産婦人科として働きながらもピアニストととしても活動している鴻鳥サクラ。

今回も赤ちゃんを産む手助けをします!

 

多くの感動を与えてくれて本当に素晴らしい作品!

最終回ではペルソナメンバーの今後の未来について描かれていきます!

そんな『コウノドリ2』動画1話~最終回(11話)を今すぐ高画質で視聴する方法について紹介したいと思います!

『コウノドリ』の動画1話~最終回11話を視聴する方法を紹介!

最近無料動画共有サイトではウィルスが原因で、個人情報が流出させられてしまったり、スマホやパソコンなどの端末の故障してしまったりという事象が多発しています。

 

また、そのような「著作権を無視」している動画は見ただけでも違法視聴となり、最悪場合2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科せられてしまいます!

 

そこで安全に動画を見るために私も利用しているサービスで「TSUTAYAディスカス」がオススメです!

DVDレンタルでも御馴染みの「TSUTAYA」ですが、現在放送中のドラマの動画の見逃し配信もやっており、非常に人気が高いです!

「TSUTAYAディスカス」では、現在入会から30日間無料お試し期間を実施しています!

入会金・送料・延滞金も0円となっているので、安心です♪

 

「TSUTAYAディスカス」について登録から解除の方法、特徴や口コミも詳しく解説しているので少しでも疑問がある方はこちらの記事から参考にしてください♪

TSUTAYAディスカスの登録方法から解除方法も解説!口コミや特徴徹底分析!

 

「TSUTAYAディスカス」で配信されている人気作品としては

『エイリアン:コヴェナント』

『君の名は。』

『心が叫びたがってるんだ』

『ワイルド・スピードシリーズ』

『スター・ウォーズシリーズ』

『フェリシーと夢のトウシューズ』

『ウォーキング・デッドシリーズ』

『スパイダーマンシリーズ』

等々。

数え切れないほどの作品が配信されています!

 

「TSUTAYAディスカス」はDVDで見たい方に特にオススメです!

”スマホで予約→郵便受けに届く→ポストに返却”とショップに足を運ばなくてもDVDをレンタルすることができます♪

 

まずは無料から試してみてはいかがでしょうか!登録はこちらからどうぞ♪

TSUTAYAディスカスの公式に移動する!

 

auの回線契約をしている方は「auビデオパス」もオススメです!

”auID”さえれば「TSUTAYAディスカス」よりも簡単に登録が可能になっています♪

 

「auビデオパス」も初回登録後、30日間無料キャンペーン実施中です!

「auビデオパス」は月額も562円と安く、毎月ポイントを配布しているのでかなりお得♪

 

「auビデオパス」の登録はこちらから!

auビデオパスの公式ページへ移動する

『コウノドリ2』の1話~最終回(11話)のあらすじや感想!

1話あらすじ

 

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。
島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思う。

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。
離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。
夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝える。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。2つの不安に挟まれてしまう。

さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

 

1話感想

父親が『大丈夫だよ俺も手伝うから』 の発言から、しのみや先生『手伝うんじゃないんだよあんたの子供だよ』が よく言ってくれた!って感じでしたね。

「みんな事情がある。赤ちゃんがいる人もいない人も、みんな何かしらの不自由を抱えてる」など、本当に納得でたり、共感できる言葉ばかりですよね。

 

やっぱり生まれるってすごいですよね。

人生が始まる瞬間は感動的ですよね!

 

志田未来さんの子供も無事うまれてよかったです♪

今後母親か子供かえらばなければならない出産もでてくるのでしょうか・・・。

 

今後の展開もきっと感動的だと思うで楽しみです!

2話あらすじ

 

ある日、診察に来た妊娠19週の妊婦・佐和子(土村芳)は、サクラ(綾野剛)に子宮頸部腺がんと診断される。
がんの進行が早く、まだ完全に佐和子のお腹の中で育っていない赤ちゃんをどの段階まで成長させるか、佐和子の治療をどこまで遅らせるのか、非常にシビアな決断が久保夫婦に迫る。

今回のがん手術で子宮が全摘出されると聞いた佐和子は、最初で最後のチャンスと知りどうしてもお腹の赤ちゃんを産みたい気持ちが高まる。
けれど、がんの進行は待ってくれない。産科医のサクラ、四宮(星野源)、下屋(松岡茉優)、新生児科の今橋(大森南朋)、白川(坂口健太郎)、それぞれの意見は対立し、緊張が走る。

果たして久保夫婦2人が出す決断とは──

 

2話感想

今回は子宮頸がんとあかちゃんの話でしたね。

がんの進行は無情にも進行していくなか、赤ちゃんへの副作用を心配する母親と、がんの進行を止めたい医者でどちらの意見もわかる、苦しい状況でした!

