眞子さまの婚約会見は九州豪雨の被害により2ヶ月延長されている現在。

話し合いにより「9月3日」に婚約会見を行うことが決定されたようです。

 

そんな中、雅子さまに対して婚約会見にるいて違和感がある、との声が続出しているようです!

その理由や原因は何なのか、詳しく見て行きたいと思います。

スポンサードリンク



雅子さまに婚約会見で違和感の声続出!

眞子さまの婚約が決まり、それに向けての準備を行っている雅子さま。

そんな中、婚約会見で違和感を感じるとの声が続出しているとのことです。

 

どうやら雅子さまは9月2日、3日に行われる「国民文化祭」に向けて日々の予定を調整中のようですね。

国民文化祭は雅子さまにとっても大切な行事であるようですね。

 

このような記載をされていました!

「国民文化祭は『皇太子の八大行啓』の1つに数えられるもので、大変重要な公務に位置づけられています。雅子さまは7月に1泊2日で秋田県へお出ましになりましたが、4月のマレーシア訪問や6月に石川県で行われた『みどりの愛護』のつどいへの臨席、同月のデンマーク訪問といった“宿泊を伴う公務”を立て続けに見送られてきただけに、大変注目が集まっています」

 

重要な公務のようですね。

 

9月2日、3日は国民文化祭に参加されることは確実のようです!

9月3日といえば眞子さまの婚約会見の日でもあるので、違和感を感じた方が多いようですね。

雅子さまに婚約会見で違和感のその理由や原因とは?

スポンサードリンク



国民文化祭と眞子さまの婚約会見、共に9月3日に行われるということになりましたね。

一見仕方がないことのように見えますが、そもそもなぜ婚約会見が9月3日に決定したのか気になるところですね!

 

その理由とは

「9月3日になったのは、両陛下と秋篠宮ご夫妻のご予定や、9月12日の佳子さまの英国留学へのご出発前という事情を考慮したからだそうです」

 

と報じられていました!

つまり、雅子さまが国民文化祭がある日に婚約会見を選んだとも取れるようですね。

 

”あえて日にちを重ねたのか”とも噂になっており、違和感ががあるとの声がでているようですね!

しかし、調べてみるとこんなことも分かりました!

 

「眞子さまの伯父である皇太子さまは、婚約内定の手続きには直接的には関係しません。会見が皇太子さまをはじめとした他の皇族方の公務と重なってはいけないという決まりもありませんから、形式的には問題はないのです。一方で、メディアや国民の関心の集まる雅子さまのお出ましとあっても、一生に一度の慶事ですから、ニュースなどでの扱いは必然眞子さまの婚約会見のほうが大きくなるわけです。まさにそれが問題で、皇太子ご夫妻の重要な公務の日に眞子さまの婚約会見が重なったことに、“皇太子ご夫妻をないがしろにしているのではないか”という声が噴出しているのです」

 

婚約会見に関しては雅子さまが出席する義務はないようですね。

形式的には問題ないようです!

 

佳子さまの英国留学へご出発なさる前に仕方なく9月3日にしたのかもしれませんね。

佳子さまもいずれは通る道になるかもしれないので、親として雅子さまは見せてあげたかったのではないでしょうか!

 

眞子さまも佳子さまも大変仲の良い姉妹なので佳子さまの意思が強かったとも思えますね。

違和感の声はありましたが、仕方が無かったことだと思いますね。

雅子さまが眞子さまと最後の思いで作りへ!

国民文化祭の日と眞子さまの婚約会見が被ってしまいましたが、秋篠宮さまと雅子さまが眞子さまのことをとても大切にしていることは全国民がしっていますよね。

 

秋篠宮さまは8月23日までハンガリー・ブダペストへ足を運ばれていたようですが、娘である眞子さまも一緒に訪問なさったそうです。

「家畜の飼育施設などそれぞれの研究分野を視察」や「民族博物館の訪問」などの業務となっていましたが、秋篠宮さまが大切な眞子さまとの思いで作りでもあったようですね。

 

眞子さまが婚約なさったのは嬉しくもあり、寂しくもあるのではないでしょうか。

今後は父娘で業務にて訪問することも無くなるかもしれないので、秋篠宮さまと眞子さまにとって大切な思い出になったと思われます!

 

雅子さまからは「違和感」ではなく、「娘たちへの愛」が満ち溢れておられました!

スポンサードリンク