毎年訪れる辛い「花粉症」。

花粉症といってもいろんな種類があるのをご存知でしょうか!

 

春夏秋冬、その時に咲く花や葉などから花粉症がそれぞれ発生しています。

そんな辛い花粉症ですが、治す方法について見ていきたいと思います!

 

最新医療法である「舌下免疫療法」とはどのような治療法なのか?

リスクや副作用についても解説していきます!



日本の花粉症について

植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することにより発祥するもので「病気」というよりは「アレルギー」に分類される

疾患の1つですね。

 

朝起きたらすでに目が痒かったり鼻水も止まらずなにか病気にかかったのかな?と間違えるくらい辛いです。

目をこすっても鼻をかんでも症状は変わらず一日中苦しめられることになりますよね・・・。

現在日本に多く植えられている「スギ」が原因になることが多く、もはや「公害」と言われるほど

スギを危険視されている状況になってきています。

 

日本はスギの国だった!

花粉症の原因となるスギ。

実は昔から多く生えているのではなく日本人が好んで植え続けて現在はかなり多くのスギが日本に立っています

しかし、日本内でも北海道と沖縄にはスギが少なく花粉もあまり飛んでいないと言うことです!

 

うらやましい限りですね!北海道と沖縄の方は花粉症の辛さを知らないのでしょうか!?

もし知っていたらコメントで教えてくださると嬉しいです!

 

スギは住宅の柱材として利用されることが多く、非常に扱いやすく丈夫な木材の1つですよね。

子供のおもちゃ等にも使われていて「スギはいらない」とは言い切れないのが現状です!

 

日本は輸入に頼っている物が多くなかなか国産でまかなえない物が多い中、少し手も国産で作るものを増やすことは

長い目でみてかなり重要な事になってきますよね。

 

そう考えると公害といわれつつあるスギも日本には必須なのでなくすことはできないでしょう!

日本には「天竜杉」「屋久杉」「立山杉」「吉野杉」「北山杉」「秋田杉」「山武杉」

と有名なスギもありこれらがなくなってしまうのも悲しいですしね!

 

花粉症を治す方法 従来の薬とアレルギー

従来の薬を飲んでもその時だけ症状が和らぐ効果しか得られないのと

同じ薬を飲み続ければその薬への免疫が生まれてしまい薬の効果が弱くなってしまいます。

 

人間の免疫の対応能力にはいつも関心しますが、花粉症にはこの免疫力が仇になってしまうようですね。

花粉症自体には免疫力があまり作用しないのか、毎年同じ時期に同じ症状になってしまいますよね・・・。

 

もう1つ注射を打つことによっても症状が改善することが出来ますが

こちらも一時的なもので長期的にみるとあまり効果が高いとはいえませんね!

 

 

それほどまでにこの「アレルギー」というのが人間にとって免疫できないものなのですね!

甲殻類アレルギーや乳製品アレルギーの方が多く居ますが、たしかに食べ続けても治らないですよね!

 

花粉症を治す方法は?最新医療法である「舌下免疫療法」とは?




従来の薬と人間の免疫力では抗えない花粉症。

なんと最新の医療法で花粉症が「薬がいらなくなるほど楽になる」「症状かなり軽くなる」などが可能になりました!

その方法こそが舌下免疫療法!!

その医療法は

自分でスギ花粉エキスを1日1回舌の下に投与し、 2分間待った後飲み込みます。効果を最大限に発揮させる ために舌下への投与後、5分間はうがいや飲食を避け、副作用の発現を避けるために2時間は激しい運動や入浴などは控えます(※初回投与のみ医者のもとで服用します。)

これを毎日、最低2年間程度継続する必要があります。長期間の治療になってしまいますが、体内で花粉を異物と認識させなくするためにはどうしても必要な期間となります。途中でやめてしまうと効果がなくなってしまうので継続することが一番大切です。

 

簡単に説明すると「自ら常に花粉症を起こし常に少しずつ免疫を増やしていく」とのことですね!

 

花粉症は一年中というわけではなく時期的なものなので免疫が出来上がる前に

シーズンが終わってしまうというパターンが多いということですね。

 

なので一年以上常に花粉症になり免疫をつけると・・・!なんという荒療法!!

しかも毎日やる必要がありサボると効果がなくなるという難易度。

最新医療をもってしても花粉症は簡単には治らないということですね!

 

しかし、この先ずっと花粉症に苦しめられるくらいなら2年間頑張って舌下免疫療法をするもの悪くないですね!

主に6月から11月にかけて治療を行うそうです。

 

花粉症を治す方法「舌下免疫療法」のリスクや副作用は?

舌下免疫療法の副作用としては口に直接花粉エキスを入れるとのことなので

「口の中がかゆくなる」などの症状が現れるそうです。

あとは花粉症に似た症状もシーズンではないのに付きまとうということです!

 

口の中が痒くなるとはこれまたあまり経験したことがないことですね。

ご飯がスギの味とかしたらちょっと嫌ですよね!

 

あとはやり「アレルギー」ということなので「アナフィラキーショック」の可能性もあるみたいです。

「アナフィラキーショック」とはよくハチに二回目刺されたら死ぬ等の例があるアレルギー反応のひとつですよね!

最悪の場合死にいたるということでこの舌下免疫療法も怖い一面を持っています!

 

花粉症にも個々で症状の差が有り軽い人も居れば重い人もいますよね。

どうしても花粉症が毎年耐えられない!薬付けの毎日から脱出したい!って方にはかなりお勧めの医療法なのでは

ないでしょうか!!

 

是非一度近くに舌下免疫療法を扱っている病院がないか調べてみてください!

 

今日も長い分読んでいただいてありがとうございました!

気になる点、舌下免疫療法やってみたよ!って方いましたら気軽にコメントくださいませ!