現在増え続けているという「孫ブルー」にかかる方。

そもそも孫ブルーとは何なのか、今までに無かった言葉だけに想像が付かない部分もありますね。

 

そこで、孫ブルーとは何なのか詳しく見て行きたいと思います!

 

子共や孫との距離感を上手く保ち、両方を大切にしながら自分の人生もしっかり充実させたいですよね。

そんな思いを叶える為、孫ブルーとさよならするにはどうしたらよいのか、考えて生きましょう!

 

孫ブルーとは?

「マリッジブルー」や「マタニティブルー」という言葉はだいぶ浸透していきましたよね。

結婚前や出産前の女性になることが多く、今後の生活や将来のことを考えて憂鬱になってしまうことですね。

 

では「孫ブルー」とはどのような気持ちになることなのでしょうか?

新しい表現ですよね!

 

孫ブルーとは

「孫によって自分の時間が無くなってしまうのではないかと心配になる」

 

とのことですね。

最近では女性の社会進出も進んできており、共働きの家族も多くなって来ましたよね。

 

そんな中、子共を保育園に預けることができなかったり、急な幼稚園や学校の休みに対処できない状況も少なくありません。

そこで多くの家族では「おばあちゃん」や「おじいちゃん」が子共を預かり、面倒を見ることが多くなってきているようです!

 

もちろん、孫はかわいいですし進んで孫の世話をして可愛がってあげたいと思う方もいるでしょう!

しかし、中には子育ても終わり落ち着いたところでまた孫の世話がはじまるのか、と憂鬱になってしまう方も多いようです。

 

そんな本音を伝えることはできないし、子共の手助けもしてあげたいという矛盾した気持ちでさらに「孫ブルー」が加速してしまっている現状なんだそうです!

 

孫ブルーの体験談は?

実際に孫ブルーを体験している方の体験談を聴いてみたいと思います!

 

「孫に人生を捧げることになるのか不安になりました」

「おばあちゃんと言われることに違和感を感じずにはいられません」

「保育所みたいに思われているみたいで嫌です」

 

等々ですね。

 

孫を育てるためにこんな本もよく読まれているみたいですね。

子育てが終わって一息したらまた子育て、といった感じで自分の人生を人のために使っているような思いになる方も多いようですね!

子育てが終わり、第二の人生を楽しみたいという気持ちが強いようです!

 

孫ブルーに関して多くの方の声を代表して代弁している河村都さん。

NHK「おかあさんといっしょ」の出演経験もある方なんだそうです!

 

河村都さんも孫ブルーを経験しているようですね。

そこで子共と3つのルールを決めて、上手く距離感を保っているそうです!

 

そのルールとは

・祖母のリビングに孫のおもちゃを置かない
・夜20時以降は手伝わない
・訪問は事前にメールで都合を聞いたうえでノックをする

 

の3つですね。

 

自分の場所や時間をしっかり大切にした上で孫も大切にしたい、そう願ってルールを作ったそうです。

子育てで多くの我慢をしてきたわけですから、人段落したらある程度は自分の時間を作って楽しみたい気持ちはわかりますよね!

 

両方を大切にすること、が今後重要になってきますよね!

孫ブルーに対しての意見は?

多くの方が掛かっているという「孫ブルー」。

子共は「孫はかわいいでしょ」と勝手に思い勝ちですが、実は体力的にもきつかったりしますよね。

 

家事に仕事に大変だし子共も大変!ということで子共をおばあちゃんに預ける方もいるのではないでしょうか。

おばあちゃんに子共を預けたとしても大変さは変わりませんし、3時間が限界との意見も多いですね!

 

そんな「孫ブルー」に関して、実際どのような意見があるのか見て行きましょう!

等々。

始めは驚いたけど、よく考えたら納得する方が多い印象ですね。

 

今までそこまでメディアに取り上げられなかった内容だけに考えさせられる内容となっていますね。

おばあちゃんに預けること事態が「ダメ」なのではなく、上手く距離を保ち甘えすぎないことが大切なようですね!

 

孫を立派に育て上げることも親孝行の一つなのかもしれませんね!

子共や孫との距離感を大切に孫ブルーとさよならしましょう!

「孫が生まれたら最高に可愛がってあげよう!」と思っていても、いざ孫が生まれたら孫ブルーとなる方も多いようですね。

そんな自分の重いとは裏腹な孫ブルー。

 

子共や孫との距離感しっかり考えてお互いに自立した生活を送るために考えていかなければなりませんよね!

そこでおすすめするのが

 

「子や孫にしばられない生き方」

 

今までなかなか声に出せなかった意見や内容がかかれており、おばあちゃん世代には共感できることが多い内容となっています!

これを機に子共や孫との距離感の大切さに付いて触れ、話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

「子共を助けてあげたいけど、体力的に辛い」

「孫を可愛がってあげたいけど、自分の時間も大切にしたい」

 

等々、悩みは多いと思います。

 

そんな悩みの種である孫ブルーとさよならしませんか?

是非一度手にとって読んでみて下さい!