 

その2つの対立が四宮VS小松って感じでうまく表現できていて面白かったです!

子供を育てるのは父親だけでは苦しいところありますし、私は四宮の意見が正しいのかな、と思っちゃいましたね。

 

若い女性の方は本当にはやめに子宮頸がんの検査にいくべきだと思いました!

ちなみに、今回四宮の私服が解禁となり胸キュンでした(笑)

 

赤ちゃんが生まれるという奇跡の中で、いろんな苦難があるんだなぁと思わせてくれる素敵な回でした!

3話あらすじ

サクラ(綾野剛)の健診を受ける妊娠39週の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)。
素直な性格の麗子は、親や友人に言われた迷信をすぐに聞き入れてしまい、いつもサクラを困らせていた。この日、心臓病を抱える麗子に心臓への負担を考え、サクラは無痛分娩を提案するが、それに対しても麗子は周りの意見に左右されてしまい…

一方、無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)は、生後2ヶ月半を迎える赤ちゃん・みなみの心室中隔欠損の診察の為、新生児科を訪れていた。診察している間も、みなみの顔を見ずに自分の仕事復帰の話をする彩加を見て白川(坂口健太郎)は違和感を感じていた。
さらに、サクラと小松(吉田羊)は偶然、診察のあとの彩加と出くわす。そこでも泣いているみなみをあやす事なく歩く彩加。その姿に、サクラはある妊婦の姿を重ね合わせていた。

そんな中、みなみを預ける保育園が見つからず、思いつめた彩加は、赤ちゃんを病院の受付に残したまま姿を消す───。

 

3話感想

いろんなお母さんがいて赤ちゃんがいるのがよくわかりますよね。

人間、だれひとりだって同じ人はいないオンリーワンですね!

 

赤ちゃんが生まれた瞬間にお母さんとしては平等に1年生なわけですし、うまくはいかないですよね・・・。

分からないことだらけの中で、どうがんばって行くのかが大事なのだと思います!

 

麗子も彩加も母親としては不安定ですが、今後サクラのちからでどこまで成長できるかが楽しみです♪

4話あらすじ

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。
我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。

一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。

 

4話感想

今回の脚本は2話と同じ人のようですね。2話も面白かったですよね!

原作では旦那が「俺がちゃんと育児するから帝王切開にしてくれ!」ということで帝王切開になりましたが、ドラマでは「お母さん頑張ったし赤ちゃんのために帝王切開にしよう1」といった感じで若干ちがいましたね!

 

ちょっとした違いですが、個人的には旦那のセリフが聞きたかったところ!

 

あと、自然分娩と帝王切開で子供に対する想いって変わっちゃうのかなって考えさせられる内容でしたよね。

自分の子供は変わりないわけですし、10ヶ月もの間お腹の中で共にしてきたわけですし、そこはちょっと疑問でしたね!

 

子供には無条件の愛を注いであげたいですよね♪

母親といってもいろんな考えがあるんだなぁ、と本当に感じますね!

5話あらすじ

サクラ(綾野剛)の元に診察に訪れた妊娠27週の妊婦、西山瑞希。
診断の結果、切迫早産の可能性があり急遽入院することに。同じく切迫早産で入院している妊婦、七村ひかるの病室に小松(吉田羊)が瑞希を連れてくる。同じ境遇の2人はすぐに意気投合し仲良くなるが、そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が…

白川(坂口健太郎)が見ているベビーは下屋(松岡茉優)が3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太くん。翔太くんは早期に手術の必要があるが、両親は帝王切開になった経緯に納得出来ず、今橋(大森南朋)に手術をしないと告げる。

赤ちゃんと一緒に生活していく家族のため、下屋はある行動を起こす─

 

5話感想

涙で前が見えませんでした。

子供産むって、それ自体が奇跡なんだと改めて実感しました。

 

