AKB48として活躍していた秋元才加さん。

卒業を機会に女優や声優に挑戦しているようですね!

 

そんな活動の中でついに秋元才加さんがハリウッドデビューしたとの噂!?

その真相について詳しく見て行きましょう!



秋元才加の経歴が凄い!

出展:http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/270963/102100023/

国民的人気アイドルグループであるAKB48元メンバー何度も選抜入りを果たしていた秋元才加さん。

AKB48はメンバーが多く全員は覚えられなかったりしますが秋元才加さんを知ってる人は多いのではないでしょうか!

 

第二期AKB48追加メンバーオーディションに合格しAKB入りを早く果たした秋元才加さんは

まだあまり売れていない時代からAKB48を作ってきた古参メンバーの一人ですね。

 

ファンからは「オカロ」と呼ばれていて「才加」を分解してカタカナにした呼び名だそうです(笑)

 

総選挙で一桁まで行くことはなかったが12位や17位など何度も選抜入りを果たしていて

CD選抜にはかなりの確立で参加していましたよね!

 

バラエティ番組にも参加していて、メンバーが苦手な爬虫類などが出てきたときでも冷静に対処して

よく「男前」と言われていました!

 

体もかなり鍛えていて腹筋は割れていてまさに「男前」ですね。

「かわいい」を売りにしているAKB48の中では「かっこいい」系は珍しく、よく目立っていましたね!

秋元才加実はハーフだった!?

ファンの方はもちろん知っていると思いますが、実は世間的にあまり知られていませんが

母親がフィリピン人で父親が日本人のハーフだったのです!

 

そのため英語が得意でテレビでもよく披露してましたよね!そんな理由があったのですね。

しかし日本で生活を中心にしているせいかフィリピンの公用語である「タガログ語」は苦手なんだそうです!

 

よくハーフの方がいう「聞き取れるけど、話せない」というやつですかね!

聞き取れるなら話せると思ってしまうのですが実はそうではないようですね。

 

秋元才加が声優でハリウッドデビュー?

スポンサードリンク




ハリウッド映画の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」で今回から初登場となる

新キャラクターの「マンティス」として抜擢されました!

最近メディアへの露出が減っている中、これは嬉しいお知らせですね!

 

実は秋元才加さんはあまりアニメや漫画を見ないらしく今回の話は偶然が重なったとのことです。

行くよう予定をしていなかった東京コミックコンベンションを友達に誘われ足を運んだ際に

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に出て来る木の巨人「グルート」の着ぐるみをみて

一目ぼれしたそうです!

 

グルートは顔が怖く、2mという巨人なのにどこに引かれたのでしょうか。

たしかにインパクトはかなりでかいですけどね!

 

その日の帰宅時に早速一作目の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を視聴してすっかり好きな作品になった矢先

2カ月後に今作の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の声優としてのオファーがあったそうです!

 

もし友達に誘われてコンベンションに行ってなかったら今回の声優の仕事はこなかったでしょうね。

秋元才加さんが会場でグルートを愛でる姿がスタッフの目にとまったのでしょうか、

それにしても2ヵ月後にオファーという声優ってそんなトントン拍子に決まっていくものなのですね!

 

映画声優は初めてということなので秋元才加さんがどのように声を作ってくるかとても楽しみですね!

 

秋元才加が声優をした作品や内容とは?

一作目のあらすじを紹介します。

1988年の地球。ピーター少年は病床の母親の最後を見送るために病院の待合室にいた。悲しみを堪えるようにして母親が好きだった音楽をウォークマンで聞きながら。そしてとうとうその時が来る。旅立とうとする母親は、ピーターに最後のプレゼントを手渡して、自分の手を握ってくれるように言う。しかしピーターはその事実を受け入れられず、顔を背けた。そしてピーターは母親の手を握ることなく、最後の別れとなる。母親の最後の願いを聞き入れられなかったピーターは悲しみと後悔のために病院の外へと走り出す。そして、その時、ピーターの頭上には宇宙船が待っていた。

