夏になると心配になるのが熱中症。

外に居る場合にのみなるものではなく、室内に居ても車の中でも思わぬところで熱中症にかかる危険性はあります!

 

熱中症はどのような症状なのか、しっかり理解しておきましょう。

また、熱中症にならないための対策も覚えておき、予防していきましょう!

 

塩分を取るためにアメでも補給できますし、それぞれどのように簡単予防ができるのか紹介していきます。

水分と塩分のバランスも理解して熱中症にならないように心がけましょう!

スポンサードリンク



熱中症の症状とは?

熱中症という名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはどのような症状のことを指しているのか、詳しくは知らないという方も多いようですね。

「熱くて体調不良なら熱中症」等、ハッキリどどのような症状なのかは、なかなか知る機会もないかも知れませんね。

 

そこで、熱中症とは実際にどのような症状のことを指すのか、詳しく解説していきたいと思います!

 

・めまいがしたり、顔のほてったりする

目の前はゆらゆらゆれたりして「めまい」を引き起こしていたら熱中症になっています。

顔が赤くほてっていたら確実ですね。

 

意識が朦朧として、腹痛も伴う場合もあるようですね。

 

・筋肉が痙攣して痛くなる

筋肉がピクピク痙攣しだしたら熱中症になりかけています。

筋肉がカチカチに堅くなったり手足がつる、なども起こります。

・体のだるさや吐き気が起きる

体が重くなり、思うように動かなくなります。

頭痛も起こり、何かを食べてもすぐ吐いてしまいます。

 

・汗が以上に出る、でない

体はそこまで熱くないのにひや汗がとまらない、もしくは体は熱いのに汗を一滴もかいていないなど、汗のかきかたに以上が起こります。

 

・体温が以上に高い、皮ふが赤くなる

体温が異常に高くなり、触ると明らかに熱い状態になります。

また、皮膚の一部が赤く乾いている状態も熱中症のサインとなっています。

 

・呼びかけに対して返答が上手くできない、歩けない

誰かの呼びかけに対して明らかに意味不明な回答を答えてしまう場合、かなり危険な状態といえます。

その場合歩けなくなったり、歩けたとしてもフラフラ歩いてしまう状態となっています!

 

体が痙攣してひきつけを起こす可能性もあるので大変危険です!

 

・水分補給が自分で出来ない

意識は完全に朦朧としており、自分で水分補給すらもできない状態

話すことも歩くことも、なにも出来ない状態となってしまいます。

 

無理やり水を飲ませると溺れてしまうのでやめましょう!

 

以上の7項目。

しっかり熱中症の症状を理解しておきましょう!

・熱中症の対策は?

スポンサードリンク



子共から大人まで全てに方がかかる危険性がある「熱中症」

だれもが油断したら危険です!

 

では、そんな危ない熱中症に対して、どのような対策を取っていけば良いのか、対策や予防方法について見ていきましょう!

 

・しっかりとした体作り

一番大切になるのが、しっかりとした体作りとなります!

毎日ちゃんと朝起きて、ご飯を3食しっかり食べて、夜更かしせずに早めに寝ましょう!

常に健康であることを意識していればおのずと体も強くなっていきます。

 

次に大切になってくるのが「水分」と「塩分」

暑い中にいると汗をかくと思いますが、汗をかいた分水分と塩分は消費しています!

常に水分補給や塩分の補給が出来るようにしておきましょう!

 

炭酸飲料やジュースばかり飲んでいたら塩分は足りなくなってくるのでスポーツドリンクや、塩アメをなめて簡単な予防をしていきましょう!

 

・暑さ対策をする

体つくりも大切ですが、身の回りの環境を整えるのも大切です。

日中は室内でもクーラーを使用しない場合40℃を超える可能性もあります!

そんな中我慢して過ごしていたら熱中症になる可能性は高くなってしまいます。

 

クーラーや扇風機があるのなら体調のためにも使っていきましょう!

気温計と湿度計を置いておいて常に把握して調整しておけば完璧ですね。

 

外へ出る際には速乾性や吸収性のある肌着をきて汗で体温が調節できなくなる状態を防いだり、帽子などで直射日光をさけるようにしましょう。

 

首を冷やすのは大変効果的なので、タオルをぬらしてまいたり、ネッククーラーを装備して体温を下げるといいですね!

 

・体調を知る

現在の自分の体力や、体調をしっかりと把握して、こまめに休憩をとるようにしましょう!

無理をしないのが一番ですね。

 

Webで公開されている「熱中症指数」をこまめにチェックして「現在は危険なのか、そうでないか」を認識しておきましょう!

 

毎日必ず対策をとって熱中症を予防していきましょう!

・熱中症の予防!水分と塩分のバランスも紹介!

意外と難しいのがこの「水分」と「塩分」のバランス!

炭酸飲料やフルーツジュース、コーヒーやスポーツドリンクなど、多くの水分を取る中で「塩分」は意外と考えない方も多いようですね。

そんな油断から塩分不足により、熱中症になってしまう方も多いようです!

 

水分と塩分のバランスは

「水分に対して塩分の割合は0.1~0.2%」

 

と言われています!

血液や汗の中には約0.9%のナトリウムが含まれているといわれており、このバランスが狂えば狂うほど人間は体調を崩してしまいます!

 

水分ばかり取りすぎると熱中症になってしまい、

逆に塩分を取りすぎると脱水症状に陥り危険な状態になってしまいます。

 

適度に水分と塩分のバランスをとって体調を調節していきましょう!

スポンサードリンク