私も子供いますが、寝ている子供の顔を見に行って産まれてきてくれてありがとうって伝えました。

陣痛に耐えての死産の上、その赤ちゃんは戸籍に載らないなんて辛すぎますよね・・・。

 

だって、約9ヶ月は一緒にすごして来たわけですし、それはもう家族なんですよね。

お腹が動いたときは「喜んでる!」とか思いましたし、一緒に公園で遊んでる姿も、ご飯食べている姿も、将来大きくなったらなにになるのかな~とか、妄想してるわけですからね・・・。

 

そんな幸せな未来が一瞬で途絶えてしまうなんて・・・考えられません。

今回は本当に見ていてつらい内容でしたが、子供のことを大切に思うって改めて思わせてくれるそんな素晴らしい話でした!

 

コウノドリは見終わったあとも定期的に見直したい作品ですよね!

6話あらすじ

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。
この病院で唯一の入院患者のカエは、不安が募っていた。
下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていく。
患者に首をつっこみすぎじゃないかと言う白川(坂口健太郎)に下屋は、自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論するのだった。

そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、「週明けに検査する」とだけ返されて帰路につく。
ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。

なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった──。

 

6話感想

下屋がメインの話となりました!

同じ年で、同じ名前の患者さん「カエ」ですが、まさか亡くなってしまうとは・・・。

 

先週はあかちゃんが原因不明で亡くなりましたが、今回は検査していれば助かった可能性があるので辛いところですよね。

下屋もかなり仲良くなってたことから、さらに後悔は大きかったでしょうね。

 

それでも、再び産婦人科に戻ってきて母親と赤ちゃんを守りたいと思ったのに感動しました。

すぐに戻るのではなく、人命救助をしっかり学びに行く辺り本気さが伝わってきますよね!

 

さらに素晴らしい医師となって帰って来るのが楽しみですね!

7話あらすじ

突然、倒れた小松(吉田羊)。
心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。
しかし、詳しい検査を行うと、子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明。すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦めるのが本人の為だとサクラたちは考え、本人に伝える。
小松自身も全摘した方が良いとは分かっているが、踏み切れずにいた─。

そんな小松を支えるペルソナの仲間たち。
仲間が見守る中で、小松が出した結論は─

 

7話感想

前回からちょっとずつ痛みをこらえる小松がうつっていましたよね。

ついにその原因が変わりました。

 

それが「子宮腺筋症は」とのことですね。

ずっと無理して頑張ってきた小松に感動しました・・・!

 

サクラや四宮が頑張っているからこそ、なかなか言えだせなかったというのも辛いところですね。

その中で、「頑張っていない小松も好きだよ」って言葉、すごく感動しました!

 

サクラが小松を大切に思っていることがその一言で全部わかるし、なによりお互いのやさしさに泣けてきました。

子宮腺筋症は子宮を全摘出すればなおりますが、もう子供を生むことはできなくなってしまいます。

 

「子供がいる人生」と「子供がいない人生」は大きな違いはありますが、どちらも人生において優劣なんてありませんよね。

小松は子宮の摘出を決断したわけですが、決して独りになるわけではなく、仲間がたくさんいるのでさみしくないですよね。

 

嬉しくもせつない話となりました!

8話あらすじ

ペルソナで、吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名 星)。サクラ(綾野剛)や小松(吉田羊)と共に、新生児科医として白川(坂口健太郎)が寄り添っていた。
最近、新生児科医として経験が増えてきている白川は、同期の下屋(松岡茉優)に、全ての赤ちゃんを救うためにも、医者としてもっと上を目指すべきだと熱く語る。
しかし、そんな白川の最近の様子を見て今橋(大森南朋)は、自信がつき始めたことで周りが見えなくなってしまわないかと心配をしていた。
そんな矢先に、白川に重大な出来事が起こる。

ある日、四宮(星野 源)の妹の夏実(相楽 樹)から四宮の実家がある石川県の能登の町で、唯一の産科医として働いている四宮の父(塩見三省)が倒れたという連絡が来る。
急遽地元に帰ることになる四宮だが─。

 

8話感想

白川がメインとなった第8話。

人は順調にことが運んでいくとだれもが自信ついていくと思いますが、それを過信するのは危険ですよね。

 

白川は医療に成功してきたことによって、変な自信をもってしまい、自分の判断が全て正しいと思い込んでしまいます!

