2012年からはじまった人気シリーズの「ドクターX」。

数々の名言が飛び出している作品なだけに、名言が期待されています!

 

今回は時事ネタもたくさん組み込まれており、面白い内容となっていました!

 

最後、美知子の症状はどのような症状だったのか、内神田のオペは美知子しかできないが、どうなってしまうのでしょうか!!

そんな『ドクターX2017シーズン5』動画1話~最終回10話を視聴する方法、について紹介したいと思います!

ドクターX2017の動画1話~最終回(10話)の再放送視聴方法は?

出展:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/

2017年で第5作目となったドクターX。

 

視聴率も1話から9話まで20%以上をキープしている大人気ドラマ「ドクターX」。

最終回も未知子らしい素晴らしい結末になりましたね!

 

そんな素晴らしいドラマ「ドクターX」を見る予定だったが仕事や予定が長引いて見逃してしまったり、うっかり録画し忘れてしまった方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、私も利用していておすすめの動画配信サービスが  「U-NEXT」 です!

スマホからでも見る事が可能となっており、出勤や退勤の通勤時間などの移動中や家事などの料理中、寝る前に布団の中でリラックスしながらでもドラマや映画を楽しむことが出来ます♪

 

また、U-NEXTでは、過去に放送されたドクターXのシーズン1~4が絶賛配信中!!

この機会にシーズン1~4を視聴して、シーズン5の理解を深めていくと、さらにドクターXを見るのが楽しくなるのではないでしょうか♪

 

通常月額1990円(税抜)ですが、なんと!現在は31日間無料トライアルを実施しています!

毎月1200ポイントを貰うことができるので、月額は実質790円となります♪

 

31日間無料トライアル期間はいつ終了するかわからないので早めの登録をオススメしています!

登録時にはポイントが貰えるので、1話分は実質無料で視聴することができますよ♪

 

まずは無料からお試しくださいね♪

登録はこちらから!

U-NEXTの公式ページはここをクリック!

ドクターX2017第5シリーズの1話~最終回(10話)のあらすじや感想!

1話あらすじ

 絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、路線バスに乗車。ところが峠道を走行中、運転手の車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとするが、反応は皆無…。偶然通りかかった“謎の女”の助けを借り、医師がひとりで切り盛りする麓の病院へと運び込む。その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)だった! 未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行う。だが、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させるためのオペは不可能…。未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。

一方、「東帝大学病院」では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。その「東帝大学病院」に、なぜか未知子が出現する! 実は、まどかこそは先日出会った“謎の女”…。彼女は最新設備の整った「東帝大学病院」でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を「東帝大学病院」で雇うことまで決定する。

まもなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来た。だが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授(ブレイク・クロフォード)に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表し…!

その矢先、トンカツ店を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を「東帝大学病院」に搬送する。だが、これが“とんでもない事態”を招き寄せ…!?

 

1話感想

「私、失敗しないので。」の名言が返ってきましたね!

視聴率も20%を超えており、順調な滑り出しとなりました!

 

小池知事⇒(患者ファースト)
猪瀬知事⇒(カバンにお金を入れさせる)
森友問題⇒(こんにゃく、忖度)
マイケル・ジャクソン⇒(ジャイケル・マクソン)
ゲス不倫⇒(ゲスの極み)

等々。

パロディ部分も多くて「攻めすぎ!」と思いましたがかなり面白い内容となっていました(笑)

 

旬なネタばかりなので、脚本家さん話題好きなのではないでしょうか、声を出してわらっちゃいました(笑)

今後もどんなパロディが飛び出してくるのか、楽しみですね!

2話あらすじ

 絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、路線バスに乗車。ところが峠道を走行中、運転手の車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとするが、反応は皆無…。偶然通りかかった“謎の女”の助けを借り、医師がひとりで切り盛りする麓の病院へと運び込む。その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)だった! 未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行う。だが、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させるためのオペは不可能…。未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。

一方、「東帝大学病院」では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。その「東帝大学病院」に、なぜか未知子が出現する! 実は、まどかこそは先日出会った“謎の女”…。彼女は最新設備の整った「東帝大学病院」でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を「東帝大学病院」で雇うことまで決定する。

まもなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来た。だが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授(ブレイク・クロフォード)に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表し…!

