ゴールデンウィークをあけると話題になる「五月病」。

正式な病気ではなく、時期的に憂鬱な気持ちになりやすいため近年名前をつけられた症状となります!

 

今回はこの「五月病」の症状を一覧で紹介していきます!

対策や治し方もチェックして、もしなってしまったときにお役たてください♪



五月病とは?

まず五月病とはよく「さつきびょう」よ呼ばれるが実はこれが間違っていて「ごがつびょう」が正しいです。

医学的には「適応障害」と言われることもあるそうですよ!

 

この五月病とは、4月に入学式や就職や異動など4月に生活が大きく変わった「新入生」「新入社員」など

新しい生活に適応できずに「うつ病」に似た症状が起こるものです。

 

特にゴールデンウィーク明けに発祥することが多く「会社や学校に行きたくない」と思ってしまうことが多いようです。

ただでさえ連休明けはまだまだ休みたい気持ちでいっぱいなのにそれがなれない会社だったら、さらに行きたくなくなってしまう気持ちはわかりますよね!

 

五月病の症状一覧!

うつ病ににた症状とはどのようなものなのか、詳しく説明します。

 

代表的な例としては

・なにをやるやるにしても気合が入らない「無気力感」

・この先どうなるか分からない「不安感」

・何をしてもすぐ疲れを感じる「疲労感」

・夜なかなか寝付けない「不眠症」

・ご飯が喉を通らない「食欲不振」

 

等ですね!

ざっと見るだけでも症状が多く全てかからないにしても辛い症状が多いのが分かります。

5月に会社を辞めていく人も多いのでこの五月病と大きな関係があると言えますね。

 

自分が思っているより大きなストレスがかかってしまっておりいろいろな症状を引き起こしてしまう五月病ですが

4月に新生活に向けて頑張りすぎている人に多く発祥しているとのことです。

 

自分のペースでは行かないことも多いですが、極力無理はしない方がいいですね!

 

五月病の原因や対策!



 

まず五月病になりやすい人とというのが大体分かっているそうです。

大まかにまとめると

 

・責任感が強く真面目な人

・我慢強く自己犠牲してしまう人

・理想が高く現状に不満を大きく持っている人

・融通が利かな考えが狭い人

 

ですね。

新しい生活環境になったことによってかなりやる気もあり、積極的な生活を過ごすのはとても大切なことですが

ついつい力が入りすぎてしまうことが多く、無駄な力を使ってしまうのでまず対策としては

 

・こまめな気分転換を心がける

・睡眠をしかっりとる

・食事をきちんと取る

・友達などに相談したりコミュニケーションとる

 

ですね。

 

人生先は長いということであまり行き急がず自分の時間を大切にしていきましょう!

 

五月病の治し方は以外にもシンプル!

どんなに気をつけていても環境は自分でどうすることもできず五月病にかかってしまう人もいますよね。

新しい組織に属すると言うことで先輩であったり上司合わなかったりと、運の要素も大きいですよね!

 

実はこの五月病、かかってしまったらなかなか厄介で簡単には治りません。

よく言われるのが「放っておけば治る」ですね。

 

なかなかの荒療法ですが、五月病は「適応障害」と言われており、つまり環境に慣れさえすれば「発祥しない」

または「治る」ということになります。

なのでゴールデンウィークを過ぎて少し辛くてもしっかり新生活を送っていれば早ければ一ヶ月後には

治っていることが多いそうですよ!

 

どうしても治らない場合は「病院へ行く」のももちろん手だと思います。

現在では多くの薬が開発されており、夜眠れないのなら睡眠薬もありますし、

精神がどうしても不安定なら安定させてくれる薬もあるほどです!

 

五月病 まとめ

近年多くの人がかかる五月病。

新入社員や新入生だけではなく、中堅の社会人でも異動や転勤、転職と誰がなってもおかしくはない状況です。

 

生活が大きく変わるわけですが、自分なりにリラックスできる方法や食事法を確立していきたいですね!

最悪病院も手段ですができれば薬に手を付けす自ら治して生きたいですよね!

 

生活が変わるところと変えないところをしっかり住み分けして新しい生活に臨んでいきましょう!

何か不明な点や疑問点がありましたいつでもコメントくださいね!お待ちしています!

 

それでは、読んでいただいてありがとうございました!