誰にでもあるミスなのですが、これが医療関係者となると人の命にまでかかわってきてしまいます。

 

コードブルーでもありましたが、「医者に次があっても、患者に次はない」ってところですね。

時には人を助ける仕事なのに、恨まれてしまうこともありますよね・・・。

 

本当に医療って難しい職場なんだなぁって思いました!

今回の白川のミスがあかちゃんの命にかかわるミスでしたが、無事に赤ちゃんは助かることが出来ました。

 

それは周りからの声だったり、行動だったりのおかげだったので、自信がついたとしても

周りからのアドバイスや行動は無視してはいけないと思いましたね!

9話あらすじ

過去2回流産をしている妊婦の篠原沙月がサクラ(綾野 剛)の元を訪れた。
不安そうに診察を受ける沙月。診断の結果、今回もエコーに映った胎児に心拍はなかった…。
3回目となった流産に不育症を自ら疑う沙月。現代医学でも、まだまだわからないことが多いこの病にサクラはどう向き合うのか。

一方、父・晃志郎(塩見三省)が再び倒れたと聞いた四宮(星野 源)。石川県能登に帰省した矢先、晃志郎が診察をしていた妊婦に早剥の疑いが。
一刻を争う事態の中、自らが執刀するしかないと言う晃志郎を見かねた四宮が、父に代わり緊急カイザーをする。

その頃、下屋(松岡茉優)は、救命の忙しない現場で患者の症状に対応できず、悔しい思いをしていた。
そんな中、36週の妊婦が緊急搬送される。下屋は産科時代の知識を活用し、緊急カイザーを提案するが…。

ペルソナ総合医療センターのサクラ、下屋、小松(吉田羊)、白川(坂口健太郎)、四宮、今橋(大森南朋)がそれぞれの思いを抱え、動き出す第9話─。

 

9話感想

2回流産しているという沙月。

3回目ともなればその辛さも3倍ですよね。

 

しかも、原因不明といわれてしまえばどうしようもないので苦しいところ!

四宮も「流産はめずらしくないことだ」と説明していますが、沙月は「1人目のことからわすれられない、母子手帳も捨てられない」とのこと。

 

妊娠しておなかに命がやどった事実は事実なので、わすれられないですよね!

サクラも行っていましたが、「忘れる必要もない」と私も思いますね。

 

出産に成功したから家族、という考えではなく、命が宿った時点でもう家族だと思います!

その分流産が苦しいのですけどね。

 

なにわともあれ、3人めの心拍は確認できたのでよかったですよね!

夫も妊娠している妻にたいして必死に励まして上げれるように頑張っていましたし、良い夫婦だなと思いました♪

 

ピアノを始めるあたり、不器用ながらも良い夫さんですよね笑

 

四宮に関しては、父親が倒れたためすぐにまた父の元へ!

父に代わって見事に帝王切開を成功させます!

 

このまま四宮は父を継ぐためにペルソナから移動しそうですよね~!

四宮とサクラの掛け合いが大好きなので、個人的には四宮はペルソナにいてほしいです・・・!

 

はやく下屋も帰ってきてほしいですよね♪

10話あらすじ

別のクリニックで出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野 剛)の元を訪れる。
透子と光弘に確定検査である羊水検査について説明するサクラは、お腹の中の赤ちゃんについて「二人で向き合い、決めていくことになる」と告げるが、動揺する透子と光弘に「これからのことを一緒に考えよう」と寄り添い支える。

一方で、サクラと今橋(大森南朋)は、出生前診断を受けたもう一組の夫婦、明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)のカウンセリングを行う。こちらの夫婦は羊水検査でダウン症候群との診断を受けていたのだ。サクラと今橋を前に明代は“ある決意”を告げる。
2組の夫婦の選択に、サクラはどう向き合い、どう寄り添っていくのか。
命について、思い悩むペルソナメンバーたちに、サクラは自らの“ある想い”を告げる──。

 

10話感想

出生前診断ということで、また辛いところのお話となりましたね。

今回は妊娠中に子供にダウン症の可能性がある夫婦二組が中心となりました。

 

最近では医療も進化してきて、生まれる前にいろいろと分かることもできますし、出産で助けることのできる命も増えましたよね!

だから起きる今回の問題なのですが・・・。

 

今の時代日本の平均年収も下がってきており、収入的にも、子供を育てるお金も厳しい時代になってきていますよね!