その矢先、トンカツ店を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を「東帝大学病院」に搬送する。だが、これが“とんでもない事態”を招き寄せ…!?

 

2話感想

「私、失敗しないので。」の名言はしびれますね!

大門未知子(米倉涼子)かっこよすぎます!

 

ゆとりのオチがいい意味で裏切られまたよね。

面白かったです(笑)

「ベーシストは潰しが効かない」という名言もとびだしましたね。

一徳さん最後素っぽかったけどどうなんでしょうか(笑)

 

瑛太さんの弟さんもいい感じですね。

今後ブレイクしていくオーラでてました!

もうちょっと演技の勉強すれば伸びそうですよね♪

 

ドクターXは主演はもちろんのこと、脇役かたも豪華キャストなので見ごたえがありますよね。

今後のゲスト出演の俳優さん女優さんも楽しみです!

3話あらすじ

 

「東帝大学付属幼稚園」の園長・三鴨寿(平田満)が倒れた。偶然にもその場に居合わせたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、三鴨を「東帝大学病院」へ搬送。肺の腫瘍を発見した未知子は即座にオペすべきだと進言するが、三鴨の反応はどうも鈍い。というのも、三鴨はもともと外科副部長・猪又孝(陣内孝則)の患者。しかも猪又からは、薬で腫瘍を小さくしてからでないとオペはできない、と言われていたからだ。だが、未知子はオペに猛反対する猪又の目の前で、「私ならできる」と言い放ち…!

そんな中、三鴨が突如、他院のセカンドオピニオンを希望。その三鴨が数日後、なぜか未知子の所属する「名医紹介所」へやって来る。“事情”を聞いた「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)は、「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ。セカンドオピニオンを求めた患者の受け入れに難色を示す蛭間を説き伏せ、三鴨を持ち込み入院させる。ところが、その執刀医の座をめぐり、未知子と猪又が激突することに! 結局、蛭間は猪又を執刀医に、未知子を第一助手に指名するが、メンツとプライドに人一倍こだわる猪又は「私がなぜ、あのようなバイトと一緒にオペを!?」と憤慨。そんな彼の耳元で、蛭間はある企みを囁き…!?

一方、未知子は三鴨を慕う園児たちと遭遇。彼らから聞いた“何気ない話”が、どうも心に引っかかる――。

 

3話感想

未知子が幼児をいるとはなかなかない展開ですよね!

でも今回のメインのテーマとしてはセカンドオピニオンでしたね!

 

肺の腫瘍をすぐにオペする場合としない場合があるのは初めてしりました。

小さくならないと手術できないんですね~!

 

医者のことは詳しくしりませんが、ドラマを通していろんな知識をもらえるのは良いですよね♪

今回もためになる話ばっかりでした!

4話あらすじ

 

「東帝大学病院」の外科医・森本光(田中圭)は婚活パーティーに参加。そこで出会った女性と婚約する仲にまで発展する。その女性が後日、勤務中の森本を訪ね、大人気の結婚式場を予約できたと報告。ところが幸せ気分も束の間、森本の前で突然倒れてしまう! その場に居合わせたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、すぐ処置に当たるが、女性は重篤な肝臓がんを患っていると判明。「東帝大学病院」で手術することになったものの、自己再生できるギリギリの量の肝臓しか残せない状態で…!

まもなく術前カンファレンスが行われるが、女性の名前を見た外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)は思わず固まる。女性の名は内神田四織(仲里依紗)――あの「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)でさえも頭の上がらない「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)と同じ、めずらしい姓だったのだ! もしや…と思った海老名はおずおずと四織に確認。すると、四織は内神田の前妻の娘であることを告白する。

報告を受けた蛭間は、当然のごとく大慌て。自らの保身も含めて万全を期し、海老名と猪又孝(陣内孝則)鳥井高(段田安則)の外科副部長3人によるオペを指示する。だが、四織は「森本先生以外の手術は絶対に受けない」と断言。四織の命を救いたいものの、自分の腕に自信がない森本は、未知子を助手に指名する。ところが、未知子は何度頼まれても「いたしません」の一点張り。しかも、やがて行われた手術の最中に、誰もが目と耳を疑う事態が発生し…!?