そして時は流れ、とある荒廃した惑星にひとりの地球人が降り立った。特殊なガジェットに身を包んだ彼のお気に入りは時代遅れのウォークマンから流れる1970年代の地球のポップソング。そして彼が向かう先には、不思議な球体<オーブ>があった。それを手にした瞬間、突如武装した見知らぬ男たち囲まれる。そして名前を聞かれた地球人は「ピーター・クイール」と名乗った後に別名は「スターロード」であることを伝えるも敵はピンと来ない。その隙にピーターは反撃し、オーブを盗んだままその惑星から脱出する。

ピーターは実はヨンドゥという盗賊率いるグループに属していたのだが、彼らを裏切ったばかりのさすらい者だった。そして手に入れた謎のオーブを売却しようと、宇宙の警察「ノヴァ・コープス」の庇護下にある惑星ザンダーへ訪れるも、そのオーブをローナンという男が欲しがっていることを伝えると、交渉は突如として終了してしまう。そして途方に暮れるピーターの前に現れたのはローナン配下である緑の美女ゴモラ。彼女はピーターに近づくと素早い身のこなしでオーブを奪い逃走するもピータも反撃。しかもその争いに賞金首のピーターを狙う、戦うアライグマのロケットと相棒の植物人間グルートも参戦。三つ巴の争いは「ノヴァ・コープス」の介入によって終了。彼らは皆逮捕されることになる。

刑務所惑星クリンに送られた一行はそこから脱走する方針で一致するも、刑務所にはローナンに家族を殺され復讐に燃える破壊王ドラックス・ザ・デストロイヤーがいた。ゴモラがローナンの手下であることを知る彼はゴモラを殺そうとするも、寸でのところでピーターが割って入る。実はピーターが奪ったオーブは惑星滅亡の危機に晒しかねない危険な兵器でもあり、ローナンがそれを欲しがっていることを知り、ゴモラはローナンを裏切ったばかりであった。そしてローナンはこのオーブを探しに、そしてゴモラを殺しに近づいてくることを知ったドラックスは一行に合流。脱獄のプロでもあるロケットの計画を実行し、クリンからの脱獄に成功する。

オーブの売却を模索するピーターは珍品の収集家であるティヴァンのもとを訪れるも、そこでオーブは偶発的に爆発してしまう。そして間の悪いことに酔ったドラックスがその惑星にいたローナンの手下を脅してわざとローナンをおびき寄せてしまう。圧倒的なローナンのパワーの前ではドラックスの怪力も歯が立たず、他のメンバーもその場を切り抜けようと苦闘するも、宇宙空間でゴモラの乗る小型宇宙船が爆発してしまう。宇宙空間に投げ出され瀕死の状態のゴモラを救ったのはピーターだった。まず裏切ったヨンドゥに自分の所在地を連絡し投降すること伝え、その後ゴモラを救うために宇宙空間に飛び出て自分が付けているマスクをゴモラに与える。剥き出しの皮膚が宇宙空間で焼けただれていく中、ヨンドゥの宇宙船が到着、ピーターとゴモラを回収した。

一方、オーブを奪ったローナンはオーブのなかに仕舞われている無限の力を秘めた石を、自身が使用する斧に埋め込むことに成功し、惑星ザンダーの壊滅に向けて動き出す。そして一命を取り留めたピーターらはヨンドゥと交渉の結果、ローナンからオーブを取り戻しそれを手渡すことを条件に解放される。

未だに母の死に向き合えないピーター、一族最後の生き残りとなり暗殺者へと身をやつしたゴモラ、軽口を叩きながらも心に深い傷を抱えるアライグマのロケット、家族を殺され復讐心で埋め尽くされたドラックス、そして優しい心を持つグルート。それまで孤独に生きてきた宇宙のならず者たちは負け犬同然の人生をやり直すために、宇宙のために無謀な闘いを挑むことを決意。

ここに銀河の守護者<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>が結成されるのだった。

 

二作目である「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」はまだ詳しい内容は公表されていませんが

秋元才加さんが声を担当するマンティスは

「触れた相手の感情を読み取る「エンパシー」という超能力の持ち主で、空気の読めない不思議キャラ」

ということでいつも元気な秋元才加さんは少し声のトーンを上げて挑戦したとコメントしていました!

 

映画はアメリカでは2017年5月5日公開予定。日本公開は5月25日ということで意外と近いですね!

是非映画館へ見に行きたいところですね!  とても楽しみです!!

スポンサードリンク