「トレース~科捜研の男~」の2話が2019年1月14日に放送されました!

2話は、1話に引き続き15分拡大バージョンで放送。

それではさっそく、「トレース~科捜研の男~」2話のネタバレ感想を紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク



不可解な事件

トレース 2話ネタバレ犯人 キメラ

真田の教授就任を祝うパーティーで、席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見しました。

真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼されました。

 

虎丸は、被疑者は防犯カメラの映像から宮永 渉(篠原 篤)を拘束していて、現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気意気込んでいました。

しかし、DNA鑑定の結果は不一致。

 

このままでは誤認逮捕になってしまうということで証拠不十分で釈放されました。

しかし、虎丸はまだ宮永は間違いなく本星だというのです。

 

一週間だけ時間を与えられ、それまでに犯人が見つからなければ、虎丸の班は解散すると言われてしまう虎丸。

「俺の勘に間違いはない」という虎丸に、真野は「証拠がなければ確証はない」と言います。

 

そして虎丸は、その証拠を今から真野が見つけるのだというのです。

被疑者の娘である有里がやってきて、「自分は父を宮永が殺したのを見たのにどうして被疑者を釈放したのか」と言ってきます。

 

有里は、心臓が悪く薬を常飲している様子でした。

 

そして、「父の身に何があったのか、どうして殺されなければならなかったのか、本当のことが知りたい」という有里。

絶対に犯人を見つけてほしいと言います。

 

真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていました。

また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があり、これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられました。

 

転落する前に真田と犯人との間で何かやりとりがあったのではないかとみている真野。

2人は面識のある間柄なのではないかと言います。

 

有里に、誰か心当たりはないかと聞きますが、父は人に恨まれるようなことをするような人ではないというのでした。

ノンナの悩み

トレース 2話ネタバレ犯人 キメラ

ノンナは、現場の操作中に睡眠不足による貧血でぶっ倒れてしまい、捜査現場においてあったワインをぶちまけてしまう、というミスをしてしまっていました。

ノンナは仕事のプレッシャーから「なんで私科捜研なんか入っちゃったんだろう」と、もうやめたいと悩んでいる様子。

 

そんなノンナに、医者である有里は、ノンナはストレスで自律神経失調症になっているといいます。

そして、有里は、科捜研の仕事は人の命を救う仕事とは違うが、素晴らしい仕事だということを話します。

 

小雪はノンナのことを心配し、真野に「ノンナは大丈夫なのか」というようなことを話しかけますが、真野は「俺には関係ありません」と言います。

真野は、事件現場にノンナを連れていき現場検証をすることに。

 

手すりにある靴の跡がどうしても気になるのだとか。

そこで、何かが上のほうから落ちてくるのを見つける真野たちが発見します。

 

それは、血痕のついた折り鶴で、その折り鶴からは宮永からの指紋が検出されました。

帰り道、ノンナは真野に「真野さんはすごい、自分が真野さんのようになれるなんてとても思えない」と言います。

スポンサードリンク



謎の女性と折り鶴


父親の通夜で、有里に話しかけてきた女性がいました。

「お父さんが殺された理由」についてその女性は知っているようなことを言いますが、詳しいことを聞く前に女性はいなくなってしまいました。

 

そしてその後、ノンナにそのことを話す有里ですが、有里は父親の遺品を整理していたら、折り鶴が出てきたというのです。

有里はそれがなんだか気味が悪くなったと言います。

 

その折り鶴には血がついていて真っ赤だったというのです。

共犯者


宮永には共犯者がいたのだと意気込む虎丸。

被害者の衣服についていた血痕が共犯者のものであるか調べるために岸田の体に傷があるかどうか調べますが岸田の体には傷がありませんでした。

 

真野は、岸田の体には本当にかすり傷ひとつなかったのかと尋ねます。

そして、岸田の身体写真を見る真野。

 

そこで、真野は岸田の血液鑑定よりも先に宮永の血液の鑑定をしなければならないと言います。

宮永の指紋のついた折り鶴を鑑定した結果、折り鶴の用紙は何かの答案用紙であるということが分かりました。

 

防犯カメラにうつった宮永が事件後、包帯をしているところがうつっていました。

そこで包帯を買った男はいないかと捜査することに。

 