4話感想

森本が婚活パーティーに参加するところからはじまりましたね~!

外科医ということでお金もあるでしょうし、モテモテでしょうね~笑

 

婚活パーティーでは医者が人気ランキングの上位にいることがほとんどですよね!

まじめな方が多く、お金にも困らないと思うのでそりゃ人気ですよね~♪

 

そこで出会った内神田四織(仲里依紗)はなんと超大物の娘!

しかも、すぐに手術が必要というドタバタ感も面白いですね。

 

話の流れがかなり盛り込まれた内容でしたが、順当に進み話も分かりやすくて脚本家の素晴らしさを感じた4話でした♪

5話あらすじ

 

医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)は、ある思惑から「東帝大学病院」に、最先端の人工知能診断システム「ヒポクラテス」を使った症例を打ち上げるよう提言。忖度した病院長・蛭間重勝(西田敏行)はさっそく従おうとするが、外科副部長・鳥井高(段田安則)は、AIによる診断に懐疑的な姿勢を見せる。

そんな中、世界最強の将棋ロボットと対局中だった若き天才棋士・五反田五郎(間宮祥太朗)が、腕のけいれんを起こして意識を消失。「東帝大学病院」に運び込まれた。症状を見る限りは脳腫瘍の可能性が高いが、MRI画像では断定できない状態…。意識が戻った五反田は、病名を告げない鳥井に業を煮やし、自宅に帰ろうとする。ところがその矢先、今度は足に力が入らなくなり…!

「東帝大学病院」では五反田の緊急カンファレンスを開始。だが、血液検査の数値はすべて正常で、診断は暗礁に乗り上げてしまう…。そのときだ。反AI派だったはずの鳥井が「ヒポクラテス」の診断結果を提示! なんと、そのデータをもとに脳膿瘍だと特定する。これを受け、大門未知子(米倉涼子)は「なんか違う」と反論。だが、未知子にも病名までは特定できず…。

その直後、五反田が病室で一過性の意識障害に陥った! ますます高まる脳膿瘍の可能性…。やがて五反田には「ヒポクラテス」が示した手順に従い、脳膿瘍の手術が適用されることに。AIによる症例を失敗させるわけにはいかない蛭間は、手術が下手な鳥井ではなく、未知子を執刀医に指名。未知子は「いたしません」と突っぱねるが、そんな彼女の脳裏を“ある光景”がかすめ…!?

5話感想

3話の幼稚園児に貰った似顔絵が貼ってありましたよね!

こういうの和むますよね~♪

 

晶が夕日に向かってスキップするシーンがなかなか洒落ていました笑

5話もみどころ満載でしたね~!

 

手術室でも外野から解説が入ったり、基本に立ち返ったような感じもありましたよね。

見るたびにいろんな発見があって面白い!

ヒポクラテスという人工知能がでてきましたが、今後リアルでもこういった人工知能が医者と対立するようになるのでしょうか・・・。

6話あらすじ

 「東帝大学病院」の外科副部長・猪又孝(陣内孝則)によるオペを受けたVIP患者が、術後の経過についてクレームを入れてきた。猪又はとっさに、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の不手際でオペに時間がかかったのが原因だ、と嘘をついて責任逃れ。何の非もない博美は正々堂々と食ってかかるが、猪又の狡猾な根回しによって、「東帝大学病院」への出入りを禁止されてしまう。しかも、この一件を機に浮上した“ある事実”が火種となり、これまで同志の絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)とも険悪な雰囲気に…!

そんな中、未知子が博美とともに担当する予定だった手術の日が近づいてくる。患者は2人が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)。だが、敦子の手術を前に、良夫の膵臓に複数の腫瘍があることが判明してしまう! その病状は深刻で、根治させるには膵臓を全摘するしかない状態…。しかも、術後の生活も含め、極めてリスクの高いオペとなる。それでも未知子は命を救うために全摘を主張し続けるが、良夫のオペはさまざまな思惑から安全策を重視する猪又の手に渡り…。

だが、それで諦める未知子ではない。完璧な全摘手術で良夫の命を助けるには、博美の腕が必要――そう考えた未知子は「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)の力を借り、博美の出入り禁止を解こうとするが、当の博美は「手術はやらない」と突っぱね…!?

