12月15日から年賀状の引受が開始されました。

12月というと年末年始に向けてなにかと忙しく、年賀状も後回しになってしまいがちですが、やっぱり年賀状は元旦に届くと嬉しいですよね!

 

では、年賀状はいつまでに投函すれば元旦に届くのでしょうか?

今回は、2019年の年賀状を元旦に届けるにはいつまでに投函したらいいのか、期限までに出せなかった場合にはどうなるのかについて調べてみました!

スポンサードリンク



年賀状を元旦に届けるには?

2019年 年賀状 元旦 届ける 期限 出せない どうなる

年賀状というと、年始の挨拶にと毎年のように形式的に送られるハガキですよね。

普段はメールや電話で連絡を済ませている人でも、年賀状は出しあっているという人も多いと思います。

 

郵便局も、大量の年賀状を処理するのに大忙しです。

 

そのため、元旦に年賀状を届けたいのであれば、この日までに投函してくださいというのが日本郵便の方から決められています。

日本郵便のHPには、年賀状を元旦に確実に届けるようにするためには、12月25日までに投函するようにと記載されています。

 

2019年の元旦に確実に年賀状を届けたいのであれば、2018年12月15日~25日までの間に投函すればいいということですね!

12月25日のポストの最終集荷時間をチェックして、その時間よりも前に投函するようにしましょう!

 

12月15日以前に出してしまうと、普通郵便として普通に今年中に送られてしまうこともあるようなので注意しましょう。

 

期限までに出せなかった場合はどうなる?

2019年 年賀状 元旦 届ける 期限 出せない どうなる

12月25日までに出さないといけないとは分かっていても、12月はなかなか忙しくて年賀状の準備ができない!

25日までに間に合わなかった!という場合にはどうなるのでしょうか?

 

元旦には届かないのか?というと、全く元旦に届かないというわけでもないようです。

日本郵便のHPには、12月26日~28日に投函された年賀状でも出来る限り元旦に届けるように取り組んでいくとの記載があります。

 

集荷の状況や、送り先などによっても状況は変化するようですが、遅れても元旦に届く可能性がある!ということですね。

しかし、確実に元旦に届くという保証はなくなってしまいますので注意しましょう。

スポンサードリンク



元旦に届かなかった年賀状はいつ届く?

2019年 年賀状 元旦 届ける 期限 出せない どうなる

郵便局は、元旦の日は年賀状を配達しなければならないので配達に回っています。

しかし、2017年からは1月2日の配達をやめてしまっています。

 

ですから、元旦に届かなかった年賀状は、早くても1月3日に配達されるということになりますね!

1月3日じゃ遅いよ~!と思う人は、急いで年賀状を投函しましょう!

 

年賀状を2019年の元旦に届けるには?期限までに出せないとどうなる?まとめ

2019年 年賀状 元旦 届ける 期限 出せない どうなる

普段手紙を書かない人や連絡を取らない人でも、年賀状だけは書く!という人も多いです。

年に一度のご挨拶、しっかりと相手に届けたいですよね。

 

元旦の朝に年賀状が届くと、嬉しいですよね♪

年賀状を出すぞ!と決めていて元旦に届けたい!と思っている人は、12月25日までにポストに投函するようにしてくださいね!

 

来年は、平成最後の年賀状になります。

記念として、普段は年賀状を出さないよ~という人も、是非書いてみるのはどうでしょうか?

 

年賀状を送ってHAPPYなお正月を迎えましょう(*^^*)

スポンサードリンク