2019年1月7日からスタートしたフジテレビの月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」

初回の視聴率12.3%と高い数字をたたき出していることから、とても面白い作品だということがわかりますね!

 

「トレース~科捜研の男~」は、錦戸くん演じる科捜研法医科に所属する法医研究員・真野礼二が難事件を解決に導く姿を描くサスペンスドラマとなっています。

科捜研の新人法医研究員の沢口ノンナを演じる新木優子さん、警視庁捜査1課刑事の虎丸良平を演じる船越英一郎さんが出演しているということもあり、始まる前からかなり話題になっていたドラマでもあります。

 

今回は、トレース1話の犯人は誰だったのか、ネタバレについても紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク



 

トレース1話あらすじ

トレース 1話 ネタバレ 犯人 美加 婚約者

ある陰惨な事件を経験した過去を持つ 真野礼二(錦戸 亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、相楽一臣(山崎樹範)や市原 浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。

するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田 徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。そんな虎丸に、多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。

司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越 満)が警察署を訪れるが…。

 

トレース1話ネタバレ

トレース 1話 ネタバレ 犯人 美加 婚約者

トレース1話のネタバレをしていきましょう!

事件発生と捜査

トレース 1話 ネタバレ 犯人 美加 婚約者

アイドルの握手会にきた犬が人の手を加えていたということから事件が発覚。

第1話目はバラバラ事件がテーマのようです。

 

ノンナ(新木優子)が科捜研にやってくることになりました。

そして、科捜研では真野礼二(錦戸亮)が遺物の鑑識を行い見つかったものから、刑事の虎丸(船越英一郎)は見当のつくところを捜査しに行こうとしますが、真野の見解が虎丸とは違ったものでした。

 

しかし、それを伝えると「俺の操作方法に口を出すのか?」と険悪が雰囲気に。

そして、真野の推測した現場に向かうと、そこにはバラバラに切断された女性の遺体が土に埋められているのを発見するのでした。

 

遺体の被害者は五十嵐みか。

被害者のそばには一輪の花が備えられていて、何者かが遺体の側においたのだろうと真野は考えていました。

 

そして、みかには婚約者がいたことが発覚。

警察は、犯人は婚約者なのでは?!と思いましたが否定されてしまいます。

 

そして、遺体の側にあった花の鑑定結果から母親の五十嵐千鶴のDNAが検出されたのです!

虎丸は千鶴を問い詰めますが、千鶴は娘に呼ばれたからホテルに向かったのだと言います。

 

そして、みかは母親のもとへは帰ることがありませんでした。

真野は、勝手な行動から虎丸に現場に来るなと怒らてしまいました。

 

真野は、ノンナに「必ずどこかに証拠はある。それは五十嵐みかが残した思いだ。彼女の思い、真実を見つけるのがおれたち科捜研の仕事だ」と伝えました。

そして、ノンナが捜査を進めていくと、みかと同じ火傷を母親も負っていたことが判明。

 

みかは、母親の再婚相手に虐待を受けていたのです。

再婚相手の父親がみかを殺害したのでは?と捜査を進めますが父親はもちろん否定。

 

さらに決定的な証拠も見つかりません。

そして、真野は、父親ではなく別の犯人がいるのではないかと言うのです。

 

虎丸は怒りますが、真野は冷静に「鑑定結果こそが真実だ」と言い張るのでした。

スポンサードリンク



犯人は隣人

トレース 1話 ネタバレ 犯人 美加 婚約者

犯人は父親だとばかり思っていましたが、マンションの廊下からルミノール反応が出たことから、犯人は隣の家に住んでいた飛田しんごという男性であったということが発覚。

その男は、以前警察に「女性のなく声が聞こえた」と証言していた男でした。

 

父親に虐待を受け、家を飛び出したみかは、隣人の飛田に家に引きずり込まれてしまったのです。

飛田はみかの家を盗聴していて、飛田自身も父親から虐待を受けていたことからみかに特別な感情を抱くようになったのだと言います。

 

飛田は、みかのことをわかってあげられるのは自分だけだと思い、みかをそのまま殺害してしまったのでした。

みかの遺体の側にあった花は、みかが大切に育てていた花で、それを知っていた飛田はみかの遺体のそばにその花を置いておいたのでした。

トレース1話ネタバレ!犯人は美加の婚約者だった!?感想とまとめ

トレース 1話 ネタバレ 犯人 美加 婚約者

初回からバラバラ事件というちょっとグロい事件でした。

しかも、すっかり犯人はみかの婚約者か、もしくは父親だとばかり思っていたらまさかの隣人…。

 

虎丸の刑事の勘が正しいのか、真野の鑑定結果のほうが正しいのかが対峙する話となっていましたね!

船越英一郎演じる虎丸の熱い刑事と、錦戸亮演じるクールな科捜研の男。

 

対照的ではありますが、それぞれの捜査の進め方や考え方の違いが顕著に表れる話だったと思います。

2話以降もこのようにして2つの立場からの操作の違いの対立などが描かれていくのでしょうか?

 

2話の展開がどうなっていくのかも楽しみですね!

「トレース~科捜研の男~」の1話を見逃してしまった方はコチラから見逃し配信を見てみることをオススメします!

スポンサードリンク