6話感想

今回も面白かったですね!

うまい具合に小ネタも入っていますし、手術以外のストーリーもしっかりあって良いですよね!

一本勝負でないのがいい良いです♪

 

老名先生を演じているエンケンさんは顔が、他のドラマでのエンケンさんとあまりにも違いすぎて別人かとおもっちゃいました!

表情も発声も話し方もキャラそのものに成っているのがすごすぎます♪

 

それと、加地先生最後まで出番ないのでしょうか・・・笑

加地先生にも頑張って欲しいところ!

7話あらすじ

「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の妻・小百合(戸田菜穂)から、やんごとなき依頼が舞い込んだ。従妹である萌々香(小飯塚貴世江)の見合い相手を医局の中から見繕ってほしい、というのだ。

白羽の矢が立った外科医・原守(鈴木浩介)は意気込んで、萌々香と見合いをすることに。ところが見合いの場に突然、大門未知子(米倉涼子)が客人だと言い、外国人女性を連れてきた! その顔を見た原は思わず目を見張る。彼女こそは、原と同時期にロシアの病院に勤務しており、当時は恋人関係にあったアメリカ人外科医ナナーシャ・ナジンスキー(シャーロット・ケイト・フォックス)! ナナーシャは何を思ったか、超一流の腕を持つにもかかわらず外科医を辞め、原に会いたい一心で日本にやって来たらしい…。

この事態に、内神田夫妻の顔色をうかがう蛭間夫妻は激怒。ナナーシャとすぐ縁を切るよう命じられた原は、本人に事情を話して穏便に事を済まそうとする。ところが、ナナーシャは日本滞在予定の3カ月間だけでいいから、自分と一緒にいてほしいと懇願。ナナーシャの想いに原の心は揺れるが…。

そんな折、未知子はナナーシャの些細な異変を察知。すぐさま検査すると、完全切除が極めて難しい脳腫瘍を患っていることが判明する。しかし、このまま放置すれば、ナナーシャの余命は3カ月が限度だ…。目の前の命を見捨てることのできない未知子は、自分にオペさせるよう申し出るが、ナナーシャは「このオペは無理」と手術そのものを拒絶! その矢先、ナナーシャが東京から姿を消し…!?

7話感想

原守がまさかのモテモテの展開に!

それよりも、元恋人がいたことに驚きました笑

 

しかも外国人・・・!美人・・・!

全てを投げ出して日本に合いに来てくれるなんて素敵じゃないですか♪

でも、その後分かった理由が悲しすぎて切ないです・・。

 

脳の腫瘍は取り除くのが難しいのはよく聞く話ですよね。

ナナーシャも外科医なので、それはよく分かっていたのでしょうね。

 

最後の時を愛した人と一緒に過ごしたい気持ち、わかるきがしますね。

でも、タイミングがわるかった!笑

8話あらすじ

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発した。なんでも八雲は先日、根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったという。

その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してくる。八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、大門未知子(米倉涼子)以外には考えられない状況…。ところが、ここで不測の事態が起こる。何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)が執刀医に立候補したのだ! だが、今回のオペは未知子をもってしても、実際に切ってみないと判断がつかない部分があり、術中の臨機応変な対応が必要とされる。それゆえに、未知子も医局の面々も西山には無理だと判断。執刀医は未知子に決定する。

しかし、ここで思わぬ壁が立ちはだかる。なんと、八雲が告発した人物らは日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だったのだ…! 内神田に釘を刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)に変更するよう命令。さらに、未知子は病院を解雇されてしまう!

当然のごとく、納得のいかない未知子。そんな彼女に、西山は“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、信じられない行動に出る!

8話感想

大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしていたと、発言した八雲。

ガンが発覚したため、最後に正義を貫き通すとのことですね!

 

そこで便乗したのが蛭間!

自身の病院の宣伝のためにオペを引き受けるということですね。

 

しかし、そのオペは未知子じゃないと成功しないとわかったのです。

普通、この段階で患者の命を預かっている医者側は未知子にオペをお願いすべきですよね!

 

しかし、大事な広告塔である八雲のオペ・・。

もしなくなった場合、どう責任を取るのでしょうか!

