末期腎不全と言います。

末期腎不全にまでなると腎臓の代わりとなる治療(腎代替療法)が必要となります。

このような症状と、もうすぐそうなる場合も末期腎不全と診断されます。

腎不全の症状とは?

朝起きた時の瞼やお風呂に入る時の足のむくみ、運動の時の動機・息切れが代表的。

ピコさんの場合は長時間動くことに異常な疲れを感じ始めましたというところでした。

 

腎臓はみなさんがご存知の通り、体の中の老廃物と余分な水分を尿として体外へ出してくれるところです。

腎臓の機能が悪くなると、体内に過剰な水分が残ってしまい、体重が増えてむくみになってしまうのです。

 

症状が進むと肺にまで水がたまったりして寝ると咳が出たり息苦しくなったりもします。

肺に水が溜まるなんて怖いですね;

それに、腎臓は造血ホルモンを作っていたりもします。

腎臓の働きが悪くなると知らない間に貧血になって、やがて階段などで動機・息切れを自覚するようになるんだそうです。

 

他には老廃物の蓄積により、頭がボッーとしたり、食欲不振や吐き気、息の異臭などをきたすこともあります。

他の病気にも間違えそうですね;

それとストレスかな?ピコさんのようにツアー疲れかな?五月病かな?気圧のせい?と感じるとゆっくり休もうかなと思うだけで思い病気だなんて気付けないですよね;

 

やはり症状が続く場合は早めに病院に行く事が大事ですね!

進行すると、血液中のカリウム濃度が高くなって、ついには心臓の働きにまで悪い影響が出るようになるそうなので腎不全は怖い病気です。

ピコ (歌手)の末期腎不全の治療方法とは??

腎不全の治療は血液透析が主流です!

血液透析とは機械に血液を通し、血液中の老廃物や不要な水分を除去し、血液をきれいにする方法です。

一般的な血液透析の場合、1週間に2~3回程度、透析を行う施設に通いだいたい4時間以上をかけて血液を浄化します。

ピコさんの場合も人口腎臓による血液透析を週3回治療されていましたね!しかしピコさんの場合それが効果がなかったそうです。

血液透析は基本的には痛みがなく、動き回ることはできませんが、テレビを見たり、患者さん同士でお話ししたり出来るそうです。

しかしピコさんの場合は末期腎不全。

腎移植が必要になってきます!血液透析に比べ腎移植が成功すればより健康に近い暮らしが実現できます。

基本的には腎提供者(ドナー)が必要になってきます。

今回ピコさんの的強者は両親だそうで、本当に良かったですね!

スポンサードリンク



ピコさんの場合扁桃腺が腎臓に悪影響を及ぼしている!?その治療方法とは?

腎臓が悪いのに、なぜ離れたところにある扁桃腺を摘出するの?と思いますよね。

扁桃腺を含む口腔内感染が、IgA腎症を起こす異常なIgAが産生されると考えられていて、その原因を除去するために行うそうです。

約半年に渡って耳鼻科に入院して治療をします。

扁桃腺を摘出する前にステロイドパルス療法を行い、扁桃腺摘出術を2回目あるいは3回目のステロイドパルス療法に合わせて2~6か月後に施行します。

退院後はプレドニゾロン5mg錠を4~6錠(20-30mg)を1日おきに半年間内服し、その半年の間にさらに2回パルス療法を入院して行います。

3回目のパルス療法終了後、4錠のプレドニンの隔日投与から再開し、1週間おきに1錠ごと減量し、1か月後にはステロイド治療は終了します。

ステロイドパルス療法とは?

