2019年に発生した台風17号。

9月末ということでなかなか珍しい台風となりますね。

 

進路の方ですが、急遽方向を変えて日本へ上陸する予定。

進路的に上陸しないだろうと予想されていたので、油断していた方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、台風17号2019最新進路予想を「気象庁」「米軍」「ヨーロッパ」それぞれで解説していきます!

また、日本への上陸はいつなのかも見ていきます。



台風17号2019最新進路予想!

<19日09時の実況>
大きさ
強さ
熱帯低気圧
存在地域 沖縄の南
中心位置 北緯 22度25分(22.4度)
東経 128度40分(128.7度)
進行方向、速さ 西北西 ゆっくり
中心気圧 998hPa
最大風速 15m/s(30kt)
最大瞬間風速 23m/s(45kt)
<20日09時の予報>
強さ
存在地域 宮古島の南東約290km
予報円の中心 北緯 23度00分(23.0度)
東経 127度20分(127.3度)
進行方向、速さ 西北西 ゆっくり
中心気圧 994hPa
最大風速 18m/s(35kt)
最大瞬間風速 25m/s(50kt)
予報円の半径 150km(80NM)

最大風速25m/s(50kt)ということで、そこまで大きな被害があるがわけではなさそうですね。

ただ、時期的に運動会を開催する学校が多いので延期にされられる可能性がありますね!!

 

 

 

【台風の風速の目安】

中心付近の最大風速 : 強さの目安

・0~17m/s:最弱の台風。春一番レベルで被害はほぼ無い。

・17~25m/s:ただの台風。油断は禁物で暴風警報も確認が必要。

・25~33m/s:やや強めの台風。暴風雨警報がでる可能性が高い。

・33~44m/s:強めの台風。雨戸を閉めて外出は控える。

・44~54m/s:非常に強い台風。駐車場の車の動くほどの風が吹く。

・54~60m/s:猛烈な台風。風速計が壊れるほどで家も飛ぶ可能性がある。

・60m/s以上:スーパー台風。街の全てが麻痺するレベル。日本は未経験。

 

 

気象庁

まずは気象庁の予想から見ていきましょう。

現在沖縄の周辺で発生している熱帯低気圧。

 

2019年9月19日の夜には台風17号に変わるとこのことで予想されています。

台風17号に発展した後は北上してして日本列島まで上がってくるとのこと。

 

3連休は雨になることが予測されています。

風速としてはそこまで強い台風ではないので、大きな被害はなさそうですが、運動会が開催される学校も多く3連休ともに雨の予想なので、月曜日まで延期させられるかもしれません。

米軍

続いて米軍のJTWCの予想も見ていきましょう。

こちらの予想としては、日本列島へ北上するのが土曜日21日の夜からとなっていますね。

 

台風17号は一度西側に移動していき、円を描きながら北東へ移動していくと予想されています。

台風の風速の方の予想は気象庁と同じく「25ms程度」となっており、「普通の台風」に属する台風と予想されています。

 

ただし、秋雨前線が上からきていますので、もしかしたら台風が大きく成長する可能性もあります。

また、秋雨前線に進路が邪魔されて長時間にわたり進まずにとどまることも予想されていますね。

 

もしかしたら月曜日まで雨が続くかもしれません!!



ヨーロッパ

最後にヨーロッパのECMWFの予想です。

こちらは気象庁、米軍の予想とは違い台風の大きさがちょっと強めいと予想されています。

 

また、範囲も広い台風だと予想されており、広い範囲で大雨や強い風が吹くことが予想されています。

日本列島への上陸は20日の昼頃。

金曜日のお昼ごろとなりますね。

 

かなり大きな台風なので、長時間の大雨、強風が予測されます。

無理でお出かけはせずに、家で待機した方が良さそうですね。



台風17号2019最新進路予想!日本上陸日はいつ?

今回台風17号2019の最新進路予想として、気象庁、米軍、ヨーロッパとそれぞれ見てきました。

若干の予想の違いはありましたが、まとめてみると、

 

 

・日本上陸は20日のお昼ごろ

・台風は「普通の台風」

・長時間の大雨が予想される

 

 

とのことですね。

秋雨前線が日本の北側になりますので、台風の速度もゆっくりとなり、金曜日のお昼ごろから雨が降り始めて日曜日の夜や月曜日まで雨が続くことが予想されます。

 

土砂崩れや冠水には気を付けてくださいね!

 

川に近い方は危険を感じましたら、すぐに避難するようにしていきましょう!

大切な家族や、隣人を助け合って非難するようにしましょう!