 

その場合は失敗した医師のせいにする・・・のかもしれませんね。

 

実際に、オペは緊急で始められ、美智子は助手として参加するが、八雲の命が危なくなりオペを交代して完璧なオペをみせつけました!

 

このときの西山の

「失敗しない医師になるために、失敗することもある」というのですが、

未知子の

 

「失敗された患者に次はないんだよ。あんたにはあっても」

といったのがとても印象にのこりました!

 

絶対に失敗しない未知子の強い意思がステキですね♪

9話あらすじ

フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の娘も通っていたバレエ教室の生徒・九重遥(井本彩花)が、祖父・九重節郎(大友康平)とともに「東帝大学病院」を訪れた。バレエの選考会を目前に控える中、足の痛みがおさまらず、検査を受けにきたという。幸いにも大事には至らない炎症だと判明するが、大門未知子(米倉涼子)は放置すれば運動能力に支障をきたす舟状骨骨折である可能性を示唆。遥をよく知る博美は心配し、母・九重比佐子(原沙知絵)に再検査を受けるよう連絡する。だがその直後、なぜか比佐子は節郎と一緒に来院した遥を責め…!?

後日、「東帝大学病院」の整形外科医・木元(きたろう)が遥を再検査すると、やはり舟状骨骨折であったことが発覚する。完治させるには、2回の手術と半年もの時間を要するため、選考会は諦めざるを得ない状況…。遥は残酷な現実に、ひどくショックを受ける。

その矢先、未知子がたった1回の手術で、選考会までに完治できる術式を提案する。だが、この無謀ともいえるオペを実現させようとする未知子の前に、簡単には乗り越えられない“高い壁”が立ちはだかり…。

一方、「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)は未知子を日本の医学界から排除すべく、本格的に暗躍し始める。そんな中、目の前の患者を救うべく、まい進し続ける未知子。ところが、“想像を絶するような窮地”にやがて立たされることになり…!

9話感想

バレエ少女の遥は大事な選考会を控えているが、突然の怪我が発覚してしまいます。

その怪我は手術が必要で、一回目には金属のネジで固定して二回目でその金属ネジをはずすという2段階の手術が必要なことに!

 

それでは当然選考会にまにあわないですよね。

バレエの世界では小さい頃から認められることがとても大切のようで遥もかなりあせっているようでした。

 

そんな時、未知子が骨でネジをつくると言い出します!

骨ってたしかに硬いけど、しっかりつくればネジとしてちゃんと機能するんでしょうか・・・。

 

現実問題ちょっときびしいような気もしますけど、未知子がいうなら間違いないですね!

しかも、その骨のネジを作れるのは遥のおじいちゃんだけという運命のめぐり合わせ・・・!

 

結論から言うと手術は成功して骨の製作にも成功しました!

あの状況で骨のネジをつくってそうとうすごいですよね~!

 

まず、その前にバレエの人形の伏線に鳥肌立ちました♪

さいごは未知子がたおれることに・・・!

 

次回最終回ですが、未知子の命運がきになります!

10話あらすじ

 失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた! 未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。

その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることになる。内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。そこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現! ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…。

そんな中、「東帝大学病院」院長・蛭間重勝(西田敏行)はある思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名。だが、未知子は「このオペは私じゃなきゃ無理」と断言する。そんな中、かつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり…!

未曽有の窮地に立たされた、失敗しない外科医・未知子は内神田の命を救うことができるのか…!? そして、ほかでもない未知子自身の命は助かるのか…!? 大門未知子、“最後のオペ”がついに始まる――。

10話感想

ついに最終回を迎えましたね~!

全ての患者を完璧に救ってきた未知子がこんどは自分が患者になってしまいました!

 

その症状とは、「後腹膜肉腫のステージ3」とのこと。

この肉腫も美知子でなくてはオペができないレベルのものです・・・!

 

ブラックジャックなら自らのオペもできますが、さすがに未知子であっても自らのオペはできませんよね・・・。

しかも、内神田はステージ4なので、さらに危険な状態で、未知子にしかオペができません!

 

この内神田のオペをしていたら自らの命が危ない中、患者と自分の命どっちを選ぶのかハラハラしましたよね!