大量のステロイド薬(メチルプレドニゾロン500~1000mg)を1回2~3時間、3日間、点滴します。
耳鼻科の扁桃腺摘出後は一度退院し外来にて問題ないのを確認の上、再入院して行います。いは3回目のステロイドパルス療法に合わせて2~6か月後に施行することもできます。

扁桃腺を摘出した後にステロイドパルス療法はすでに血中に存在する異常IgAや腎臓に沈着しているIgAを抑えるとともに、糸球体で起きている炎症も抑制する効果があります。

 

ピコ (歌手)さんからのメッセージ

ご無沙汰しております。

ピコです。

 

長々と発信がなく、ご心配をおかけしました。

 

まずは現状の説明からさせてください。

 

今年の3月下旬ごろから体調が芳しくなく、5月頃からは長時間動くことに異常な疲れを感じ始めました。

最初はアルバム制作やツアー疲れかな?五月病かな?気圧のせい?と、あまり気にしないようにしていたのですが、6月に入っても症状が改善しない為、何かおかしいと思い、親に相談したところ、腎臓が弱っている時の症状と似ているとのことで、受診しました。

下された診断は「末期腎不全」。

明確な原因は不明ですが、10年ぐらいかけて徐々に悪くなっていった為、気付くことができませんでした。

 

その後、専門的な病院でセカンドオピニオンを受け、緊急入院という形で6月末から現在入院中です。

 

人口腎臓による血液透析を週3回しながら、投薬治療も試しましたが、残念ながら効果は無く、先日「内シャント設置術」という、維持透析に必要な手術を受けました。

 

今後のことについてですが、前述したとおり、継続的な治療が必要になります。

扁桃腺が腎臓に悪影響を及ぼしている事が分かったので、その摘出手術をする予定です。

あと、本当にありがたいこ事に、両親が腎移植のドナーになってくれる予定で、型が合えば問題なく移植が出来るとのことです。

 

移植が上手くいけば、活動の幅は今よりも格段に広がります。

迷惑ばかりかけて、臓器まで貰うことになって、情けない息子で申し訳ない気持ちでいっぱいですが、早く元気になって、何倍にもして恩を返したいと思います。

 

病状が安定していない状況なので、しばらくライブやイベントはお休みさせていただきますが、今後はやれる事を少しずつやって行こうと思っています。

SNSは引き続き更新しようと思いますので、覗いてくれると嬉しいです。

最後に僕の気持ちを話させてください。

今回このようなことになってしまって、お知らせも遅くなってしまって、告知されているイベントの出演もできなくなり、楽しみにしてくださっていたみなさんま、本当に申し訳ありません。

 

診断を受けた時、最初は頭が真っ白になりました。

真っ白になった後、色んな思いが溢れてきました。

 

この先どうしていこう。なんでもっと早く気付けなかったんだろう。

もう歌えないかもしれない。

 

人生で初めて絶望を感じました。

 

でも、どうしても諦めたくない自分がいました。

 

このまま終わりたくない。

叶えられていない夢だってたくさんある。

またみんなの前で歌いたい。

 

日が経つにつれて、そう思うようになりました。

 

そんな中、ファンのみんなからの心配や応援のメッセージ、本当に嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

また、友人からも連絡があったり、お見舞いに来てくれたりして、元気づけてくれて、待っているから絶対戻ってきてねと言ってくれて…本当にありがとう。

 

少しの間みんなと会えなくなるのは寂しいですが、今は病気と向き合い、精一杯治療に専念します。

そして必ず戻ってきます。

その時まで待っていてください。

 

またステージでみんなに歌を届けて、騒いで、笑って、びっちょんこになって、ブスになって、最高の瞬間を迎える為に、頑張ります!!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

2019.8.15  ピコ

ピコ (歌手)の末期腎不全とはどんな病気?その治療方法とは??まとめ

  • 末期腎不全とは腎不全が悪化したら言われる病気。
  • 腎不全はゆっくり数年かけて悪くなっていく。ピコさんは約10年
  • 腎不全の症状は朝起きた時の瞼やお風呂に入る時の足のむくみ、運動の時の動機・息切れが代表的。
  • 血液透析腎不全の治療方法は血液透析と腎臓移植。(腎臓移植はドナーが必要だが回復すれば健康に近い暮らしが実現可能)
  • ピコさんの場合扁桃腺が腎臓に悪影響を起こしていた為、扁桃腺の摘出手術を行う。
  • 扁桃腺の摘出手術は半年ほどかかるが回復は個人差である。

 

歌手なので扁桃腺を摘出するというのはとても辛い決断だったでしょう。

また素敵な歌声がピコさんから聞けるように、応援したいですね。

帰ってくるのをお待ちしております!

 

スポンサードリンク