4月になるとイースターエッグのイベントが盛んになりますよね!

しかし、なぜ卵を飾るのか、うさぎが主人公なのかその由来がいまいち分かりませんよね!?

 

今回は、イースターエッグの由来は何なのか?

また、うさぎと卵の意外な関係性についても詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク



イースターエッグの由来は?

イースターとは復活祭と言われており世界でも広く信仰を集めているキリスト教の神「イエス・キリスト」が

三日目に復活したことを記念する日となっております。

 

キリスト教において最も重要な祭りの1つと言われているほど大切にされている日です。

 

こう聞くとなかなか重い日なのかなと思ってしまいがちですが、実際のところ

「卵とうさぎが出て来るポップな祭り!」というイメージが強いですね!

 

ディズニーランドでもイースターは人気のイベントの1つで卵のオブジェクトが多く置かれたり

うさぎのパレードは大変好評で込み合う時期になっています!

 

イースターの日はいつごろなのか?

2017年のイースタは4月16日となっていました!!

2018年のイースタは4月1日となります!

 

イースターは「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わります

必ず日曜日に祝われるというのが大きな特徴ですね!

 

キリスト教が主となっている国では翌日の月曜日も祝日とされることが多かったりその前々日の金曜日も

聖金曜日と名付けられて祝日になることが多いそうです。

 

クリスマスはキリスト教で大切にされているというのは有名な話ですが、イースターも負けないほどに

キリスト教では大切にされている日なのですね!

最大4連休になるということで大変うらやましいですね!

 

キリスト教には大きく二つの教会が分かれていて東方教会西方教会がありますが、

この二つの教会では日付の算定方法が少し違うため、同じキリスト教内でも日付が重なる年と日付が異なる年が

あるようですよ!

 

日本ではそこまで深く関わっていないのでお祭りとして広まっているので一日だけということになります。

バレンタインもそうですがやはり大きなイベント事には深い歴史が関わっているのですね!

 

イースターでのうさぎと卵の意外な関係性とは?!

スポンサードリンク




イースタバニーと言われているうさぎ。

いったいなぜキリストの復活祭でうさぎが出てくるのか・・・不思議に思う方も多いと思います。

 

実はうさぎとはとても多く子供の産む動物なのです。飼っていた方は知っているかもしれませんね!

つまり「命のシンボル」といてうさぎが関連付けされているということなのです!

子供を生むということは「命を与える」ということになり「キリストの復活」と繋がっているのですね。

 

 

次に「卵」、イースターエッグと呼ばれていますね!

これにもちゃんとした意味があります。

まず卵といえば生命の誕生であり殻を破って出てきますよね。これにちなんで

 

・生まれる→人間から神への生まれ変わる

 

・殻を破る→お墓からの復活する様子

 

を表しているということです。

多少強引な気がしますが言われてそう思えなくもないですね!

 

現在のイースターの様子

ディズニーランドを筆頭に市場を伸ばしているイースター。

海外では籠に卵形のお菓子をいれて配るというお祭りもされているようです!

 

ハロウィーンに続く一大イベントとしてその規模を広めつつあるイースター、イオンなど

大手モールやコンビになどでもうさぎ型のケーキやお菓子を多数販売しています。

 

その数は去年よりもはるかに増えていてたくさんのプロモーションが行われています!

今後もイベントの規模を広めていくでしょうね!

 

 

4月16日が本番ということで盛大に楽しんでいきましょう!

スポンサードリンク