さてお正月の季節がやってまいりましたね!

お正月は美味しいものも食べられるしお金もお年玉としてもらえるし、

子どもにとっては楽しいイベントの一つ!

 

ですが大人達は料理の準備やお年玉について悩んだり大変大変(笑)

毎年、あの子は今何歳になった?いくらぐらいあげるのが妥当?と考えるのも大変!

私も気づいたらもうお年玉をあげる年齢ですw

今回は年齢別の金額の表からいつまで、どこまであげるのか気になる悩みの解消に少しでも参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク



お年玉2019の相場! 年齢別表まとめ!

未就学児のお年玉相場

未就学児(3歳~6歳)のお年玉の相場は1,000円程度。「500円」と「1,000円」とキリがいい数字が多いようです。

むしろあげなくてもよくないか?と思う金額ですね。

これぐらいなら、お年玉をあげてもよし。プレゼントを買ってあげてもよしという感じですね!

小学校低学年のお年玉相場

小学校低学年のお年玉相場は「1,000円」「2,000円」「3,000円」。

多くのサイトを見て調べても一番2000円をあげることが多いようです。

小学校高学年のお年玉相場

小学校高学年のお年玉相場は「3,000円」が多いようです。妥当でしょうね!

中学生のお年玉相場

中学生のお年玉の相場は「5,000円」が相場です。これは納得の金額ですね!

高校生のお年玉相場

高校生のお年玉の相場は「1万円」。変わらず5000円をあげている方もいるようですが、

子どもとしては高校生になったんだし!という思いが強いでしょうし、欲しいものも増える年齢。

1万円もらえたら嬉しいでしょうね!!

金額
未就学児 500円〜1000円
小学校低学年 2000円
小学校高学年 3000円
中学生 5000円
高校生 10000円

ちなみに親から、親戚からあげる金額は変わらないようです。

友人のお子さんにあげるのは気持ちの問題だと思うのでそこは自由でいいのではないでしょうかね!

スポンサードリンク



お年玉のマナー!恥ずかしい思いをしない為に!

お年玉をあげるのにマナーがあるのは知っていましたか??

「えっ!お年玉にもマナーなんてあるの?!そうなの?」なんていう方も多いのではないでしょうか。

ここからはお年玉に関するマナーをまとめました!お正月早々恥をかかないためにもしっかりチェックしておきましょう!!

 

お札の折り方

お年玉をぽち袋に入れるとき、そのままではお札は入りませんので折りたたんで入れますよね!

お札を折るときのマナーについてですが、お札は肖像(表)が内側になるように、左から右の順に三つ折りに折ります!

取り出して広げたときに表が上を向いている状態が正解です!なるほど〜!

硬貨の入れ方

硬貨の場合も取り出したときに表側が上になるように入れます!

ひっくり返らないように、あげる前にもう一度チェックしなくてはですね!!

硬貨に記載されている製造年月がある方が裏側ですので、それを下にてぽち袋に入れましょう!

ぽち袋(お年玉袋)の書き方

ぽち袋の表側には相手の名前を書き、裏側には自分の名前を書くのが基本です!

自分の名前も書くのをお忘れなく!あれ?これ誰からのだろう?ってなってしまったらせっかくあげたのに残念ですよ!

金額でNGマナー

マナーを考えると400円、4,000円などの4がつく数字は縁起が悪いため避けましょう!

お年玉は何歳まであげる?!大学生は?

大学生、大学院生は年齢だけ見ると完全に大人です(笑)

 

ストレートに大学に受かったても、学部を卒業するのは22歳、そこから院に進むとなると23歳以上!!!

賛否両論意見があると思いますが、基本学生さんにはあげてる方が多いようです。

金額は10000万円。高校生と変わらずですがそれ以上あげてもね。。。って意見もあると思うので10000万円が妥当ですね!

アルバイトする余裕がない学生さんにとっては嬉しい収入ですね!!

 

社会人はお年玉をあげるのか??という声も上がります。

基本あげない方が多いようですね!自分で稼げてるから今度はあげる側になってね!っという気持ちもあってなのかもしれません。

しかし中にはあげてる方もいるようで、その場合飲み代に使いなね!とか服買いなねっていう名目で、

5000円程度をあげる方もいるようです!もらえたらとても助かりますけどね!ここは自己判断で良さそうですよ!

 

参考になれば幸いです♪

スポンサードリンク