告白にプロポーズに色恋沙汰の代表でもあるバレンタイン。

2月の一大イベントですよね!

 

今回はそんなバレンタイの由来についてみていきたいと思います!

実はバレンタインの由来は大昔だったことをご存知でしょうか。

なぜチョコを渡すのか、その理由についても見て行きましょう♪



バレンタインについて


バレンタインといえばもはや小さな子供までも知らない人がいない一大イベントですよね!

学生時代に甘い想いも苦い想いも経験した人は多いのではないのでしょうか?

 

さて、その思い出深いバレンタインなのですが、実際のところチョコレートを渡すことが全てのイベントなのでしょうか?!

気になりますよね。

 

何時 何処で 誰が 始めたのか、解説していきましょう!

バレンタインの由来が大昔?


スポンサードリンク




遡る事西暦3世紀、場所は戦争真っ只中のローマです。

戦争が続き兵士は疲弊していきついには戦争へ行きたがらない兵士が増えてきてしまいます。

 

皇帝クラウディウスは兵士が戦争へ行きたがらない理由を「家族や恋人と離れたくない」ということを悟り

結婚を禁じてしまったようです!

 

それを見かねた教司祭のバレンタイン氏が兵士等を皇帝には秘密にして結婚をさせていたようです。

教司祭は現代でたとえると神父のような立ち位置で教司祭さえ立ち会えば結婚が成立したようですね!

 

その後、その事がバレテしまい怒った皇帝クライウディウスがバレンタイン氏を処刑してったのです。

処刑された日にちが2月14日 というわけです。

 

 

こう見るとチョコなんか送ってる場合じゃない!!って思っちゃいますよね!

しかしバレンタインが現代の形に至るまでまだ話は続きます。

 

バレンタインは祭りにも由来されていた!

ローマには数百年の間ルペルカーリア祭という祭りが開催されており、その祭りが現代のバレンタインへ結びついていると

考えられています。

 

その祭りというのは、まだ結婚していない若い女性の名前が書かれた手紙が若い男性のところへ届けられて強制的に

カップルになってしまうというなんとも強引な祭りなのです!

 

祭りによりカップルとなった男女は多くの場合そのまま結婚へと進んで行ったらしいです!

少子化が進む日本の現代でこれはかなり効果的なのではないでしょうか!賭けですけど!ある意味!!

そうして「恋人の出来る日」と結婚を可能にしていた聖人バレンタイン氏によって

今のバレンタイが形成されたというわけすね!

 

しかし日本のバレンタインと海外のバレンタインは異なる点があるようです。

それは「海外はチョコレートは渡さない」という点です。

海外では主に手紙を渡すことが主流のようですね!

 

バレンタインでチョコを渡す理由が深い!

ではなぜ、日本だけチョコレートを渡すようになったのでしょうか!?

 

日本の昭和中期ごろにチョコレート会社がバレンタインセールと名付けて販売したのが原因だと考えられています!

昔から流行り物が好きだった流行に流れやすいのは日本人の習性だったのでしょうか、ここまで広がるとはすごいですね!

 

毎年セールをやることにより学生や主婦にも広がりチョコレートを渡すイベントであると認識されるようになったのですね!

手紙でもチョコレートでも貰えれば嬉しいし素晴らしいイベントですね!

 

最大の欠点としては、貰えるとは限らない!!ってことですね!


スポンサードリンク