Superflyとして活躍する越智志帆さんが2018年4月17日に、フジファブリックの金澤ダイスケさんと結婚することを発表しました!

急な結婚ということで、多くのファンも驚きを隠せません。

 

結婚に対するSuperfly(越智志帆)さんのコメントや、馴れ初め。

今後の活動やネット上の反応まで詳しく見て行きましょう!



Superfly(越智志帆)が金澤ダイスケ(フジファブリック)と結婚!

2016年6月から体調不良のため歌手としての活動をお休みしていたしていたSuperfly(越智志帆)さんですが、17年11月の「Superfly」デビュー10周年記念コンサートにて、復活。

 

お正月の「第68回NHK紅白歌合戦」にて出場しテレビ復帰をしています!

復帰を望むファンの方も多く、多くのファンに見守られながらの復活でSuperfly(越智志帆)さんもよろこんでいました♪

 

そんな中、2018年4月17日にフジファブリックの金澤ダイスケさんと結婚することを発表!

その際のコメントとしては

 

「突然のご報告となりますが、私Superfly 越智志帆は、フジファブリック 金澤ダイスケさんと結婚いたしました。穏やかで、思いやりがあり、とってもユニークな方です。」

 

とのこと。

また、ファンの方へのメッセージとして

 

出会って1年ほどですが、おじいちゃん・おばあちゃんになっても笑って楽しく過ごせる気がしています。これからの毎日、嬉しい事、楽しい事、悲しい事、苦しい事、、、色んな場面があると思いますが、陰ながらサポートしていけたらと思っております。環境は変わりますが、今まで以上にエネルギッシュな楽曲や歌声をお届けしたいと思っておりますので楽しみにしていてください。」

 

とのことです!

また、金澤ダイスケさんのコメントとしては、

 

「驚かせてしまっていると思いますが、はっきり言って僕も驚いています。思えば38歳、気がつけば38歳、いろんな事があるものです。志帆さんは、誰からも愛される、聡明で人間的にとても尊敬できる方です。これからの長い人生、更に気を引き締めていかねばと思う次第です」

 

と述べていました!

Superfly(越智志帆)と金澤ダイスケ(フジファブリック)の紹介!

 

Superflyとは、2004年にてヴォーカルの越智志帆さんとギターの多保孝一さんにより結成された音楽ユニットとなっていますが、2007年より多保孝一さんが脱退してソロユニットとなっています!

 

Superflyさんと呼ばれることが多いですが、本人は越智志帆さんという名前で今も活動しています!

4thシングル「愛をこめて花束を」にて大ヒットして、一躍人気ソロシンガーとなりました!


フジファブリックは、日本のロックバンドで、

山内総一郎(やまうち そういちろう)ボーカル、ギター

金澤ダイスケ(かなざわ だいすけ) キーボード、コーラス

加藤慎一(かとう しんいち) ベース、コーラス

の3人をメインに音楽活動しているバンドです。

 

キーボードの腕は多くのミュージシャンから認められている凄腕のプレイヤーだそうです!


スポンサードリンク



Superfly(越智志帆)と金澤ダイスケ(フジファブリック)の馴れ初めは?

2人が知り合ったのはちょうど一年前くらいとのこと。

一年前ということで、”活動休止中”に知り合ったということになりますね!

 

Superflyさんはソロユニットということで、バックミュージックとしていろんなかたとコラボすることが多いので、もしかしたら金沢ダイスケさんととも共演しており、お見舞いに行ったことをきっかけに交際がはじまったのではないでしょうか!

 

現在妊娠の有無はわかっていませんが、急な結婚ということで、すでに妊娠しているのではないか、と言われています。

ミュージシャン同士の結婚ということでお子さんも音楽家になりそうでたのしみですね♪

Superfly(越智志帆)が金澤ダイスケ(フジファブリック)と結婚のネット上の反応!

スポンサードリンク