子供は欲しいけど、障害のある子供を育てられるほどの資産がない場合も多いと思います!

 

今回も弁当やを経営していてギリギリだったから、出産を諦めることに。

まるで命を間引いているかのように見えるのは辛いところですね。

 

ダウン症の子供は生まれてきて幸せなのだろうか、幸せにして上げれるのだろうか、不安になる気持ちもわかりますね。

また、出産した夫婦も幸せに過ごしていけるかも、不安だと思います。

 

この世に出来た命なので、もちろん生まれてきて欲しいけど、厳しい時代で、幸せになれないなら・・・という考えもわかりますね。

 

今回は見ていて本当に苦しい回でしたが、自分にもありえる話でしたし、しっかりと受け止めていかなきゃなrなあい内容だと思いました!

11話あらすじ

サクラ(綾野 剛)は、出生前診断でお腹の赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも、産むことを決意した透子(初音映莉子)と向き合っていた。まだ不安が拭えない透子に今橋(大森南朋)はある〝詩〟を教える。
一方、父・晃志郎(塩見三省)が亡くなり、「ペルソナを頼む」と告げて、地元に帰った四宮(星野 源)は、自らの今後について悩んでいた。そんな四宮の様子に気付いたサクラはとある人物と会わせることに。そして、学生時代からずっと共に過ごしてきた下屋(松岡茉優)と白川(坂口健太郎)に別れは訪れた。新たな研修先を見つけた白川がついにペルソナを離れることに。「寂しくない」と強がる下屋に白川がかけた思いがけない言葉とは─。

そんな中、小松(吉田羊)の同期である武田(須藤理彩)が出産の日を迎える。順調に思えた出産にまさかの出来事が…!?

 

11話感想

最終回も感動の話になりました!

白川と四宮、留美子までもがペルソナから旅立つ形となりましたね!

 

留美子については、独立するとは思っていなかったので驚きです!

母親と子供を見ていて、心のケア専門の医者になるということでしたね~。

 

たしかに、いつもお母さんを励ましているのは留美子ですし、適役だと思います!

サクラが赤ちゃんの生まれるサポートをして、緊急があれば白川と下屋がサポートにはいり、生まれたあとのサポートは留美子が。

 

といった感じで完璧な流れができますね!!

みんながみんな赤ちゃんのことが大好きで、命を必死にまもろうとしているのがわかります♪

 

また、四宮も四宮で父親の後をついで能登を子供の生まれない町にしないためにペルソナを抜ける決意しましたね!

コウノドリ1期からの仲間が離れ離れになってしまうのはさみしいですが、仲間であることはかわりませんし、いつかまた集まって成長をたしかめ合えそうですね!

 

また、ダウン症の子供についても考えさせられる内容となっていました!

「オランダへようこそ」とは面白いたとえですね。

 

たしかに、イタリアに行こうとしてオランダについてしまっても、オランダでしか見えない景色はありますし、楽しい事だってたくさんあるはずです!

 

イタリアでやりたかったことはできないかもしれませんが、それはそれで違う幸せがありますよね!

 

親と子供のステキな関係を再確認できてステキな作品でした!

『コウノドリ2』の動画1話~最終回(11話)を高画質で視聴する!


2期も大きな感動をとどけてくれた「コウノドリ」。

子供がいる方にとって身近な話ですし、医療関係の方にとっても興味のあるドラマだったのではないでしょうか!

 

そんな素晴らしいドラマである「コウノドリ」をもう一度一話から見直したい!最終回を見逃してしまったから見たい!という方も多いのではないでしょうか!

 

まずは無料から試してみてはいかがでしょうか!登録はこちらからどうぞ♪

TSUTAYAディスカスの公式に移動する!

コウノドリ2の1話~最終回(11話)の見どころを紹介!

出展:https://twitter.com/kounodori_tbs

1話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

なんといっても見どころは「命が生まれる瞬間を感じること」でしょう。

一人の命が誕生する、ということはいつみても感動的ですよね。

 

コウノドリでは未熟児や緊急を要する出産など、多くの出産のケースをみることができます!

人が命をどう守っていくのか、そこにある感動のドラマは涙なしではみられません。

 

自分が出産した経験がある方などは、その命が生まれる瞬間の奇跡をもう一度思い出す方も多いのではないでしょうか!