包帯を買った男の出した小銭を探し、そこに血液がついているのを発見しました。

その小銭についた血液と、被害者の着衣の血痕、DNA型が一致。

 

同一個体の中に異なるDNAが入っているものをキメラと言うのですが、骨髄移植をすると体の中に2つの遺伝子を持つキメラになるというのです。

岸田の腰にあった傷は、骨髄移植の跡で、岸田は宮永のドナーだったのだということが発覚したのです。

 

宮永は、有里のことを狙っているということが分かりました。

そして、有里が襲われてしまいます。

 

首を絞めて殺そうとしましたが、有里を殺すのを辞めました。

そして、真野たちが駆け付けます。

事件の真相


有里は心臓移植を受けていました。

全ての始まりは有里の心臓病が原因だったのです。

 

宮永にはかつて中原さちえという恋人がいました。

学生の時、宮永は白血病で入院していました。

 

中原が宮永の見舞いに来る途中で事故に遭い病院に緊急搬送され緊急手術を担当したのが真田だったといいます。

中原は真田によって脳死と断定されました。

 

その診断に納得のいかなかった宮永は、当時中原の緊急手術の際に立ち合いの医師だったみついあつこに事実を話すように問い詰めたのです。

当時、有里は心臓病のため心臓移植の順番を待っている状態だったのですが、移植の順番が来る前に有里が危篤状態になってしまったのです。

 

そのタイミングで中原が運ばれてきて、さらに白血病の宮永の恋人であったことから中原はドナー登録をしていました。

そこで真田は、中原を脳死と診断することで、自分の娘のために中原の心臓を移植することとなったのした。

その話をみついあつこから聞いた宮永は、真田と有里に復讐をすることを決めたのです。

 

屋上で真田と宮永が話していた際、真田は宮永に「すまなかった、さちえのことも一日も忘れたことはないし、あの時彼女がもっていた折り鶴も持っている」と話し、自ら手すりにのぼり、宮永が突き落としたというのが真相だったのです。

それを真野から聞いた有里は「私生きていていいのかな」と悩みます。

真野は、宮永が有里を襲った際に有里を殺すのをやめたのは、有里の中に生きている恋人の心臓の脈動を感じたからだと言います。

 

そして、「真実を知ることで遺族は救われることもある、有里さんは生きていていいのだ」と言うのでした。

その言葉に勇気づけられたのは、有里だけでなくノンナも一緒でした。

 

仕事に対して迷いを感じていたノンナですが、その一言でふっきれたようで、仕事に対してやる気が出た様子です。

しかし「真実を知ることで遺族は救われる」

そんな真野の前に現れたのは、過去の幻影だったのです。

トレース2話ネタバレ!犯人はキメラだった?!感想まとめ

トレース 2話ネタバレ犯人 キメラ

最初はDNA鑑定が一致しなくて犯人が検討違いだとか共犯者がいるとか言われて、あまりよくわからない…(‘Д’)とぽかーんとみていたのですが、見ていくうちに「そういうことか!」と理解できました。

心臓移植をすると一つの体のなかに2つのDNAを持つようになるなんて…そんな漫画みたいなことあるんだ(原作は漫画w)

 

さすが科捜研!という感じでしたね!

また、今回は船越英一郎さんの虎丸のがなりも1話よりはちょっと減ったかな?という印象(*‘ω‘ *)

 

1話はちょっと怒鳴りすぎでしたよね…もうちょっと抑えてもらっても大丈夫そうなところです( ´∀` )

1話に引き続き事件捜査に対してかなりアグレッシブな対応をとる真野。

 

科捜研ってここまでしないだろ(‘ω’)ノとつっこみたくなりますが、そこは抑えましょう。

でも、事件の内容や真相は法医学っぽくてとても面白かったです!

 

真野の過去がまたチラリと出てきましたね。

真野は何らかの事件に関わった「遺族」のようですが、まだ真相が明らかになっていない様子。

これからどんどんその真相が明らかになっていくのかな?

 

3話も気になりますね!!

「トレース~科捜研の男~」を見逃してしまった方はFODから見逃し配信をすることができます♪

詳しくはコチラから!!

スポンサードリンク