 

実際は、痛み止めを強引に使用して内神田のオペを完璧に成功させたあと、倒れてしまいましたが、自らのオペの手法をノートにまとめてだれでもできるようにしておき、自らの手法で自分を助けることに・・・!

 

「私失敗しないので」は患者であっても完璧だったわけですね!

そもそも、内神田のオペは断られていたわけですし、別に未知子が手を出さなくてもよかったのに、命を守ることに徹している未知子の信念がかっこよかったですね。

 

シーズン5と5作目になりましたが、今回も最高にかっこいい未知子らしいラストとなりました!!

 

まずは無料からお試しくださいね♪

登録はこちらから!

U-NEXTの公式ページはここをクリック!

ドクターX2017の1話~最終回(10話)の見どころとネット上の感想!

どんさん(@d____ll)がシェアした投稿

1話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

今回は最後のシーズンなるという噂もあるドクターX。

人気シリーズなだけに最後とは寂しいですね。

 

米倉涼子もまだまだ綺麗で元々好きなのでまた目の保養になりそうです!

前回は自分たちの権利私欲を満たすために病院運営をしていた院長でした。

今回からは患者ファーストな病院運営を目指す初の女性院長との戦いです!

 

どんな熱いバトル(?)が繰り広げられるのか楽しみですね♪

永山絢斗さんが出演するのがとても楽しみですね!

 

永山絢斗さんが出演するドラマは必ず面白いという風潮もあるんで、きっとドクターXもさらに人気がますことになるでしょうね!

1話のネット上の反応!

2話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

ドクターX2話ではがっつり手術をおこなっているのでそこがみどころですね!

フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)の手さばきがかっこいいですね。

 

他にも、大門未知子のあこがれだった森本光(田中圭)も登場します!

天才医師ばっかりですね(笑)

 

フリーとして活動してきた大門未知子が「東帝大学病院」に務めるようになるなどの動きもあって面白かったですね。

手術支援ロボットを遠隔操作など、今後発展していきそうな医療も取り入れていてさらに目が離せませんね!

2話のネット上の反応!

3話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよう!

今回のみどころとしては「セカンドピニオン」のはなしです!

 

セカンドピニオンってのは「ガン治療法について何人かに相談できる」って感じですね!

たしかに医師も人間だしいろんな意見の人がいますもんね~

 

治療には家族にも大きな負担をかけることになりますし、いろんなことを想定して意見を聞きたいとこのなのでしょう!

未知子がそれに対してどういった判断をしてどう選択していくのかがみどころですね!

 

今回は未知子が幼児といる珍しいシーンもあるので必見ですね笑

3話のネット上の反応!

4話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよ!

今回のみどころとしては「内神田四織(仲里依紗)の登場」ですね!

 

まさか婚活パーティーで超大物の娘がいるなんてだれも想像できなかったでしょう笑

超大物の娘ということで、売れ残っているということは性格に難があったのでしょうか!?

 

仲里依紗さんなのでめっちゃかわいいし、やや疑問でしたね~♪

しかも、大物の医者の娘なのに重篤な肝臓がんを患っている状態・・・。

 

こちらもちょっと謎ですね!

 

結婚がきまった相手が急に倒れて重篤な肝臓がんだったらかなりショックですよね。

幸い医者なので自分の手でなんとか処置できたらかよかったけど、一般人だったら慌てふためいていたでしょう!

4話のネット上の反応!

5話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよ!

今回のみどころとしては「人工知能」についてでしょうか!

 

人工知能診断システム「ヒポクラテス」によって患者の状態を予想できる、といったものですね~。

現在日本にもこんなシステムがあるのでしょうか?

 

今後発展していきそうな分野ですよね~!

人工知能によっていろんな症状パターンを算出して即座に症状が分かればかなり便利ですよね!

 

それこそいろんな検査をする必要がなくなってくるので体の負担も軽減されそうです♪

結構重たい病気でも即座に「ガンだよ!」って言われてもショック受けそうな気がしますけど笑

 

いろんな分野を取り入れているドクターX本当に面白いです♪

5話のネット上の反応!

6話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよ!

6話のみどころはなんといっても「海老名先生」でしょう!

 

「頑張れ!頑張れ!頑張れ」

「やったぁ~!」

 

等々、かわいいしぐさがたまりません笑

顔がちょっと怖いだけにギャップ萌えですね笑

 

海老名先生が応援してくれるならなんでもがんばれそうですね~!