その時は一生懸命で周余裕が中田かもしれませんが、コウンドリを遠して「こうだったんだ!」と思えるのも良いところですね♪

2話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

2話のメインテーマとしては、子宮頸がんと赤ちゃんの話!ですよね。

ワクチンを打てばガンの進行は遅くなりますが、赤ちゃんへの副作用がでる可能性があります。

 

そんな中、医師たちが、母親が、父親が、どういった感情のもとにどういう判断を下すのか!

見どころですね。

 

揺れ動く感情の中でみんなが真剣に苦しみ、ふたつの命も守ろうとする素晴らしい話でした!

また、四宮の私服もかわいかったのでチェックです(笑)

3話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

 

3話のみどころとしては「麗子の優柔不断なところ」でしょう!

周りの意見ってたしかに大事なことも多いですが、結局のところ自分の意思をしっかり持ちたいですよね。

 

周りの意見を参考に自分なりの人生にしていくのが一番です!

 

あと、彩加があかちゃんを捨ててしまわないか本当に心配です・・・。

心臓に穴が開いてるのはたしかですが、それも含めて赤ちゃんを愛してほしいですよね!

 

すべての父親にも見て欲しい素晴らしいドラマです♪

4話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

 

4話のみどころとしては「帝王切開」についてでしょう!

 

帝王切開も体にメスをいれるわけですから、めちゃくちゃ痛いですよね!

 

それなのに「自然分娩でがんばっていないから子供に愛着がわかない」というのはなんだか違うんじゃないかなって思いました!

たしかに、自然分娩のように長時間出産に時間を要していないのですんなり生まれてくるイメージはありますが、その後のケアがかなり大変だとききます!

 

なかには数週間立てなくなってしまうほど体に負担を負う方もいるんだとか!

自分の子供は子供ですし、大切におもえると良いですよね♪

 

帝王切開の子は愛ずに、自然分娩の子は愛せる、だったら1人目の子がかわいそうですよね・・・。

今回は二人目も無事帝王切開で生まれてたで均等に愛せる?のでしょうか。

 

愛の形はいろいろありますが、そのことについて考えさせられる内容となりました!

5話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

 

5話のみどころとしては「切迫早産」についてですね~。

 

今回は2人の切迫早産の可能性がある妊婦さんがいたのですが、片方の方が残念なことになってしまいます・・・。

子供が生まれるまでは、本当になにがあるかわからないんですね。

 

それこそ、母親が亡くなってしまうケースもあるので、本当に子供が生まれること自体が奇跡なんだなぁと実感しました!

それにしても、切迫早産で残念な結果になってしまった母親の演技、危機迫るものがあって素晴らしかったです!

 

感情の爆発から表情まで、リアリティあふれていました!

その演技をみて涙が止まりませんでした!

 

自分とかさねちゃうんですよね・・・。みどころちゃんも女の子なので!

 

コウノドリ2期では5話は一番感動しました!

 

6話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

6話のみどころとしては「しのりんがジャンムパンを贈呈した!」ところですね!

 

ジャムパンが大好きで全てのジャムパンを手に入れようとする四宮!

その四宮が下屋にジャムパンを贈呈しています!

 

しかも、クリームつきの一番好きなやつ!!

四宮が下屋のことをいかに心配しているのかがわかりますね。

 

医師として本気応援しているんだと思います!

でも、その気持ちを前面に出すのは恥ずかしいから、ジャムパンで表現したわけですね笑

 

 

四宮かわいすぎます♪

下屋もジャムパンの力で人命救助がんばれそうですね!

7話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

7話のみどころとしては「サクラの四宮の仲のよさ」ですね!

 

元から仲が良いと思われる二人ですが、ついにジャムパンと焼きそばパンを交換して食べるようになります笑

お互い絶対に譲らないパンですが、それを交換するということはかなり仲が深まってきたのではないでしょうか!

 

手術後の小松にはお互い小松に大好物であるジャムパンと焼くそばパンを送るのですが、後日「賞味期限が切れている」と冗談をいっています!

 

口裏合わせて冗談を言うほどの仲良し!

普段ツンツンしている四宮もツンデレだったということでしょうか笑

 

強い友情でむすばれているサクラと四宮、最高です!

 

8話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

8話のみどころとしては「四宮の葛藤」ですね!

