一般的にバレンタインデーにチョコを貰った男性がお返しをする日となっているのが「ホワイトデー」。

実はその由来は日本からの発祥だったことをご存知でしょうか!

 

どのような由来があるのかも紹介してきます♪

また、何を返そうか迷っている方にオススメのお返しについても解説していきます!



ホワイトデーの由来は日本からだった!?

日本ではもはや一大イベントになっているホワイトデー。

2月14日のバレンタインデーに女の子からチョコやプレゼントを貰ったらそのお返しにプレゼントを返す

というのが一般的なホワイトデーとなっていますね。

 

そもそも一ヶ月もお返しを考える期間があるのはなかなかのプレッシャーですよね。

時間がたつにつれて半端なもの返せないって思ってくるの不思議ですよね・・・!

 

バレンタインではあんなに深い由来があったにもかかわらず実はホワイトデーの歴史は浅く

昭和50年くらいから始まったと言われております。

 

「プレゼントを貰ったのならお返しをしなければ!」という日本人らしい思考から生まれたのがこの

「ホワイトデー」になったと言われております。

 

礼儀やマナーなど世間体を重んじる日本人ならではの発想ですよね!

そしてその流れをお菓子業界がまたもやイベントとして売り出し、一般的に浸透していったというわけですね!

当時のお菓子業界は動きがなかなか素早いですね(笑)

 

しかし、お菓子1つでここまで大イベントの記念日を作ってしまうのですからお貸しの力もすごいですね!

 

子供から大人までお菓子大好きですし、お菓子は人を幸せにする力もってますね!

 

なぜ「ホワイト」なのか!?




そもそも「バレンタイン」は人の名前であり対義語はありませんよね

そこで名付けられたのが「ホワイトデー」!

 

接点が無いように思えますよね。

それもそのはず、人によって決められているからなのです!

 

「白」つまり「ホワイト」は純潔のシンボルであり、古くから縁起がいいとも言われていることもあり

それを由来して「ホワイトデー」としたそうです。

 

意外にも単純なネーミングでちょっと驚きですよね!

シンプルでとても馴染みやすい名前なのでそういった意味でもここまで広まった由来になっているのかもしれませんね。

 

よく「お返しは3倍返し!」と言われているので無理の無い範囲で派手にお返ししましょう!

ホワイトデーのオススメのお返しはこれ!

バレンタインデーでは一般的にチョコを渡すことは誰もが知っているくらい有名な話ですよね!

 

しかし、ホワイトデーは一般的に何を返すのかいまいち統一性が無く迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

よく言われているのが「キャンディ」「マシュマロ」「クッキー」「ホワイトチョコレート」などのお菓子です!

最近ではこの中でも一番多いのが「クッキー」だと言われていますね。

 

お店で買うのももちろん良いのですが、クッキーは手作りしやすいお菓子なのでできれば

すこしこだわって手作りのクッキーを渡したいところですね!

最近では義理チョコが増えているので義理クッキーを返すのも手作りだと好感度もアップ間違いなしですね!

 

ちなみにホワイトデーが始まった当初は「キャンデーを贈る日」ということでキャンディーが

プレゼントのメインだったと言われております!

 

カップルの間ではカバンアクセサリーなども渡すことも多くまさに何を渡しても間違いないのが現状ですけどね。