毎回面白いドッキリで人気の人間観察バラエティ「モニタリング」。

一般人に向けたドッキリや芸能人に向けたドッキリもあり、その豊富なドッキリで人気な番組ですよね!

 

その中で話題になっているのがメンタリストの「DaiGo」さん。

DaiGoさんのドッキリはやらせなのか?

真っ先に気になってしまうところですよね!

 

ドッキリの相手としてエキストラを起用しているのではないか、そう考える方も多いようですね。

その真相についてみて行きたいと思います。

スポンサードリンク



モニタリングはやらせではなく演出?


一般人に芸能人がこっそり忍び込むドッキリやいきなり芸能人が出てくるというので一般人の反応が面白いということでも人気のモニタリング。

 

たしかに、本当に大好きな芸能人の方がいきなり目の前に現れたら嬉しいですよね!

話せたなら最高です!

 

しかも、最近人気や話題になっている芸能人の方が多く出る番組なので、是非あってみたい芸能人の方ばかりですよね!

 

そんな中よく言われているのが「やらせ」だという声。

その噂はツイッターでも注目を集めています!


テレビ番組を作るうえで音声マイクや反射板等々、必須な小道具が多いのではやはり完全にドッキリを仕掛けるのは難しいようですね。

 

最近では肖像権の問題もありますし、いきなり話しかけられても”怖い”という風潮もあります。

全部が全部やらせではないにしても、一部ではやらせという演出も仕方ないところのようですね。

モニタリングのDaiGoやらせ?

スポンサードリンク



人気番組「モニタリング」の中でもDaiGoさんが出演するコーナーは特に人気ですよね!

そんなDaiGoさんにも「やらせ疑惑」が飛び交っているようです!

 

DaiGoさんは相手の心理を読み、「トランプのジョーカーを100%で当てる」等、番組で放送されています!

相手の心理を読めればジョーカーを100%で当てれるのか、ちょっと怪しいところですね。

 

噂によると、「DaiGoさんの付近の方が送信ボタンでDaiGoさんにバイブ受信機に答えを送信していた」とのこと。

やらせというよりも「トリック」といった方が良いですね!

出展:https://lineblog.me/mentalist_daigo/

ミスターマリックさんもエンターテイナーの一つとして「ハンドパワー」を使っているように、DaiGoさんも「メンタリズム」を使っているということですね!

 

2人に共通していえることは「しっかりと計算された種や仕掛けがある」ということです。

それが分からないようにやることが面白いわけですし、エンターテイメントとして成立しているということですね!

 

「やらせ」というよりも「エンターテイメント」として見ることでモニタリングを楽しめると思います!

モニタリングのDaiGoはエキストラを起用していた?


まるで魔法のように見えるメンタリストDaiGoさん。

一部では「エキストラを起用していた」ということで話題になっているようですね。

 

エキストラというのは、予めお客さんとなる方をお願いしておいて、”マジックを手伝ってもらう”ということですね。

しかし、実際はエキストラではなくお客さん事態はトリックを知らない方だった可能性が高いです!

 

リアクションによりリアリティよ追求するためには何も知らない方がリアルですよね!

お客さんが一般人かどうかは分かりませんが・・・。

 

DaiGoさんは坂上忍さん曰く

「金持ちの経営者と
ばっかり飯くってる」

とのこと。

 

DaiGoさんが”的確に相手の心理を理解できることが出来る”という人物像を作るために多くの方に協力してもらっているのではないか!ということですね。

 

実際のところは分かりませんが、ミスターマリックさんも「マジックではなく、超能力だということにしてください」と当時言われていたようです!

 

テレビは視聴者に楽しんでもらおうと多くの工夫がされていますので、全てが真実ではないということですね。

DaiGoさんに関しては詳しくは分かりませんが、”設定”というものが存在しそうですね。

 

スポンサードリンク