 

研究職に誘われている四宮。

研究の方面に進むとペルソナを2年間離れなければなりません・・・!

 

もう一つ、実家の産婦人科を1人で切り盛りする父親の存在です。

ガンで倒れてしまった父親のあとを継ぐという道もありますね!

 

もちろん、そのままペルソナでの活動も可能ですね。

 

この3択はどれも四宮しか選択できませんし、どこも四宮を必要としています!

今度、どこを選択するのかが見物ですね!

 

個人的には父親の後を継ぐのかなって思ったりしてます♪

 

9話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

9話のみどころとしては「メンバーの進む道」って感じですかね!

 

下屋はと白川は前回までの回でペルソナから抜けて新しい道を歩んでいます。

そんな中、四宮も父親の産婦人科で活躍することになります。

 

まだペルソナからは抜けていませんが、四宮の父親が倒れてしまい、どうすることもできなくなってしまう日も近そうですね。

そうなれば四宮が父親の変わりにペルソナから移動してくる可能性が高いです・・・!

 

また、四宮は研究方面からも誘われており、研究の道に進む場合であっても二年間はペルソナからはなれなければなりません!

 

小松は病気で倒れても、再びペルソナで復活しましたが、四宮はどの道に進むのかまだわからない状態ですね・・・。

この流れですと、四宮もどこかにいってしまいそうです・・・!

 

10話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

10話のみどころとしては「四宮の決断」です!

 

前々回から四宮の父親の体調が急変したりと、何回か実家へ帰っている四宮。

前回では、父親の変わりに帝王切開を成功させています!

 

そんな中、ついに四宮の父親がなくなってしまいます・・・。

そこで下した判断は「父親の後を継ぐこと」です。

 

四宮は父親の病院を継ぐためにペルソナから抜けることに!

最後にサクラへ「ペルソナは任せたぞ」のシーン、いろんな気持ちが混ざっていて感動しました!

 

やっぱり、四宮はサクラのことを一番信頼していて、ペルソナのことが大好きだったんだなぁと思いました!

四宮が抜けて寂しくなりますが、人手不足のほうは大丈夫なんですかね?

 

下屋、白川、四宮と主力メンバーが抜けてサクラが心配です!

次回最終回も、楽しみですね!

最終回11話みどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうも!みどころちゃんだよ♪

最終回となった11話のみどころとしては「四宮の笑顔」です!

 

今まで意外と笑顔をみせてくれなかった四宮が笑顔になる瞬間がありました!!!

それは、四宮の地元能登にアシスタントとして赤西がきたときでした♪

 

四宮としては、大好きなペルソナからはなれる決心をしてちょっと寂しかったところに赤西がついてきてくれたのが嬉しかったのでしょうね!

 

赤西をよこしたのはサクラなので、それもうれしかったのかもしれません♪

いつもツンツンしている四宮の笑顔に視聴者もほっこりしたのでしゃないでしょうか~!

 

私はほっこりしてニヤけちゃいましたね笑

四宮の笑顔かわいい!!

 

 

コウノドリ2の1話~最終回(11話)のネット上の反応!

1話ネット上の反応!

2話ネット上の反応!

3話ネット上の反応!

4話ネット上の反応!

5話ネット上の反応!

6話ネット上の反応!

7話ネット上の反応!

8話ネット上の反応!

9話ネット上の反応!

10話ネット上の反応!

最終回11話ネット上の反応!

『コウノドリ2』動画1話~最終回(11話)を見る方法!

「auビデオパス」も初回登録後、30日間無料キャンペーン実施中です!

「auビデオパス」は月額も562円と安く、毎月ポイントを配布しているのでかなりお得♪

 

「auビデオパス」の登録はこちらから!

auビデオパスの公式ページへ移動する

 

 

DVDで見たい!という方には「TSUTAYAディスカス」がオススメとなっています!

やっぱり馴染みの深いDVDでドラマや映画を見たいという方も多いようですね♪

 

「TSUTAYAディスカス」は”スマホで予約→郵便受けに届く→ポストに返却”とショップに足を運ばなくてもDVDをレンタルすることができます!

入会金・送料・延滞金も0円となっているので、安心です♪

 

「TSUTAYAディスカス」の登録はこちらから!

TSUTAYAディスカスの公式ページに移動する

登録は下のボタンをクリックして公式ページにて!

お申し込みはこちらをクリック!