 

あと、喧嘩となってしまった未知子と博美も最後には仲直りしてよかったぁ~♪

一時はどうなるかと思いましたが、ちょっと安心ですね♪

 

また一緒に餃子をたべてほしいところ笑

6話のネット上の反応!

7話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよ!

7話のみどころはなんといっても「ナナーシャの登場」でしょう!

 

「マッサン」ではなく、「まぁさん」ときわどいネタ狙ってきましたよね笑

ちなみに、マッサンとは”シャーロット・ケイト・フォックスさん”が別のドラマに出演していた際のセリフです!

 

殆ど言い方も同じなので、違和感しかなかったですね笑

こんなネタを入れれるのもドクターXだけですね!

 

不意打ちだったので、かなり笑いました笑

 

でも、その後好きな人に逢いにきたってっ聞いて感動!

さらに余命も三ヶ月という悲しみ・・・。

 

最後はロマンチックな人生で幕を閉じたかったのでしょうか。

あと、「日本人働きすぎ」の突っ込みは最高でしたね~!

 

日本人は外国人からみて異常な働き方をしているといわれますもんね♪

 

 

7話のネット上の反応!

 

8話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよ!

8話のみどころはなんといっても「八雲のオペ」でしょう!

 

広告のために、命を左右されてしまう八雲。

これでは正義もなにもありません・・・。

 

結局は未知子が途中でオペを代わりましたが、オペ中に出血がとまらない状態がつづいていたら確実に八雲は亡くなっていたでしょうね。

 

そんな一瞬の判断をできるのもさすが未知子ですよね~!

そこからの未知子のすごすぎるオペは必見です!!

8話のネット上の反応!

9話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよ!

9話のみどころはなんといっても「未知子がたおれてしまう」ところですよね。

 

今まで天才外科医として多く命を救ってきた未知子ですが、なんと患者さんになってしまうのです!

まだ症状はわかりませんが、倒れて半目あいているじょうたいだったので、脳系のなにかかな?と感じました!

 

次回最終回ということで、どのような症状なのか判明しますが、非常にきになるところです・・・!

 

未知子の手術は西山かな?だれがやるのかも楽しみです!!

9話のネット上の反応!

10話のみどころ!

みどころちゃんみどころちゃん

どうもみどころちゃんだよ!

最終回10話のみどころは「時事ネタが満載」のところです!

 

まず、蛭間先生がメロンに対してペンパイナッポーアッポーペンのメロンバージョンをやっています笑

 

ほかにも、内神田への手術代の請求にはブルゾンちえみさんの「35億!」がつかわれていましたね~!

時事ネタ満載の最終回も深刻になりすぎず、バランスよくネタをぶち込んできたので面白かったです♪

 

とくに35億は唐突にきたので一瞬「!?」って感じでしたが、理解してからニヤけてしまいました笑

シーズン6にも続きそうなラストだったので、次回作にも期待です(´ー`)

10話のネット上の反応!

『ドクターX2017』動画1話~最終回(10話)を今すぐ視聴する方法は?

「U-NEXT」では、現在31日間の無料トライアルを実施中!

登録時にはポイント貰えるので見逃し配信の1話分は実質無料で見ることは可能となっています!

 

まずは無料から試しすことができるので、どれほど便利なサービスなのか体験してみてください!

登録はこちらから!

U-NEXTの公式ページはこちら!

 

もし、無料期間中に解約を忘れても、月額1.990円はですが、毎月1200ポイント貰えるので、実質790円!となるので、月で割ると1日30円以下の計算になります!!

レンタルショップよく利用している方や雑誌をよく読む方にとっては確実にお得となるサービスになります♪

 

U-NEXTで配信されている人気作品としては

『ドクターX2012~2016』

『君の名は。』

『シン・ゴジラ』

『過保護のカホコ』

『愛したって、秘密はある』

『あゝ、荒野 完全版』

『ウォーキング・デッド』

『地味にスゴイ!校閲がール』

等々です!

 

まずは無料からこの便利なサービスを体験してみてください♪

登録は下のボタンをクリックして公式ページにて!

お申し込みはこちらをクリック!